ヒトリシズカのつぶやき特論

起業家などの変革を目指す方々がどう汗をかいているかを時々リポートし、季節の移ろいも時々リポートします

滋賀県東近江市黄和田町の愛知川上流にある山奧の晩秋風景を楽しみました

2016年11月26日 | 旅行
 滋賀県東近江市黄和田町の山奥にある愛知川上流の山あいに、当初の想定しなかったことで行って来ました。その山奧の晩秋風景を楽しみました。

 三重県いなべ市大安町石榑南にある宇賀渓谷は紅葉の名所として有名です。宇賀渓谷の奧にある鈴鹿山系の一つである竜ヶ岳(標高1099メートル )は小さな沢が集まり、長尾滝、五階滝、燕滝、魚止滝、御所滝などの見事な滝が並ぶ宇賀渓谷をつくっているのだそうです。

 ところが、その宇賀渓谷の入り口に行ってみたところ、実際には「本格的な登山準備が必要なコース」といわれて、簡単に諦めました。

 そこで、その宇賀渓谷の西側にある「滋賀県東近江市側の渓谷風景がいい」と伺って、国道421号を西に向かって進むと、長い石榑トンネルがあり、ここを抜けると、滋賀県東近江市黄和田町に入りました。

 石榑トンネルを抜けた東近江市側の渓谷はキャンプ場以外は何もないところでした。国道421号から見える渓谷風景です。





 渓谷を形づくる低山の山々です。木々が色づき、晩秋風景になっています。







 長い石榑トンネルを抜けた国道421号沿いから見える山々です。





 実は、野鳥のジョウビタキとカワラヒワを見かけたのですが、撮影はできませんでした。

 「カモシカでも出てこないかな」と天に向かって願いましたが、カモシカは出てきませんでした。

 三重県北部のいなべ市は滋賀県東近江市と愛知県にそれぞれ接していることを実感しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三重県いなべ市藤原町にある... | トップ | 名古屋市東区徳川町にある徳... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (siawasekun)
2016-11-26 01:52:24
素敵なショットと解説から、様子、雰囲気、伝わってきました。

綺麗ですね。
美しいですね。
眺めて、ほっとし心安らぎました。

ありがとうございました。
Unknown (イケリン)
2016-11-26 07:24:14
石榑トンネルができるまでは、国道ならぬ酷道として有名でした。
ここを訪問されたのですね。ヒトリシズカさんも探究心旺盛ですね。
多分カモシカが出てきてもおかしくないようなところだったと想像します。
滅多に目にすることのできない風景を拝見させていただきました。
siawasekunさま (ヒトリシズカ)
2016-11-26 08:06:37
siawasekunさま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

今回、結果的に行った山あいは、静かな山奥でした。国道を車は通りますが、途中で止まる車もなく、通過していきました。

春から秋は渓流釣りの方が来るのではないかと感じました。
イケリンさま (ヒトリシズカ)
2016-11-26 08:14:58
イケリンさま

コメントをいつもお寄せいただき、ありがとうございます。

ご指摘の通り、石榑トンネルは新しい立派な長いトンネルでした。竜ヶ岳への登山も石榑トンネルを抜けて、滋賀県東近江市黄和田町側から旧道を入るという案内もありました。

今回、三重県のいなべ市には、三重県津市から名古屋市に向かう途中にある紅葉の名所として、ご案内いただいたものです。「いなべ市」という地域も、今回初めて知りました。

現・太平洋セメントのセメント用石灰を採掘することで発展した町だったようでした・・
山奥 (EGGMAN)
2016-11-26 09:29:02
カモシカが出て来てもおかしくない山奥は、静かに秋が進み、山は木々が紅葉し、枯れて葉を落とし、冬に向かっています。
日本は山国なので人が住んでいない山間部はこんな感じなのでしょうね・・
平野部の里とは違う秋の風景ですね。
山あいの晩秋 (シュウマイ小僧)
2016-11-26 11:38:05
三重県いなべ市から滋賀県東近江市をつなぐ国道は鈴鹿山脈を貫いていますね。
ふだんは通らない山奥ですね。
その分だけ、自然が残っていますね。
深山の秋 (東一華)
2016-11-26 15:20:07
鈴鹿山脈の深山では晩秋の風景です。
人知れず、深山で秋が進んでいます。
Unknown (fukurou)
2016-11-26 15:21:59
ヒトリシズカ様
こんにちは。
すごいところまで行かれたのですね。
山の写真だけ見せていただいているとわかりませんが、かなりの山奥の感じがします。
なかなか車で行けない県境ではないのかと想像しています。
fukurouさま (ヒトリシズカ)
2016-11-26 16:48:24
fukurouさま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

今回はあまり下調べもせずに、三重県いなべ市に行った結果です。山側に迷い込んだ結果です。

だいぶ以前ですが、愛知県新城市の山あいから、豊田市山間部に抜けた時も、無計画な旅の面白さがありました。

実は、木曽福島から木曽町・開田高原に向かおうとも考えていましたが、予想以上に距離があり、少し調べています。国道19号線沿いはあまり詳しくありません。

Unknown (takayan)
2016-11-27 21:57:40
こんばんは。
石榑トンネルを通られたのですね。
このトンネルが出来てからは、員弁や湯の山方面へはここをよく通ります。

石榑トンネルの滋賀県側は、永源寺辺りまで来なければ何もない所ですね。

宇賀渓谷はtakayanも前から気になっている所なんですが、本格的な登山準備が必要なんですか?
それならtakayanにも無理かも知れませんね。

国道421号から見える山並みも、積雪のある時には案外きれいです。
もう少し下ってこられたら、滋賀県の紅葉の名所で有名な「永源寺が」有りましたね。

石榑トンネルが出来るまでのR421は、酷道と言われた狭い国道ででしたが、今は立派なな道路になりました。

takayanさま (ヒトリシズカ)
2016-11-27 22:09:53
takayanさま

コメントをお寄せいただき、ありがとうございます。

三重県北部のいなべ市の紅葉の名所として、宇賀渓谷を紹介されたのですが、実際に行ってみると、登山しながら滝見と紅葉を楽しむ渓谷のようでした。

宇賀渓谷の入り口の駐車場には、午後に行ったために、1台しか駐車してなく、登山は朝から始めるものという雰囲気でした。

今回は下調べもせずに、宇賀渓谷に行ったので、単純なお手軽な観光地ではないと知りました。これも行き当たりばったりの旅の面白さですが、あまり薦められる結果ではありません。

可能であれば、お教えいただいた「永源寺」には行ってみたいと思いますが、今は愛知県側の紅葉の名所の方が交通の便がいいようにも感じています。無計画だった結果ですので・・

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む