УРАЧКА!!

雑文・駄文なお気楽日記です。よろしゅーに。

シーバ様様っ!!!!

2017-04-23 22:28:24 | 地域猫

昨日の日記では、磐田の自由演奏会行く気バリバリだったのですが、今朝5時に起床したら(リハーサル間に合うためには5時起き)まだ、喉痛いし咳も連発だったので、こりゃ仕方ないか~と諦めて寝直す事に。
年に一回、しっぺいに会えるチャンスだったのですが・・・まぁ仕方ない・・・
で、その後、改めて起きたら・・
あれ?なんか喉そんなに痛くなくなってる?
確かにまだ違和感あるけど、ツバ飲み込むときに「えいしょっ!!!」って覚悟を決めて飲みこむまでしなくても普通に飲み込める。
ただ、咳は時々だけど。で、なんか結構治ってるじゃないですかぁ~-_-;;
ま、まぁ仕方ないか・・・

で、今度は昨日の話なんだけど、チャリで坂道を降りてたらなんか、ガンガンガンッと、突然破壊音がっ!!!
慌てて降りてチェックしたら、なんと後輪に釘が貫通してるじゃないですかっ!!
長さ5,6cmありそうな釘がっ!!
なんで、道はこんなに広いのにわざわざ釘を踏むんじゃっ!!と、思うが、まぁ足じゃなかったからよしと思うか。
で、もちろん完全にパンクしてるので、そのままわりと近くのホームセンターまでひきづって行って修理してもらいました。
で、20分くらいかかるので、その間お買い物とかしていたわけだ。
まず行くのは、タニクとかサボテン売り場。
でも、その後のスケジュールの関係で見るだけ、見るだけね、買わない買わない・・・
そしたら、最近はお外用のお庭植え用の植木というか花草系の中にセダムとか何気に混ざって売られているではないですかっ!
まぁ、すっかり日本に馴染んで・・・
確かに、ロックガーデンとかには似合いそうだね。
で、次に向かったのはペットコーナー。
ここのホームセンターはグッズが主で、生体はオカヤドカリと昆虫系くらいのみ。
オカヤドカリ・・・うう、ちょっと飼いたいかも・・・
でも、ぐっとこらえて、ネコメシコーナーへ。
で、そこで買い出していたら、小さなTV画面みたいなのがあって、そこでこのCMの画像が流れていたのだ・・・

それでもネコに愛されたい 「2つの目線」 Yet I want my cat's love


この動画の、後半2分あたりからっ!!
これをみて、こ、これはもしかしてイケるかもっ!?って思ったんだよね(爆)
このシーバのヤツなら、うちの家庭内野良の皆さんの誰かが手からちゅるりんしてるんじゃないかっ!!と、淡い期待を抱いて、買ってみました。
で、早速今朝試してみたんだけど・・・
そもそも、近づいてこないっていうか、近づくと逃げるんですよ、そもそもT^T
ってわけで、皆、イマイチ・・・
あー、やっぱりダメかぁ~と思ったら・・・
なんと、ダヤ子がノってきたではありませんかっ!!
我が家で唯一、避妊未手術の母ネコです(なにせ、捕まえるのが不可能なので手術も出来ない)
ダヤ子は、某公園で母猫と4匹の子猫と暮らしていたうちの子猫の1匹なんだけど、母猫は結構人馴れしてたんだけど子猫たちはすでに中猫で、かなり野生入っていて難しい状態だったんですな。
手分けして1匹づつ預かったんだけど、うちに来たダヤ子は、最初こそ結構いい感じだったんだけど、その後時間差で新しく来たお父さんことシロノワールがかなりベタなれしてて、それがどうも気に障ったらしく以降は家庭内野良一直線!!
で、タイミング逃して、そのシロノワールとダヤ子が出来てしまいまして^_^;子猫が4匹生まれた。
が、母が完全に家庭内野良なので、子猫たちも立派に家庭野良として成長し現在に至る・・・という感じでございます。
そ、そのダヤ子がなんと、私が差し出したシーバをチュルチュルと舐めてるではあーりませんかっ!!!
こ、これはもしかして・・・と、思い、今度は指に直接つけて差し出してみたら・・・
おおおお、チュルチュル舐めてくれたよぉぉぉ~っ!!!!
さ、さすがシーバ様様じゃっ!!!
こ、この調子で頑張ればもしかして、家庭内野良が家庭内他人行儀猫くらいになってくれるかっ!?
母が少しでも慣れてくれれば、子供たち(もうすっかり大人猫だが)も、少しは野良度が減ってくれるだろうかっ!?
まー、ダメ元でやるだけやってみるか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『美女と野獣』 | トップ | ついに来ました! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

地域猫」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。