ヒトリシズカのつぶやき特論

起業家などの変革を目指す方々がどう汗をかいているかを時々リポートし、季節の移ろいも時々リポートします

日本経済新聞紙の「長期政権『見ない化』の果て」を拝読し、暗い気持ちになりました

2017年06月16日 | 日記
 2017年6月14日に発行された日本経済新聞紙の朝刊の中面に掲載されたコラム「Deep Insight」の「長期政権『見ない化』の果て」を拝読し、暗い気持ちになりました。

 今年6月9日に政府が決めた2017年の経済財政運営の基本方針(骨太の方針)から、1年前には明記した2019年10月の消費税増税の記述が消えたとの話から、この解説は始まります。

 消費税増税の延期を決めた時には、石原伸晃経済財政・再生相は「消費増税は避けて通れない。(現在の)経済情勢があって、19年に延期しているが、間違いなく上げていく」と付言した文章が、消えていたのです。

 安倍首相の増税へのためらいと、首相判断の余地を残すという、周りからの忖度(そんたく)が、そこには透けて見えると解説します。

 このコラム「Deep Insight」は、本社コメンテーターの菅野幹雄氏が書いたものです。

 日本経済新聞紙のWeb版である日本経済新聞 電子版にも、見出し「長期政権『見ない化』の果て」と伝えています。



 数年前に、消費税増税を決めた動機は「現世代が自らの負うべき借金の返済を『声なき世代』の若い者たちに先送りすることは許されない」という合意が(政治家には)あったと解説します。

 「人口減少・少子高齢化の経済負担が本格化するまでに残された時間は10年程度」との合意もあったと解説します。

 小泉純一郎首相の時にまとめた2006年の骨太の方針には、高齢化が急速に進む将来への危機感がにじんでいたと解説します。

 当時の経済相だった与謝野馨氏(今年5月に死去)は、財政健全化に向けて、歳出を徹底的に削り、将来の消費税増税を含めた歳入改革にも布石を打つと唱えたと当時の状況・判断を伝えています。

 その10年が過ぎて、デフレの長期化や世界金融危機などの逆風に遭って、改革は未完のままだが、危機感はうかがえないと主張します。

 安倍政権は看板の政策を次々と新しいものに切り替え、前進ぶりを訴えるやり方を採っています。骨太の方針は“ショーウインドー”化したと説明します。しかし、実行・達成できたものはありません。

 その一方で、中長期の日本を覆う都合の悪い真実には触れようとしないと伝えます。

 一番大事な「基礎的財政収支(プライマリーバランス)を2020年までに黒字化する」という目標達成は極めて難しい状況になっていると、解説します。

 負担増を嫌う高齢者が高投票率で政治を動かす「シルバー民主主義」といわれて久しいです。識者は「今の若者世代は将来への絶望感が広がっている。不安がありすぎるために、負担増を拒否し、今の生活が楽しければいいと考えがちだ」と分析します。

 2025年までに、団塊の世代がすべて75歳以上になり、少子高齢化による負担はピークに達します。現政権が、将来をよくするために、何か手を打っているのかを考えると、絶望的になります。

 2025年ごろの日本はとても危険な不安定な国になりそうです。そのために、「共謀罪法案」をつくったのかと勘ぐりたくなります。真実が見えない、これからは困った暗黒の事態になりそうです。2025年ごろの働き盛りの世代は、何もしてこなかった超高齢者世代を恨むことでしょう・・。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 埼玉県富士見市にある難波田... | トップ | 埼玉県川越市の伊佐沼に飛来... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
共謀罪法案の成立過程 (半可通)
2017-06-16 05:23:34
6月15日の未明に行われた、参議院の本会議での議決は、多数を占めている与党などが、数だけで決めると宣言したものです。
この法案がどうして必要かを議論し、見える化を図る気持ちがないようです。
今がよければ・・ (宴会部長)
2017-06-16 06:59:51
日本の高度成長期を謳歌し、米国にジャパン アズ ナンバーワンとおだてられた日本の当時の世代は楽しい時代を過ごしました。
これからは英国のように過去の栄光を語り継ぐ、老人国家になるだけです。何も手を打たなかったからです。
半可通さま 宴会部長さま (ヒトリシズカ)
2017-06-16 07:23:53
半可通さま 
宴会部長さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

現在の若い世代は、将来、年金がもらえるのかどうか、疑問に思いっています。将来が見通せない現在の日本の社会には、若い世代は希望が持てないとしたら、明るい未来は来ないと感じます。
米国や欧州では (五里霧中)
2017-06-16 08:54:38
グローバル化による貧富の格差が想像する以上に大きい米国では、その不満がたまってトランプ大統領をつくり出しました。
フランスでも、新大統領が誕生し、ある意味で変化を求めています。変わることは大切ですが、その行方はしっかりと見極め、しっかり議論する必要があります。
今の日本には、しっかりとした議論が浮上しない仕組みになっています。
非正規労働者 (きのこ組)
2017-06-16 14:06:20
現在の若者のたぶん1/3ぐらいは、正規雇用の従業員ではなく、非正規の労働者で、年齢が上がっても、給与などがそれほど増えない、退職金も限られている、あるいはないという将来にあまり希望が持てない方々です。
この方々が明るい未来を持てる働き方改革が欲しいですね。
五里霧中さま きのこ組さま (ヒトリシズカ)
2017-06-16 15:01:34
五里霧中さま 
きのこ組さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

日本では、ここ10数年間は、米国ほどではありませんが、貧富の差が拡大しています。特に、若い方の非正規労働者は、年齢が進むと、昇級もないために待遇がよくならず、貧富の差が拡大します。

こうした事態に、その対応策の施策があまり施されていないようです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む