ヒトリシズカのつぶやき特論

起業家などの変革を目指す方々がどう汗をかいているかを時々リポートし、季節の移ろいも時々リポートします

さいたま市桜区の桜草公園のサクラソウ自生地は、ススキなどに覆われています

2016年10月20日 | 季節の移ろい
 さいたま市桜区の荒川沿いにある桜草公園の田島ヶ原サクラソウ自生地は、背の高いススキなどに覆われています。この桜草公園への訪問は6カ月ぶりです。

 その荒川支流の川岸にある田島ヶ原サクラソウ自生地はススキに覆われ、ここがサクラソウ自生地だと知らない方には、単なる荒れた草原にしか見えない風景です。



 田島ヶ原サクラソウ自生地はまずヨシが生い茂り、背の高いススキが伸びて、穂をつけて、風になびいています。見た目は、荒れ地風です。

 田島ヶ原サクラソウ自生地の背後には、さくらそう水門がそびえています。



 田島ヶ原サクラソウ自生地の中を通る散策路には、“野菊”の一種であるヨメナあるいはノコンギクの白い花が群生しています(ヨメナとノコンギクが外観がほぼ同じで、花を採取して確認しないと、同定できないそうです)。





 そのヨメナあるいはノコンギクの白い花には、アブ(ハチ?)が蜜を吸いに来ています。



 ヨメナあるいはノコンギクの白い花の群生している草原では、キンミズヒキもまだいくらか咲いています。



 この近くでは、いろいろな山野草がまだ花を一部咲かせていて、小振りな黄色いチョウが蜜を吸いに来ています。



 タテハチョウ系も蜜を吸いに来ています。

 この桜草公園は、さいたま市桜区にあります。ここから荒川の下流側にあるJR武蔵野線の鉄橋の下流側も、まだ桜区です。そこからさらにいくらか下流側では、さいたま市南区になり、前日編でご紹介した荒川彩湖公園の敷地になります。

 河川敷きは、さいたま市の区境だからです。

 なお、この桜草公園の田島ヶ原サクラソウ自生地でニホンサクラソウが群生して咲いていた話は、弊ブログの2016年4月9日編をご覧ください。

 来年2月ごろに、この田島ヶ原サクラソウ自生地では野焼きが行われ、3月末にはアマナなどの早春の花が咲き始めます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さいたま市南区から埼玉県戸... | トップ | 日本経済新聞紙の見出し「国立... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ススキ (イケリン)
2016-10-20 04:18:12
桜草公園の田島ヶ原サクラソウ自生地の、さくらそう水門をバックにゆれる
ススキがとても綺麗です。水門を背景に入れられたのでススキが浮き上がって
見えます。水門の向こう側も覗いてみたくなるような風景ですね。
イケリン様 (ヒトリシズカ)
2016-10-20 06:31:48
イケリン様

コメントをいつもお寄せいただき、ありがとうございます。

一見荒れたススキだらけの場所が、田島ヶ原サクラソウ自生地には見えませんが、自然は本来、こうしたものなのだと思います。自然の河川敷きの春夏秋冬の変化の大きさに驚きます。

さくらそう水門に着目していただき、ありがとうございます。冬になると、この水門近くに冬鳥が集まります。ポツポツとですが、野鳥観察愛好家の方が枯れ野の陰で待っています。
田島ヶ原サクラソウ自生地 (里山歩き)
2016-10-20 07:39:41
4月の日本桜草が咲くころは賑わう田島ヶ原サクラソウ自生地は、秋は荒れ地という感じですね。
今は誰も訪れない様子ですね。
四季の移り変わりの大きさを感じました。
荒川河川敷の四季 (EGOIST)
2016-10-20 08:41:06
荒川河川敷の田島ヶ原サクラソウ自生地の春夏秋冬の変化は大きいですね。
ススキの目元では、サクラソウなどの種が眠っていて、早春の芽吹きをじっと待っているのでしょうね・・
Unknown (fukurou0731)
2016-10-20 11:51:12
おはようございます。
田島ヶ原サクラソウ自生地の写真改めて見せていただきました。あのきれいなサクラソウの咲く場所が秋になるとススキに覆われてしまう!
季節の移ろいを感じます。これだけ見たらサクラソウ自生地とは誰も思いませんね。
fukurou0731さま (ヒトリシズカ)
2016-10-20 13:23:06
fukurou0731さま

コメントをいつもお寄せいただき、ありがとうございます。

この田島ヶ原サクラソウ自生地は来年2月に野焼きされ、地面に太陽光が当たるようになります。

3月末からまず、アマナが花を咲かせ、ノウルシが育ち、ニホンサクラソウと成長合戦を繰り広げます。

その成長競争は、ヨシなどが成長して、ノウルシとニホンサクラソウの上を覆い、太陽光を奪います。

夏期には、このススキ原の奧には、ノカンゾが花を咲かせ、ごく一部ですがセンニンソウも花を咲かせているそうです。

冬には、田島ヶ原サクラソウ自生地の奧には、冬鳥がいくらか飛来します。こうして見ると、人間の都合には関係なく、植物や動物(本のたまにイタチが出て来ます)の生活環境になっています。ほとんど知られていませんが・・
秋ケ瀬公園 (市街地鳥見者)
2016-10-20 18:04:56
荒川沿いにある桜草公園の上流側にある秋ケ瀬公園には、晩秋から冬にかけては、冬鳥の野鳥観察に時々、通っています。
桜草公園側にも冬鳥がいくらか来るのであれば、行ってみたいと思いました。
市街地鳥見者さま (ヒトリシズカ)
2016-10-20 21:29:13
市街地鳥見者さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

秋が深まると、さいたま市の荒川沿いの秋ケ瀬公園には、多くの野鳥観察愛好家の方々が集まります。いろいろな冬鳥が観察できるからでしょう。

今日は、昼間は暑く、夜は寒くなりました。次第に秋の深まりを感じる時期です。
野鳥観察での成果を祈念しています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む