УРАЧКА!!

雑文・駄文なお気楽日記です。よろしゅーに。

富士山登ってきたよ・1

2017-07-15 17:26:08 | ハイキング&ウォーキング
今日は一日、なんか奇妙な感覚を味わってます。
まぁ、筋肉痛だっていうのもありだけどね^_^;
外で空を見上げては、「あぁ、雲があんなに高いけど昨日はあの雲は私の足のはるか下にあったんだよね」とか、その他でも「昨日のこの時間あたりは富士山の頂上にいて○○してたんだよね」とかって考えちゃったりね~
ま、もう日常モードですがね、切り替え超早い私ですからな。

で、富士山ですが登りは今回も富士宮口から。
なぜかっていうと静岡から便的に一番便利だから。
一日一便ですが、静岡駅から富士宮五合目の登山口まで直通バスがあるのだ。
駅まで行けば、あとはバス乗ってグースカしてればいいんだからね、ザックも置けるし。

し・か・し、当日、静岡は朝大雨でねぇ。


余裕を持って家を出たけどバスが動かない!
駅に近づけば近づくほど、渋滞にはまり、間に合いそうもないので駅より2バス停前で降りて後は自力移動!!
で、間に合った!と思ったら、あれ?バスがいない?
乗り場間違えた?と思ったら、実は登山口へ行くバス自身も遅れてた^_^;


で、約二時間で登山口到着。
3年位前に宝永山ハイキングのため、ここに来たことはあるのであった。
昼前についたので、高度順応もかねて早速お昼。


おにぎり定食~!
内容あんまりみないで注文したら、なんときのこうどんがついてた!!
おぉ、幸先いいぞっ!!
しかも、お水もついてるよ!
無料の(というかサービスの)水はここがたぶん最後かな?と思いありがたくいただきました。
しかし、なんか右こめかみが痛くなってきた、
もしかして早くも高山病か?ということでさっさと早めのバファリンを飲んどく。


今回は、富士山登山協力費1000円払えました!
バッチもろうたよ!!
バックの新聞は地元静岡新聞。
静岡新聞は今の時期、毎日富士山ネタニュースを出すのだ。
なんでも、富士山山頂だったかどっかに臨時編集部みたいなのを置いていたような気がする。




こちらは、外国人としてはじめて富士山に登ったイギリス公使オールコックさんのレリーフ。
この写真撮った時は「へぇぇ、たぶん偉い人なんだろ」くらいのイメージでしたが、今改めて調べたら・・・
彼は自分の愛犬のトビー君といっしょに行ったんだってさ!
(現在はペット同伴禁止だけどね)
で、無事山頂まで行ったんだけど帰り道にトビー君が間欠泉の事故で亡くなってしまった!!!
ショックを受ける(そりゃそうだ~、私もショックだ・・・)オールコックさんでしたが、
同行した日本人や地元の人がお坊さんを呼んで手厚くこの場所に葬ったそうで、
オーコックさんは悲しみながらも皆の優しさに感動したそうな・・・
というその犬の墓でもあるそうな、ここっ!!!!
おぉ、今頃私も感動を新たにしましたよっ!!!


で、富士宮口は特に火山岩っていうか溶岩ゴロゴロ感が強いです。
まだこの辺は緑がありますね。




20分くらい階段っぽい道を登り、6合目山小屋へ。
前回は、ここから宝永山ハイキングコースに行ったのであった。


なんとなく、向こうに見えるのが宝永山かな?
このあたりは、チョコと抹茶みたいな感じ。


鳥居がみえます。
前回は、あの鳥居が頂上かと思ったら実は違ってました^_^;
この鳥居は8合目にあるのであった。
つまり、8合目以降から上は富士宮浅間神社の所有地。
となると、富士宮浅間神社=静岡県=8合目以降は静岡県のモノッ!!!
はははは、山梨、参ったかっ!!!
い、いや山梨の皆様す、すいません・・・



富士宮口登山道の特徴は、とにかく岩道!!ってことですな。
段差も結構あるので、杖は使いにくいし危険です、かえって。
ロープ使う場所も結構あるよ。


新7合目到着。大体タイムスケジュール通り。


3000m越すと・・・




雲が頭上ではなく、真横とか下にあるようになってきます。


山小屋の屋根を裏(?)から見ると・・・
落石による被害防止策なんでしょうね。
ところで、富士宮登山口の三大ガッカリ(?)ポイントは、
7合目が二箇所ある!!ですな。
新7合目についたっ!!次は8合目っ!!と思いきや、
実はそこは新・7合目であり、次は元祖7合目なのだっ!!フェイントっ!!
あと二つは知らん(爆)


ってわけで、こちらが元祖7合目っ!!


オヤツを食べようとしたら、パックがパンパンに膨れてます!
思わず針でつつきたくなりますねぇ~。
さらに上って8合目の山小屋に15時ころ到着、そこで宿泊しました。


私が今まで泊まった山小屋って、西穂高山荘と燕山荘。
西穂高山荘はラーメンが名物で、もちろんカップ麺じゃなくて普通に生麺を茹でた地上で食べるのとまったく同じ感覚のラーメン。
燕山荘は「泊まってみたい山小屋第一位!!」に例年輝いているような山小屋です。
本格的な珈琲と数種類のケーキバイキング。
標高2700mでケーキバイキングですよっ!!!
・・・って感じの山小屋にしか泊まったことないのですが、今回の富士山、おぉこれこそがいわゆる一般的なイメージの山小屋そのものだなっ!!って思った。
要するに、暗い狭い怖い(?)って感じ。
食事はカレーライスのみっ!!お茶は一人1杯限定っ!!朝食はパンと牛乳セット!!
寝床は大きめな押入れみたいな感じのところに寝袋並べて雑魚寝、ぎっちり!!
自分の体分のスペースしかないし、乾燥室はない、着替え室もない!!って感じですが、まぁこれが普通だったんだろうねぇ、今までは。
それはそれで楽しむ私でありました。
なにせ、トイレ無料だしね、宿泊者は。
まずは、トイレでちょこちょこっと体を拭いて明日着る用の服に着替えて、あとはメシ食って寝るだけ、でございます。
今回、天候がいまいちでもともとご来光を頂上で!的計画がまったくなかったため、私が一番山小屋で最後までうだうだしてましたな^_^;
天気といえば、富士山の天候って面白いよ!
全体的には一日目は小雨、って感じだけど遠くで雷も鳴ってた。
でも、ふと遠くを見ると向こうは晴れてたりしてさ~、一箇所で雨と曇りと晴れが存在しているのを見られるんだよね!
面白いねぇ、自然って!!


翌朝の日の出。
直接的な、いかにも「ご来光!!」って感じの日の出じゃないけど、それなりに綺麗でありました。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士登山 準備編 | トップ | 富士山登ってきたよ・2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。