てるてるだより on the web

石材店テレフォンアポインター統括のつれづれ日記

天気予報は晴れだったのに・・・正月伊豆紀行

2017-01-07 15:17:28 | 旅行

私の仕事始めは1月8日と少々遅めなので

毎年交通渋滞を避けて1月5日あたりに遊びに行きます。

天気の良い日に出かけられるよう前日まで天気予報をチェックして決められるのは

日帰りならではですね (^^)

今年は伊豆に行ってきました。三が日は呑んでばかりで朝寝坊しているので

1月5日ですがこれが我が家の初日の出。。。

天気予報では終日晴れマークしかなかったはずなのに、曇ってますね~ ((+_+))

朝のうちだけでそのうち雲も晴れるかな!?期待しつつ砂浜を散歩。

ここは下田市にある入田浜。

晴れていれば南国のような海が見られたはずなのですが、残念!!

日の出が見られただけ良しとしましょう。

 

そして移動中に晴れてくることを期待して向かったこちらは2年前にも訪れた爪木崎

ここでも変わらずの曇り空。。。水仙の花は5分咲き程度でしたが時折吹く風に乗って甘い香りがやって来ます。

青空がないと写真も何となくぼんやりしちゃいますね。花の写真は諦めて花をバックにレオ(チワワ)の撮影。

2年前は犬と暮らすようになるとは思っていなかったな~。

今年はアロエの花が丁度満開。甘い蜜を吸いに沢山のメジロが来ていました。

こんな写真が撮れたのはラッキーですね。

その後立ち寄ったのは下田にあるペリーロード。

情緒ある街並みを散策していると何軒かペットOKのお店もありました。しかし時間が早すぎてまだ開店前。

なまこ壁の建物などを眺めて移動する事にしました。

途中で立ち寄ったのは白浜海岸。

伊豆に来た時はほとんど立ち寄っているくらい好きな海岸です。

曇り空でもこの海の色!! (^◇^)さすがですが、やっぱり晴れてほしかった・・・

しかもポツポツと雨が降り出す始末。仕方がない、予報は予報だ。

こんな日もあるよ、少し早いけどランチの予約をしてある店に向かいましょう。やって来たのは去年河津桜を見に来たときに2分遅れでランチタイムが終わっていた和食屋さん「くらの坊」。

今年は個室の予約を入れてのリベンジです。左のサンルームの様な部屋が個室です。

和食屋さんには珍しい個室以外も店内犬OKなお店です。頂いたのはあたたかい蕎麦御膳。

少し甘めの汁と柔らかく煮た白菜が乗った蕎麦に薬味を少しずつ入れて楽しみながら食べられます。

あんかけ豆腐の小鉢とにんにく味噌の焼きおにぎりが付いて¥1500-。

今度は店内で別のメニューも食べてみたくなりました。

店に入る時には降っていた雨もやんだのでここではデザートは頼まずに移動しました。やって来たのは和菓子とお茶のお店「茶気茶気」

川沿いのテラスでお茶が飲めます。ちょっと急な階段ですが降りた先には絶景のテラス。

運良く貸し切り状態です (*^^)v頂いたのは季節の和菓子と温かい抹茶。

何となくお正月気分のデザートです。

それにしても今頃になって晴れてきているし ( 一一)

 

来月、河津桜の頃にでもまた来たくなっちゃいますね。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最後は雲の上

2016-11-14 18:10:43 | 旅行

今回の北信ドライブ、1日ですでに4軒のテラスをはしご。

今日の記事で5軒目になりますね (^_^;)

やってきたのは北志賀竜王高原 竜王マウンテンパーク。山頂へは世界最大級166人乗りのゴンドラで約8分です。

犬はリードを付けていればOK。眼下の景色を楽しみながら進みます。

まわりの山肌のグラデーションが綺麗ですね。大きなゴンドラなので揺れも少なく安心です。

さらに高度があがると雲が出て来ました。何やら見慣れぬ景色に驚いたような表情のレオ(チワワ)。

とうとうすっかり雲の中に入ってしまいました。窓の外は真っ白です。

でも大丈夫、山頂は雲の上!のはず・・・?スポーン!っと雲を抜けたら良い天気!!

のはずですが、山頂に着いた時周囲は雲の中。。。「SORA terrace」標高1,770m。

本日の締めくくりは山頂のテラスです。

フェンスのアクリル板の向こうには雲海や絶景が広がるはずなのですが、今は真っ白。。。

しかし、山の天気は変わりやすいですから待ってみましょう。今の時刻は大体16:30、太陽はぼんやりと雲の中。

やがて霧が晴れるかのように雲が移動し、太陽が見え隠れ。

やがて雲海の中に沈んでいきました。真っ赤に染まる雲海は見られませんでしたが、

雲海と少しの夕焼けが見られ、真っ白な雲に包まれる経験が出来たので十分満足です >^_^<その後も刻々と変化し続ける景色に見飽きる事はありません。

ソファ席が空きましたので移動します。

SORA cafeで注文したのは雲海パイ包みスープとツレのホットワイン。

竜王名産のネマガリタケを使用したスープを雲海に見立てたパイで包んでいます。

サクサクのパイを崩しながら飲むスープは旨みたっぷり熱々で美味しかった。

雰囲気重視で味はそれなり。。。なんてことなく嬉しいですね。

ちなみにホットワインもスパイシーで美味しかったそうです。陽が暮れてきたころ雲の切れ間から長野市の夜景が見えました。

雲の上はまだ明るさが残っているけれど、地上はもうだいぶ暗いのでしょうね。時刻はもうすぐ18時になります。

テラスにも照明が点きました。

薄い雲に映る影。

霧の朝に始まり、霧のような雲で終わった1日、たっぷりと楽しめました。

長々とお付き合いくださりありがとうございました m(__)m

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと寄り道

2016-11-10 20:47:24 | 旅行

大望峠からの絶景を楽しんだ後は最終目的地に向かって車を走らせます。

その途中、気になる店がありました。

まだ時間に余裕があったので、ちょっと寄り道 >^_^<カフェ ランプ屋工房さん。

テラス席は犬OKです。車から降りると「こちらの席ならワンちゃんとご一緒できますよ」とお声掛け頂きました。

注文したのはコーヒーゼリー入りカフェモカ。

ツレは自家製イチゴジャム付きロシアンティー。

カフェモカは甘さ控えめビターなテイスト。

イチゴジャムはジャムというよりイチゴのコンポートのウォッカ漬けといった感じ。

車の方はご遠慮くださいな感じ。

飲み物だけのつもりだったのですが・・・←まただよ!!(~_~;)メニューを見ていて気になってしまい、北欧風アップルパイを一つ注文。

よくあるアップルパイとは違い

リンゴのフィリングの上にサクサクのクッキーのような生地がのり、軽いカスタードが掛かっています。先におやつをもらっているので膝の上で眠くなってきたレオ(チワワ)。

相変わらず人の食べ物には興味が無いようです (^.^)

テラス席からの眺めはこんな感じ。戸隠街道沿いですが森の中の雰囲気。

お店の方は元プロスキーヤーで現在はスキーインストラクターだそうです。

「冬にはお店の裏をスノードッグランにしてレンタルスノーシュー(西洋かんじき)で遊べますよ」

と行ってくださいましたが、レオじゃ雪に埋もれちゃいそうですね。。。((+_+))こちらが同じ敷地内にあるランプショップ。

キャンプ用から室内用までいろいろありました。

近頃は非常時用にと購入していく方も多いそうです。

 

お店を後にして向かうは最終目的地。その先には何やら厚い雲が・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

でも良いのです、そのわけは後程。

踏切に停車して、ふと見ると電車が止まっている。なんと、そこ駅だったのですね!

そしてこの電車、元は営団地下鉄日比谷線の車両だったそうです。

何だかレトロな雰囲気で良いですね。

 

思わす寄り道しちゃいましたが、予定通り目的地に着きました。そこにはこんなホワイトボードが!

 

その様子はまた次の記事で。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新蕎麦そして伝説の絶景へ。

2016-11-08 21:42:44 | 旅行

鏡池での紅葉を楽しんだ後は昼食にします。選んだのは「奥社前なおすけ」さん。

秋の信州・戸隠、ならばやっぱり新蕎麦ですよね~ (^.^)

テラス席は犬OKです。

私の膝の上から何かを見つめるレオ(チワワ)。

その視線の先にあるのは・・・

 

テラスのすぐ横を流れる清流。そこに泳ぐ魚。

テラスからの眺めはこんな感じ。川のせせらぎや野鳥の声が聴こえる特等席。

注文したのは鴨ざるそば。

鴨肉がたっぷり入った少し甘めの汁にネギやゴボウ、キノコの旨みが合わさって最高! \(^o^)/

ツレは

えび天ざるそば。

サクサクの天ぷらはそばつゆとは別の天つゆか塩で頂きます。

少し緑がかった新蕎麦は香り良く、のど越しも滑らかであっという間に食べちゃいました。

忘れちゃいけないのが最初にお茶と一緒に出してくれるきんぴら。

そば茶と共に美味しく頂きました。

 

お店を出て先程の小川を渡ればそこには奥社の鳥居。しかしこの先はペット立ち入り不可。

仕方が無いので鳥居の外を少しだけ散歩、落ち葉の積もった道は気持ち良いのか足取りも軽やかです >^_^<

残念ながら奥社に限らず戸隠神社はそのほとんどがペット不可。

それでは次の目的地に向かいましょう。

鬼無里村、 伝説の谷を見下ろす大望峠 標高1055m。

「一夜山の伝説」

飛鳥時代、天皇が信濃遷都を計画し、官吏に遷都に相応しい場所を探させました。

官吏らは水内(みのち)の水無瀬(みなせ)という山里を候補地として見つけました。

しかしここには鬼が住み着いており、遷都の話を聞いた鬼たちは「住処を奪われてなるものか」

と遷都の邪魔をするために一夜で山を築きました。それが写真中央に写っている「一夜山」です。

遷都が出来なくなってしまい怒った天皇が命じて、鬼どもを退治させました。

これにより、水無瀬に鬼はいなくなり、鬼が無い里「鬼無里」と呼ばれるようになりました。その他にも紅葉伝説や岩下の機織石などの伝説もあるそうです。

もしかしたら大きな都になっていたかもしれない。 そうしたらこんな絶景も見られなかったかもしれませんね (^^)

今でも道が狭く、駐車場も普通車5台分位しかない展望台なので静かに景色が楽しめます。

鬼さんに感謝!?

 

この後はこの日の最終目的地に向かうのですが、

長くなりましたので次の記事で。

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

水鏡に映る紅葉

2016-11-06 17:46:18 | 旅行

小布施で朝食を済ませた後は紅葉を見に行きます。やってきたのは戸隠・鏡池。

小布施では朝霧に包まれて天気が心配でしたが、晴れ間が見えて来ました >^_^<ほとんど感じない程度の風でしたが、それでも僅かに波立って完全な水鏡とはなりませんでした。

紅葉の中に白樺が良いアクセントになっています。次期的にはもう少し早く来るべきだったのかもしれませんが十分綺麗です。

こちらの湖畔にも白樺の木がありましたので。青空に良く映えます。

夢中になって撮影をしていると足元ではすっかりくつろぎポーズのレオ(チワワ)。

この日は思いのほか天気が良く気温も上がり暑いくらいでした。駐車場のすぐ横にあるカフェレストラン「どんぐりハウス」で一休み。

テラス席は犬OKです。

レストランのほかギャラリーや体験イベントやコンサートなども開かれているようです。

席からは戸隠連峰や鏡池が見渡せます。

注文したのはクランベリージュースと山葡萄のジュース。飲み物だけのつもりだったのですが、

メニューを見ていたら気になってしまってリンゴのタルトとそば粉のガレット・アンズジャムも追加。

だって信州戸隠ですよ~、リンゴ・アンズ・そばは外せませんよね (^^ゞ

リンゴのタルトにはルバーブも使われていて酸味の効いたさっぱり系。

ガレットは縁がカリッと中はもちっとそばの香りが良いさすが戸隠。

アンズのジャムも甘さ控えめで美味しかった。

 

デザートが先になってしまいましたがこの後が大本命、戸隠蕎麦を食べに行きます。

長くなってきたので、それは次の記事で。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加