ヒトリシズカのつぶやき特論

起業家などの変革を目指す方々がどう汗をかいているかを時々リポートし、季節の移ろいも時々リポートします

スウェーデンのボルボ・カーが発表した電気自動車重視戦略が話題を集めています

2017年07月12日 | イノベーション
 朝日新聞紙などのいろいろな有力新聞紙などが、スウェーデンの自動車メーカーのボルボ・カーが2017年7月5日に発表した「2019年以降に発売するすべての車を電気自動車(EV)や“ハイブリッド車”などの電動車にする」ことを、次々と報じています。

 世界各国で厳しさを増す環境規制や消費者ニーズの変化に応える重要な戦略の動向だからです。

 日本経済新聞紙のWeb版である日本経済新聞 電子版では、見出し「ボルボ、全車種19年から電動に、有力メーカーの先陣切る」と、報じています。



 世界各国の自動車大手が進めるガソリンやディーゼルなどを燃料に用いる既存の内燃機関エンジンの搭載車から電気自動車などへの移行がさらに加速しそううです。

 ボルボ・カーのホーカン・サムエルソンCEO(最高経営責任者)は「(ガソリンやディーゼルなどの)内燃機関の時代の終わりを意味する」と述べたそうです。欧米の有力自動車メーカーの中で、「脱内燃機関の記事を明言する」を表明を発表したのはボルボ・カーが初めてです。

 7月5日の記者会見では、ホーカン・サムエルソンCEOは「ボルボ・カーにとって非常に重大な決断であり、戦略的な転換」と強調したそうです。

 ボルボ・カーは、2025年までに電動車両を累計で100万台販売する計画だそうです。

 この記者会見時に公表された概念図の一つです。



 現時点での2016年の世界での電気自動車の販売台数は53万台に過ぎないので、大きな決断です。同社は、“ハイブリッド車”ではない純粋な電気自動車を、2019~2021年までに5車種を発売する計画です。

 いくらか冷静に考えると、スウェーデンの自動車メーカーのボルボ・カーは欧州では中堅メーカーです。台数ベースでは、あまり主役級ではありません。

 その主役級でないボルボ・カーが、生き残りをかけて、電気自動車化に集中する戦略は分かりやすい戦術です。

 米国での、電気自動車専用メーカーのテスラ(Tesla, Inc)の成功を考えると、ボルボ・カーの戦略は良く理解できます。

 電気自動車では、日本の日産自動車が先行しています。ただし、自動車事業としての収益性は不透明です。日産自動車は傘下に、電気自動車技術に優れている三菱自動車を傘下に入れて、事業強化を果たしています。

 また、“ハイブリッド車”分野では、トヨタ自動車とホンダ(本田技研工業)が先行しています。

 しかし、環境優先を念頭に置いて、内燃機関の時代の終わりを宣言してはいません。理念を明らかにし、その事業をデザインする欧州自動車メーカーの戦略は見逃すことができない内容です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人気ミステリー作家の有栖川... | トップ | 長野県諏訪市四賀の車山肩の... »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ボルボ・カー (CPO10)
2017-07-12 12:55:38
ボルボはエアバッグなどの搭載が早く、先進装備を積極的に取り入れるスエーデンの自動車メーカーです。
最近はボルボは中国市場を重視しているので、そのためには電気自動車技術に先行することが大切なのでは・・
環境面では大賛成です。
ホンダ (水すまし)
2017-07-12 14:15:16
ホンダは、大部分の乗用車ラインアップに、いくらかハイブリッド車種を設定し、いち早く脱内燃機関戦略を打ち出しましたが、ハイブリッド車の売上げでは、トヨタ自動車が大幅に先行しています。
その後、アコードには、まったく新しいハイブリッド機構を搭載し、技術面ではかなり進みました。
さらに、電気自動車も発売するという技術開発先行を心がけています。でも、あまりホンダ車は売れていない様子ですね。
ホンダ (蝸牛)
2017-07-12 14:53:47
ホンダはつい最近も、RV車のステップワゴンにハイブリッド車仕様を追加し、こうした意味での電動化を進めています。
日本の自動車メーカーは、確実に電動化を進めています。
ボルボ車 (fukurou0731)
2017-07-12 16:01:20
ヒトリシズカ様
こんにちは。
ボルボは安全意識の高い車と言うイメージがあります。
ついに脱内燃機関宣言ですね。
これで電気自動車の普及が加速されるでしょうね。
私は乗れないと思いますが。
Unknown (イケリン)
2017-07-12 16:45:05
次世代自動車の主力はEVかFCVか興味が尽きないところですが、
日本でもガソリン難民という言葉が聞かれれるように、
ガソリンスタンドが次々と廃業に追い込まれています。
そんな事情を考えると、ガソリンスタンド以上にインフラに金のかかる
水素スタンドがいたるところに設置されるとはとても思えません。
必然的に家庭でも充電できるEVとの共存になるのではないかと思います。
トヨタも200年までにEVの量産体制を整えるようです。
ボルボの狙いもそんなところにあるのかもしれませんね。
CPO10さま (ヒトリシズカ)
2017-07-12 17:05:59
CPO10さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

ボルボは欧米ではシェアが小さい中堅自動車メーカーです。そのボルボが、電気自動車などに向けて脱内燃機関エンジン宣言をして、存在感をアピールしたということだと考えています。
水すまし様 蝸牛さま (ヒトリシズカ)
2017-07-12 17:12:26
水すまし様 
蝸牛さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

日本の自動車メーカーの第二位あるいは第三位のホンダは、最近はあまり大ヒット車がありません。

多くの車種にハイブリッド仕様を設定しましたが、あまる販売促進には効果を上げていません。アコードのしっかりハイブリット機構がまだ効果を上げていないようです。

ハイブリット車では、トヨタ自動車のプリウス・アクアの一人勝ちです。

ホンダの新しい電気自動車の中身がどうなるのか気になっています。
fukurou0731様 (ヒトリシズカ)
2017-07-12 17:18:18
fukurou0731様

コメントをいつもお寄せいただき、ありがとうございます。

ボルボは、今後はアウディやベンツ、BMWのような高級自動車路線になる模様です。

台数ベースではあまりたくさんは売れない中堅自動車メーカーだからからです。

欧州車がハイブリッド・電気自動車志向を強めると、日本の自動車メーカーも追従する可能性はあります。

太陽光発電が各家庭に普及すると、その電気で充電するとコストメリットはいくらかあります。たぶん・・
イケリン様 (ヒトリシズカ)
2017-07-12 17:22:54
イケリン様

コメントをいつもお寄せいただき、ありがとうございます。

自動車の部分的な脱内燃機関化は、日本にとっては脱石油を部分的に実施できる可能性があります。

日本は石油は100%輸入するしかないからです。

水素社会化はまだ多くの課題があります。水素ステーションが自宅近くにできると、たぶん住民による反対運動が起こります。安全性をどうアピールするのかまだ課題ですので。

コメントを投稿

イノベーション」カテゴリの最新記事