ヒトリシズカのつぶやき特論

起業家などの変革を目指す方々がどう汗をかいているかを時々リポートし、季節の移ろいも時々リポートします

群馬県富岡市郊外の妙義山系の裾野では、マタタビが花を咲かせています

2017年06月10日 | 旅行
 群馬県富岡市郊外の妙義山系の裾野では、マタタビが花をたくさん、咲かせています。

 妙義山系は、群馬県の甘楽郡下仁田町と富岡市、安中市にまたがって、そびえている標高1000メートル級の奇岩が並ぶ山々です。

 その妙義山系の東端にそびえている白雲山の裾野付近には、やや山麓にはコンニャク(蒟蒻)畑が、川沿いには田んぼが広がります。

 山麓のコンニャク(蒟蒻)畑の周囲の雑木林には、マタタビのつるが巻き付き、白くなった葉の裏側で、白い花を咲かせています。







 マタタビは、花を咲かせるころになると、葉の一部が白くなり、目立つようになります。





この近くにある、ヤマグリあるいはサトグリの大きな木も、細長い花をたくさん咲かせています。



 妙義山系の東端にそびえている白雲山の“表側”はすっかり、夏の様相になっています。



 午後2時を過ぎたため、白雲山の“表側”は少し陰になり始めています。
 
 この山肌の木々は盛夏に向かって、葉を繁らせています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 埼玉県比企郡ときがわ町玉川... | トップ | 長野県佐久市の東端にある佐... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
妙義山系 (信州人)
2017-06-10 13:17:29
妙義山系の連山は、すっかり夏の景色になっていますね。
木々の緑が濃い感じですね。
マタタビの花は、葉の裏側で咲くので、探さないとよく見えませんね。
マタタビの花 (麦わら帽子)
2017-06-10 14:27:48
マタタビは、緑色の葉の一部が白くなると、花が咲きますね。
葉が白くなると、急に、マタタビが目立つようになります。
花は見た目以上にたくさん咲いています。
妙義山の山頂部 (鯉カープ)
2017-06-10 15:37:48
妙義山は岩が切り立った山頂部分が目立つ山ですね。
その山麓では、マタタビの白い花がたくさん咲いているのですか・・
群馬県なので、蒟蒻畑があるのですね。
マタタビの花 (fukurou0731)
2017-06-10 15:57:29
ヒトリシズカ様
こんにちは。
完全に白くなっていますね。
去年の今ごろ、木曽でマタタビの雌花を探してうろうろしたことを思い出しました。
どうしても雄花ばかりで、アップできませんでした。今年は木曽で雌花を探してみます。
信州人さま (ヒトリシズカ)
2017-06-10 16:29:05
信州人さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

妙義山系の白雲山は木々の緑が濃くなって、夏モードです。

マタタビは花が咲くころになると、葉の一部は白くなり、急に目立つようになります。
麦わら帽子さま 鯉カープさま (ヒトリシズカ)
2017-06-10 16:38:17
麦わら帽子さま 
鯉カープさま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

マタタビは花を咲かせるころに、葉の一部が白くなるのは、昆虫に花が咲いていると知らせるサインとの話を伺ったことがあります。

佐久荒船高原では、まだマタタビは花を咲かせていないようです。標高が高い分、これからのようです。
fukurou0731さま (ヒトリシズカ)
2017-06-10 16:42:08
fukurou0731さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

マタタビの花は咲く時期が短いのかなと思います。
佐久荒船高原でも、マタタビの花を探すと、簡単に見つけられる年と、見つけられない年があります。

今年は、まだ花が咲いていない様子です。妙義山系のすそ野よりは、標高が高い分だけ、これからのようです。

栗の花 (メロンパン)
2017-06-10 17:16:50
山麓で咲く栗の花は、目立ちますが、花らしくない外観です。単なる細長いけばけばに見えます。
これが美味しい栗の実になるとは、思えません・・
マタタビの花 (摩天楼)
2017-06-10 20:27:43
マタタビの花を初めて、見ました。
こんな白い花が咲くのですね。
葉の裏側で咲くので、目立たないのですね。
マタタビの花 (イケリン)
2017-06-10 21:48:12
マタタビは初めて目にしました。
猫にマタタビと申しますが、
マタタビの実を乾燥させて粉にしたものが、マタタビ粉となるようですね。
花が咲くと葉も白くなる。面白い現象ですね。
摩天楼さま (ヒトリシズカ)
2017-06-11 00:20:40
摩天楼さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

マタタビの花は、咲いているところを教えてもらい、葉が白くなる時を教えてもらわないと、意外と気がつかないものです。

でも、存在を教えてもらうと、今ごろは山麓などに、予想する以上に多く生えていることを知ることになります。
イケリンさま (ヒトリシズカ)
2017-06-11 00:25:41
イケリンさま

コメントを重ねてお寄せいただき、ありがとうございます。

別の方へのコメントにもお伝えしましたが、マタタビの花は、その葉が白くなる時を教えてもらわないと、意外と気がつかないものです。

昔は、ご指摘のように、マタタビ粉となるようですね。一度、友人がマタタビの実を焼酎に漬けて、マタタビ酒をつくりました。苦みが強く、薬として飲むという感じでした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む