ヒトリシズカのつぶやき特論

起業家などの変革を目指す方々がどう汗をかいているかを時々リポートし、季節の移ろいも時々リポートします

岩手県奥州市の回進堂がつくる「岩谷堂羊羹」をご相伴にあずかりました

2014年01月30日 | グルメ
 岩手県奥州市の江刺地区にある回進堂という和菓子店が販売する「岩谷堂羊羹」をいただきました。

 和菓子店の回進堂のWebサイトによると「300年の伝統を持ち、昔ながらの製法で作られる岩谷堂羊羹」と表記されています。さらに、「コシが強く深い味わいで、全国菓子博覧会銘菓菓子部門の内閣総理大臣賞をはじめ、多くの賞に輝いてきた銘菓」と伝えています。

 今回は岩手県の海岸沿いに、2011年3月11日に起こった東日本大震災・津波の被災地にお見舞いに行った方が、その岩手県の方からいただいた「岩谷堂羊羹」の“特小型の一口サイズ”の羊羹(ようかん)のお裾分けをいただいたものです。

 いただいたのは「ひとくち 純栗」です。





 調べてみると、回進堂の「岩谷堂羊羹」は「小倉」など10種類の羊羹をつくっています。伝統の“本竹皮包み羊羹”が一番のお奨め品のようです。

 実は、興味を持ったのは「岩谷堂」という名称でした。最初はお店の屋号だと思ったのですが、調べてみると、現在は奥州市江刺区の岩谷堂という地名でした。以前は岩手県の海岸と内陸を結ぶ、北上川舟運の重要な宿場町として栄えていた場所の地名でした。

 江戸時代には、伊達藩(仙台藩)最北の城下町として栄えた交通の要所だったそうです(伊達藩と南部藩の境の地です)。伊達藩の岩谷堂城主が唯一の甘味として保護・奨励を受けたことがきっかけとなり、「岩谷堂羊羹」が作られるようになったと記述されています。

 この当時は、地元で良質な小豆が栽培され、近くの海岸では良質な海草から寒天(かんてん)をつくっていたことから、羊羹づくりが始まったようです。寒天は江戸時代には、奥州市水沢区羽田町・黒石町などで盛んにつくられていたそうです。

 製造元の回進堂という和菓子屋は、江戸時代から続く伝統の「岩谷堂羊羹」づくりの技術を基に、約300年続く老舗です。現在は地元では別の和菓子店も伝統の「岩谷堂羊羹」という名称の羊羹を販売しています。このため、「岩谷堂羊羹」という名称は、岩谷堂の伝統の羊羹という意味でした。

 回進堂では現在、寒天は「岐阜県恵那地方で、昔ながらの工法で製造された極上物のみを使用しております」と説明されていました。

 また、砂糖は「沖縄県産の品質の良いものを、くどさは感じさせず、当社の羊羹に合う使い方を開発し使用しております」とのことです。時代に応じた進化をしているようです。

 岩谷堂という地名は、良質な家具のブランドにもなっているそうです。「岩谷堂」という地名を、ブランド化して、地元の名称にしていることを知りました。

 考えてみれば、埼玉県草加市の“草加せんべい”も江戸時代に日光街道の宿場町として栄え、当時の米所(こめどころ)を活かして名物に仕上げたものです。

 それぞれの和菓子には、由来があることを知りました。特に、鎖国で約300年間続いた江戸時代には、それぞれ各地で名物が産まれたようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 日本経済新聞紙の「大学は変われ... | トップ | 東京臨海新交通臨海線の車窓から... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
老舗 (Spirit)
2014-01-30 08:00:28
 今回の御ブログで紹介されている回進堂という和菓子屋さんは、まさに伝統に基づく老舗です。地元の誇りでしょう。
 伝統を基につくり続ける羊羹は美味しいでしょう。
 日本の各地を旅すると、こうした老舗の和菓子店が各地にあります。これを見つけるのが楽しみの一つです。
和菓子店 (道明寺)
2014-01-30 08:58:30
日本各地にある和菓子店は、試練を乗り越えて生き延びているために、地元の伝統を引き継ぐ老舗が多いと思います
羊羹 (JJJ)
2014-01-30 10:58:59
各地の和菓子屋さんで売っている羊羹は、伝統のものが多いです
カステラも有名店のものよりも、地方の小さな和菓子屋さんのものが昔の技を受け継ぎ、美味しいものが多いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む