ヒトリシズカのつぶやき特論

起業家などの変革を目指す方々がどう汗をかいているかを時々リポートし、季節の移ろいも時々リポートします

長野県佐久市内山の古刹の境内では、ソメイヨシノの木々がほぼ満開です

2017年04月25日 | 旅行
 長野県佐久市内山の某古刹の境内では、ソメイヨシノの木々がほぼ満開です。

 群馬県甘楽郡下仁田町から内山峠(標高1080メートル)を越えて、佐久市市街地に向かって東に進むと、この古刹があります。

 市街地に入ってすぐのところにある斜面に建つ某古刹の境内は、ソメイヨシノの木々がよく咲いています。







 この満開のサクラの花の蜜を吸いに、メジロが多数、来ています。満開の花の中に出入りするメジロは動きが激しく、撮影できません。

 近くの低木に、たまたま留まったメジロです。





 この低木の枝先に留まってくれたので、メジロをやっと撮影できました。

 実は、ヤブの中からはウグイスの鳴き声も聞こえましたが、姿は現わしませんでした(春のウグイスの撮影はかなり難しいです)。

 ソメイヨシノの木の手前にあるシダレザクラの木(サクラの品種は不明)は、まだ一分咲きか二分咲き程度です。

 山麓入り口に建つ某古刹の境内は、ものすごく太いスギ(杉)木立が並び、歴史ある古刹を感じさせます。



この画面の左側にも、スギ木立が見えています。

 境内の本堂(たぶん)脇のスギ木立です。



 太いスギ(杉)木立は、背が高く、上部と下部を一緒には画面に入りませんでした。幹の太さは1メートルぐらいです。

 この某古刹の入り口部分(歩道)の石段の両側に植えられたソメイヨシノの木々は老木で既にかなり痛んでいます。以前は、この桜並木が花見の中心だったように感じました。

 なお、佐久市内山の古刹とはどこかは、地元の方々はすぐに分かると思いますが、境内までのアプローチの道が昔ながらの狭い道で、車のすれ違いが大変そうなので、実名を伏せました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長野県佐久市にある茨城牧場... | トップ | 長野県北佐久郡立科町の女神... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
メジロ (BIRD)
2017-04-25 13:35:06
桜の花の蜜を吸うメジロは、桜前線に伴って、移動しているものもいそうですね。
メジロにとっては、桜の蜜は甘い、甘い餌ですね。
佐久市の染井吉野がよく咲いていることが伝わります。
BIRDさま (ヒトリシズカ)
2017-04-25 15:21:57
BIRDさま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

メジロが桜前線を追って移動している可能性はあると思います。夏になると、高原でメジロを見かけます。

桜前線を追って、次第に標高の高いところに移動しているのではないかと、あまり証拠もなく想像しています。
染井吉野の開花 (ベイスターズ好き)
2017-04-25 15:57:40
神奈川県や東京都では、染井吉野は葉桜になっています。
5月連休に長野県に行くと、まだ桜の花見ができそうですね。
メジロは花の蜜を吸うのですか・・
桜好き (カブトガニ)
2017-04-25 17:15:11
日本のお寺や神社の境内の多くには、桜の木が植えられています。
日本人の桜好きがよく分かります。
春になると、桜の花によって華やかになりますね。
ベイスターズ好き様 カブトガニさま (ヒトリシズカ)
2017-04-25 19:23:14
ベイスターズ好き様 
カブトガニさま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

長野県佐久市では、ソメイヨシノの桜並木が満開です。メジロが花の蜜を吸いに来ていて、やや驚きました。

長野県をはじめ、日本各地ののお寺や神社の境内には、サクラの木々が植えられていますね。
染井吉野の満開 (獅子唐辛子)
2017-04-25 21:12:07
今回、訪問された古刹は、地元の方の花見の場所になっていると想像しました。
地元だけの秘密の花見会場で、顔見知りしかやってこない、地元民の交流の場ではないでしょうか。
染井吉野が多数、植えられていますね。
祝宴の時に、メジロとウグイスが鳴いて、場を盛り上げる・・
獅子唐辛子さま (ヒトリシズカ)
2017-04-26 05:18:54
獅子唐辛子さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

ご想像の通りに、この古刹の境内で咲くソメイヨシノの桜並木は、地元の方々の花見会場になっていると感じました。

これほどの桜並木を地元だけが独占できるのは、ある意味、贅沢なことですね。

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事