ヒトリシズカのつぶやき特論

起業家などの変革を目指す方々がどう汗をかいているかを時々リポートし、季節の移ろいも時々リポートします

日本経済新聞紙の「タカタ、失われた10年 甘えの構造、危機意識に蓋」を拝読しました

2017年06月19日 | 日記
 2017年6月17日に発行された日本経済新聞紙の朝刊の一面に掲載された見出し「タカタ、失われた10年 甘えの構造、危機意識に蓋」を拝読しました。

 欠陥エアバック問題によって迷走を続けてきたタカタが民事再生法の適用申請をすることで最終調整に入ったと伝えています。

 最初に米国でホンダがタカダ製エアバックでリコールしたのが2008年と10年も前です。そして米国で原因不明のエアバックの異常破裂が相次ぎ、調査目的のリコールが広がったのが2014年です。

 記事は、最初のトラブルを軽視せずに、本格的な調査や消費者への徹底したアピールをすぐに始めていれば、現在井のような悲劇が絶えない状況にならなかったと指摘する声は多いと伝えています。

 日本経済新聞紙のWeb版である日本経済新聞 電子版でも、見出し「タカタ、失われた10年 甘えの構造、危機意識に蓋」と伝えています。



 タカタがエアバック問題に対応する経営改革に遅れた要因の一つが、日本式の「ケイレツ」の甘さだと指摘します。

 タカタはエアバックの世界シェア第二位という事業規模から、タカタからエアバックの供給が受けられなければ、自動車メーカーが苦しむと考えてしまいました。

 日本の自動車部品メーカーは、自動車メーカーとの密接な関係を維持し、非常時の対応力などでは威力を発揮してきました。しかし、今回の問題の舞台は米国であり、日本では大目に見てもらえるケースも、米国では消費者保護意識が高く、訴訟社会の米国では糾弾され、甘えが浮き彫りになってしまった。

 慶応大学大学院経営管理研究科の識者は「早期に対応していれば、問題はかなり小さくて済んだ。経営ガバナンス(統治)を唯一効かせられるはずだった自動車メーカーへの対応もまずかった」と指摘しています。

 繊維メーカーだったタカタが自動車部品事業に乗り出したのは、創業者の高田武三氏が日本初の2点式シートベルトを開発し、ホンダ車に採用されたのがきっかけだった。1980年代には、当時最先端技術だったエアバックの量産化に着手します。そして、ホンダの高級セダン「レジェンド」に日本車で初めてエアバックが搭載され、優良な自動車部品サプライヤーとしての地位を築きます。

 自動車では安全分野でのハードルが格段に上がり、環境対策なども強く求められるようになった現在、ステークホルダー(利害関係者)からの厳しい目が注ぎます。

 エアバックという安全関連部品で先頭グループとして走っていたタカタが、ユーザー対応を誤り、脱落したことになると指摘します。日本流の部品メーカーとしての振る舞いから、米国というグローバル市場での対応という真の国際化に対応できなかったことが原因です。

 現在、タカタのリコール費用は約1兆3000億円になると見込まれていますが、その大半を自動車メーカーが負担しているそうです。米国司法省は、今年1月に「タカタは10年以上にわたって、安全よりも納期や利益を優先し、安全に関わる重要な試験データの情報を繰り返し、偽ってきた」と断罪しています。

 タカタは日本企業として日本国内では成功しましたが、グローバル市場では対応を誤りました。現在、日本の自動車メーカーはグローバル化に対応し、成功を収めていますが、日本の自動車部品メーカーは必ずしも、グローバル化には成功してません。日本の電機メーカーの凋落ぶりを考えると、自動車分野でもグローバル化への対応をしっかり考え、適応する時に入っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 群馬県安中市松井田町にある“... | トップ | 長野県東御市にある湯の丸高... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
タカタの内弁慶 (影武者)
2017-06-19 10:30:01
タカタはホンダ系列の有力自動車部品メーカーとして成長しましたが、ホンダの米国市場重視にうまく対応できずに、米国市場の車ユーザーの動きを見誤りました。
国内での行動と、グローバルでの行動・意思決定を学ぶことがうまくできませんでした。
影武者さま (ヒトリシズカ)
2017-06-19 11:16:06
影武者さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

郷に入れば、郷に従えということわざを、しっかりと実行していれば、タカタは今のような状況には追い込まれなかったと想像しています。
東芝も (グラスホッパー)
2017-06-19 12:46:20
東芝が現在のような苦境に陥ったのも、子会社化したウエスティングハウスの不正問題の解決を先送りした結果です。
日本企業は問題が起こったときに、すぐにその対応策の手を打って、社内・社外の関係者に正しい情報を提供することがなかなかできません。問題の先送りは、よくありません。
タカタのリコール費用 (十一面観音)
2017-06-19 13:40:25
今回、民事再生法を適用申請し、事実上倒産するタカタのエアバッグのリコール費用は総額で1兆3160億円と、驚くべき巨額です。
ここまで放置した経営者責任は大きいです。従業員の方々は、こんな経営陣の下で働いていて、不運ですね。
グラスホッパー様 (ヒトリシズカ)
2017-06-19 14:43:44
グラスホッパー様

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

現在の東芝の大きな負債は、歴代の社長を頂点とした経営陣が、問題解決を先送りし、ウエスティングハウスの不正問題を根本的に解決しなかったからと伺っています。
問題を先送りし、すぐに抜本的に解決しない風潮は、日本企業の伝統なのか、大きな問題ですね。
十一面観音さま (ヒトリシズカ)
2017-06-19 14:47:14
十一面観音さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

タカタのエアバッグのリコール費用は、戦後最大の巨額です。どこかできちんと解決すれば、よかったと思いますが、責任をとりたくない経営者が先送り案に甘えていたようですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む