ヒトリシズカのつぶやき特論

起業家などの変革を目指す方々がどう汗をかいているかを時々リポートし、季節の移ろいも時々リポートします

東京都千代田区の日比谷公園では、カンヒザクラなどが花を咲かせています。

2017年03月13日 | 季節の移ろい
 東京都千代田区日比谷公園にある都市公園の日比谷公園では、カンヒザクラなどの春の花が咲き始めています。

 日比谷公園の中を、ある程度の時間かけて、しっかりと散策したのは、約4カ月ぶりです。

 日比谷公園の西側にある雲形の池では、いくらか春めいて来た現在も、池の中心にある鶴の噴水は、吹き出す水量がまだ控えめな感じでした。





 この水量は、昨年の晩秋から冬の間はあまり変わっていませんでした。少し節水志向なのかもしれません。

 雲形の池の周囲に植えられてる落葉樹の木々は、まだ新芽を出し始めていない様子です。まだ落葉したままの感じです。

 日比谷公園の中には、ある程度の背丈のカンヒザクラ(寒緋桜)の木が1本あり、濃い桃色の花をたくさん咲かせています。





 遠くからでも、この濃い桃色の花は目立ちます。

 さらに、皇居のお堀に近い部分には、淡い桃色の花を咲かせたサクラの木があります。







 このサクラの木には、品種名の札がかかっていません。花の色から見て、カワヅザクラ(河津桜)ではありません。

 早咲きのサクラのカンザクラ(寒桜)系かもしれませんが、そうであれば逆に開花が少し遅い気がします。

 テニスコートの近くには、毎年、ナノハナ(菜の花)畑が設けられます。今年も、ナノハナの黄色い花が咲いています。





 この“ナンハナ”がアブラカ科の何かは不明です。

 1年前の今ごろは、ヒヨドリの群れがナノハナの花を食べに来ていましたが、今年はヒヨドリは来ていませんでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さいたま市緑区にある見沼自... | トップ | 東京都千代田区の日比谷公園... »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日比谷公園 (イケリン)
2017-03-13 06:31:39
日比谷公園は冬と春が同居しているような感じですね。
木々の芽吹きが、目につくようになるには、もう少し時間がかかりそうです。
いっぽうでは、カンヒザクラや淡いピンクの桜が咲いて、すっかり春の装いですね。
菜の花のあざやかな黄色も眩しいくらいです。
イケリン様 (ヒトリシズカ)
2017-03-13 06:43:48
イケリン様

コメントをいつもお寄せいただき、ありがとうございます。

東京都心部のオアシスである日比谷公園は、園芸種のパンジーなどの植物を植えた部分は、咲き始めたという感じで、早春の風景でした。

ここで、昼食のお弁当を食べる方も増え始め、春らしい暖かさになりつつあります。

実は、ジョウビタキもいたのですが、散策する人が多く、すぐに移動してしまい、撮影できませんでした。
日比谷公園 (蕎麦ブロガー)
2017-03-13 07:04:29
日比谷公園では、桜が咲き始め、菜の花が黄色く染めて、春めいていますね。
日比谷公園にも、ジョウビタキが来ているのですか・・
忙しい都会の方は、ジョウビタキには気づいているのでしょうか・・
蕎麦ブロガーさま (ヒトリシズカ)
2017-03-13 07:56:27
蕎麦ブロガーさま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

日比谷公園は木々が多く、スズメやヒヨドリ、ムクドリなどが多くいます。シジュカラもいくらかいます。
時々、カワセミが来ます。

菜の花 (カルボナーラ)
2017-03-13 08:34:21
今ごろになると、菜の花の畑が目につくようになります。
都心の日比谷公園内にも小さな菜の花畑があり、春らしい感じです。
早咲きの桜の花も素敵です。
日比谷公園 (ひよどり)
2017-03-13 09:21:50
東京都心にある日比谷公園は、季節を感じさせる公園ですね。
寒緋桜が鮮やかな色で、春の訪れを教えてくれますね。
木々が多いので、野鳥も来ていますね。
鶴の噴水 (fukurou0731)
2017-03-13 10:00:37
ヒトリシズカ様
おはようございます。
鶴の噴水なのですね?
ヒトリシズカさんだから、これは何の鳥かな?と思ってしまいました。カワウかな?なんて。(笑)
サクラのピンクと菜の花の黄色が美しいですね!
カルボナーラさま ひよどり様 (ヒトリシズカ)
2017-03-13 10:08:51
カルボナーラさま 
ひよどり様

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

春先の日比谷公園では、今は花壇に植えられた園芸植物の開花がこれからです。現在は、パンジーが咲き始めています。

日比谷公園の名物のバラ園はまだ芽生え状態でした。

カンヒザクラの木は割と目立たない場所にあり、あまり注目されていません。その植えた場所の意図が分かりません。
fukurou0731さま (ヒトリシズカ)
2017-03-13 10:14:34
fukurou0731さま

コメントをいつもお寄せいただき、ありがとうございます。

日比谷公園の雲形の池の鶴の噴水は、霞ヶ関よりで夏には涼を求める方々が休んでいます。

この鶴の噴水は、たしか明治維新ごろのものではないかと・・経緯を忘れました。

日比谷公園の中には、明治維新ころの遺跡があちこちにあります。丸の内の当時のビル街ができた文明開化のころだと思います。


日比谷公園 (ZOZO)
2017-03-13 10:55:44
日比谷公園の雲形の池の鶴の噴水は、由緒あるものなのですね。
明治維新のころの歴史の賜物なのでしょうか。
広い日比谷公園の中を、あれこれ見ながら散歩してみたいです。
ZOZOさま (ヒトリシズカ)
2017-03-13 20:36:59
ZOZOさま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

日比谷公園の中には明治維新後の水飲み場やガス灯などがあると思います。

広い日比谷公園内は散策すると、いろいろなものに出会えます。

日比谷公雲形の池の鶴の噴水 (摩天楼)
2017-03-13 21:49:42
日比谷公園の雲形の池の鶴の噴水噴水は、明治38年ごろに、当時の東京美術学校(現在の東京芸術大学)の津田信夫さんと岡崎雪声さんが製作した鋳造品と言われています。芸術的な作品では、公的な公園での装飾用の噴水造形物としては、日本で3番目に古いものと見られています。
摩天楼さま (ヒトリシズカ)
2017-03-14 03:02:10
摩天楼さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

日比谷公園の雲形の池の鶴の噴水についての歴史的な経緯をご教授いただき、ありがとうございます。

見た感じでは、あの鶴の噴水は青銅製のように感じます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む