ヒトリシズカのつぶやき特論

起業家などの変革を目指す方々がどう汗をかいているかを時々リポートし、季節の移ろいも時々リポートします

長野県諏訪郡下諏訪町の八島湿原では、さまざまな山野草が花を咲かせています

2017年07月17日 | 旅行
 長野県諏訪郡下諏訪町の霧ヶ峰高原にある八島湿原では、ゼンテイカをはじめとする山野草が花を咲かせています。

 標高1630メートルの八島湿原の西端にある入り口から、南側の山麓沿いの木道を進んだ話の続きです。

 南側の木道沿いの山麓側では、ゼンテイカ(通称、ニッコウキスゲ)やイブキトラノオ、カラマツソウなどが花を咲かせています。



 その木道の周囲では、カラマツソウが群生して花を咲かせています。

 背の高いオオカサモチの花も目立ちます。



 その内に、シシウドも育ってくると推定されます。

 キバナノヤマオダマキが花を咲かせ始めています。



 ノアザミも蕾を膨らませています。



 南側の木道沿いの中程にある、毎年、ヤナギランが群生する草原部分では、ヤナギランが花をいくらか咲かせ始めています。



 ヤナギランの花が満開になるには、もう少し、時間がかかりそうです。

 ウツボグサもいくらか花を咲かせ始めています。



 南側の木道沿いに南東方向に進むと、旧御射山遺跡の草原にでます。そろそろ。この辺りではマルバダケブキの黄色い花が咲くことですが、今回はまだ咲いていませんでした。

 この辺りでも、ウラギンスジヒョウモン(あるいはミドリヒョウモン)と推定されるタテハチョウがいくらか飛んでいます。



 この旧御射山遺跡の草原の南東方向の先には、車山高原が見えています。





 車山肩から北西方向に下りてくると、この旧御射山遺跡の草原に出ます。

 この時も、数人のトレッキングパーティーの方々が次々と下りて来ました。

 霧が晴れた八島湿原の湿地帯では、コバイケイソウが花を咲かせています。



 あちこちで咲いているコバイケイソウは、花期が過ぎつつある様子です。

 今回の八島湿原の散策では、華麗なキンバイソウの花を見つけられませんでした。キンバイソウの花を観察するために、再訪する必要があると感じています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長野県諏訪郡下諏訪町の八島... | トップ | 長野県諏訪郡下諏訪町の八島... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
八島湿原 (マリノス)
2017-07-17 14:37:25
霧ヶ峰高原の八島湿原は、ニッコウキスゲなどの高山植物がたくさん咲いて、素敵です。
ヤナギランがたくさん咲くと、もっと華やかな夏景色になりますね。
チョウもたくさん舞っているようです。
マリノス様 (ヒトリシズカ)
2017-07-17 15:06:21
マリノス様

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

八島湿原では、ノハナショウブ、アヤメ、ゼンテイカとまず主役級の山野草の花が咲き、そのいくらか後に、ヤナギランが花を咲かせ、コオニユリなども花を咲かせます。

マルバダケブキの濃い黄色い花も一せいに咲きます。
八島湿原 (散歩好き)
2017-07-17 15:48:40
八島湿原は、いろいろな山野草の花が咲き、華やかです。
ウツボグサは咲き始めで、花びらがまだ小さいす。
秋まで咲くので、これからが本番でしょう。
散歩好き様 (ヒトリシズカ)
2017-07-17 17:06:19
散歩好き様

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

八島湿原では、ウツボグサやアサマフウロ、キンバイソウなどの山野草の花々が咲き始めます。

派手なゼンテイカ以外にも、美しい山野草の花が続々と咲きます。
八島湿原 (オノマトペ)
2017-07-17 18:04:19
車山のふもとに広がる八島湿原は、様々な山野草が花を咲かせる桃源郷ですね。
ヤナギランがたくさん咲くと、もっと夏らしい景色になりますね。
こうした高原を散策する楽しさを味わいたいです。
ヤナギラン (fukurou0731)
2017-07-17 18:08:27
ヒトリシズカ様
こんにちは。
木曽の開田高原でもヤナギランが咲きだしています。
ただしよそのお宅の庭でです。
尾瀬に何度か行っていますが、ヤナギランが満開過ぎると秋の気配が漂い始め寂しくなりました。
オノマトペ様 (ヒトリシズカ)
2017-07-17 18:45:30
オノマトペ様

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

夏の高原に群生するヤナギランがお好きな方は多いです。
このヤナギランは、英語ではファイアーフラワーと呼ばれ、野火などで焼けた後に、いち早く芽生えて花を咲かせます。群生地は移動して行きます。
fukurou0731さま (ヒトリシズカ)
2017-07-17 18:52:06
fukurou0731さま

コメントをいつもお寄せいただき、ありがとうございます。

木曽町も標高が高いので、ヤナギランの群生地があるようですね。ヤナギランは植えてもあまりよく根付きません。

佐久荒船高原のある方が毎年、ヤナギランを植えたのですがあまり長続きしませんでした。開墾地のようなところに突然、出現します。

ご存じと思いますが、ヤナギランは根から”毒”を出し、他の植物を枯らして、勢力を広げると言われています。美しい花の根にも毒があるようです。
八島湿原 (きのこ組)
2017-07-17 20:32:00
八島湿原を歩くと、ニッコウキスゲをはじめとするさまざまな高山植物に出会えるのですね。
ここを歩くと、その華やかさに感動するでしょうね。
夏の高原の散策は素敵です。
きのこ組さま (ヒトリシズカ)
2017-07-17 21:56:39
きのこ組さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

7月半ば過ぎの八島湿原は、休日などには午前9時を過ぎると、駐車する車がビーナスライン側に並びます。

観光バスでおいでになる方は、2時間ほど散策して戻るようです。

本格的なトレッキングのグループは、マイクロバスで車山肩まで送ってもらい、ここから八島湿原の入り口(出口)まで数時間歩いて、迎えに来たマイクロバスに乗って帰るようです。この逆は、車山への登山となり、厳しい坂道を上ります。

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事