ヒトリシズカのつぶやき特論

起業家などの変革を目指す方々がどう汗をかいているかを時々リポートし、季節の移ろいも時々リポートします

長野県安曇野市の烏川渓谷緑地の水辺エリアには、ノジコなども来ていました

2017年05月05日 | 旅行
 長野県安曇野市堀金烏川にある長野県営の烏川渓谷緑地の水辺エリアでは、ノジコなどにも出会いました。

 烏川渓谷緑地の水辺エリアは、烏川沿いに設けられた自然観察公園です。4月末から5月半ばまでは、オオルリが立ち寄るところとして有名です。

 春を迎えた烏川は、常念岳などから流れ出した雪解け水がごうごうと音をたてて流れています。



 その烏川の岸辺にある大きな石の上で、キセキレイが尻尾を振っています。



 烏川渓谷緑地の水辺エリアにオオルリがやってくるころには、同時期にノジコもここにやって来ています。

 ノジコは葉が比較的よく茂った木の枝に、留まっていました。眼の周りの白いアイリングが特徴です。





 木々が密生して生えている崖側には、キビタキのメスが数羽、います(キビタキのメスと推察している野鳥です)。





 今回、お目当てのキビタキのオスは、薄暗い木陰に潜んでいました。



 キビタキのオスは枝先に留まって辺りを警戒し、残念ながら朗朗とさえずってはくれませんでした。

 キビタキのオスの代わりにと、オオルリが1羽、気を利かせて出てきました(単なる勝手な憶測です)。



 全国的に今年は、ソメイヨシノ(染井吉野)の開花から満開までの時期が遅れるなどの春の進行が遅いために、烏川渓谷緑地の水辺エリアでも、山野草はまだ少ししか、花を咲かせていません。

 ネコノメソウが一番、元気に花を咲かせています。スミレ(種類は不明)が少し、花を咲かせ始めています。



 やや日陰で育つヒトリシズカも咲き始めたばかりです。



 木にまつわりついたアケビのつるも、蕾をつけています。



 烏川渓谷緑地の水辺エリアは、春を迎えて、新緑に向かう直前でした。

 烏川渓谷緑地の水辺エリアから安曇野市の平野部分に下りて、よく花を咲かせているサクラの木々のところで休憩しました。開花したサクラの木々を見ていたら、キビタキのオスが数羽、いました。

 残念ながら、動き回るためにキビタキのオスの撮影は、ここでもかないませんでした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長野県安曇野市の烏川渓谷緑... | トップ | 長野県佐久市の佐久荒船高原... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
烏川渓谷緑地 (曖昧模糊)
2017-05-05 13:44:17
烏川渓谷緑地には、いろいろな野鳥が来て、山野草が花を咲かせる自然が保たれた緑地ですね。
キビタキのメスの眼がくりくりと可愛いです。
キセキレイを美しい羽根模様です。
烏川渓谷緑地 (宴会部長)
2017-05-05 14:22:47
安曇野市の烏川渓谷緑地は、のんびりと歩いて来たい公園です。
でも、野鳥の声を聞いて、野鳥を探し始めると、のんびりとはできないかもしれません。
キビタキのメスに出会ってみたいですね。
曖昧模糊さま 宴会部長さま (ヒトリシズカ)
2017-05-05 15:04:21
曖昧模糊さま 
宴会部長さま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

安曇野市の山間地にある烏川渓谷緑地は、野鳥の声を聞き、その姿を観察するには、いい公園緑地です。

ふだんはそれほど多くの方が散策していません。ただし、オオルリが飛来すると、多くの野鳥観察愛好家が集まるようです。
ノジコ (BIRD)
2017-05-05 15:30:13
先日、某湿原に行ったときに、ノジコを数羽、観察できました。
木の上で、良くさえずっていました。
一見、地味な野鳥ですが、好きな野鳥です。
BIRDさま (ヒトリシズカ)
2017-05-05 17:08:52
BIRDさま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

ノジコは、昨年5月初めにも、この烏川渓谷緑地で観察しました。また、白馬村の姫川源流近くの湿原でも観察しました。
戸隠森林植物園にも飛来すると聞いています。
Unknown (イケリン)
2017-05-05 17:19:35
オオルリだけかと思ったら、キビタキやノジコなどにも出会われたのですね。
今回の遠征は大収穫だったようです。
これも野鳥出没のポイントや動きに精通されていればこそだと思います。

当地では緑の密度が濃くなってくるに従って、野鳥が発見しにくくなってきました。

イケリン様 (ヒトリシズカ)
2017-05-05 18:50:47
イケリン様

コメントを重ねてお寄せいただき、ありがとうございます。

5月連休は、木々が葉を茂らせる直前の絶妙な時期です。その時期に、姿や鳴き声が美しいオオルリとキビタキがやって来て、姿をみせてくれます。

今回は、オオルリが立ち寄るポイントになっている烏川渓谷緑地に行って、運良く、観察できました。

埼玉県の野鳥観察愛好家の方々は、さいたま市の秋ケ瀬公園や北本市の北本自然公園に行って、オオルリやキビタキを観察しているようです。今年は、埼玉県では、、オオルリやキビタキの当たり年だそうです。

夏には、標高の高い高原に行って、オオルリを観察する予定です。

イケリンさんは、幻になりつあるコマドリをしっかりと観察されました。何か、鳥運を持っています。夏の野鳥観察は苦労が多いですが、行ってみるしか手はありません。
オオルリ (半可通)
2017-05-06 16:19:37
烏川渓谷緑地には、美しい野鳥のオオルリやキビタキなどが来て、その姿を観察させてくれるのですね。
ノジコという野鳥も地味ですが、野鳥らしい風貌ですね。
新緑を迎えつつある烏川渓谷は、歩いてみたくなる緑地です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む