УРАЧКА!!

雑文・駄文なお気楽日記です。よろしゅーに。

『LOGAN/ローガン』

2017-06-17 17:04:48 | 映画
今日もいいお天気ですねぇ・・・
いいのか、これで梅雨!?という感じでございますが・・・

で、昨日は映画のハシゴで「メッセージ」に続けてこれを見てきました。
映画「LOGAN/ローガン」予告F

X-Menシリーズの番外編?ウルヴァリンことローガンが主役。
この時代は、ミュータントはほぼ絶滅(?)しており、残ってるのはわずかでその一人がローガン、しかもかなり年くってるうえにアル中状態。
プロフェッサーもいるけど、完全にぼけ老人扱い^_^;
で、正体を隠してというかもはや誰もあんまり覚えてないよ、ミュータント状態の毎日の中、メキシコ人の女性に声をかけられる、しかも彼女は追われている様子・・・
もう厄介ごとは御免だぜ!のローガンですが、案の定巻き込まれてその後殺された彼女が連れていた少女を預かり、とある場所へ届ける珍道中に・・・

という感じかな?
ミュータントはほとんどいないし、プロフェッサーも完全危険人物扱いで、X-Menでの溌剌(?)としたヒーロー的な姿を見ることはあんまりない・・・んですが、今回R-15だけあって血みどろ度が多い、まぁ血みどろっていうか首がゴロゴロとか手足がグチャ系ですな。
人々の記憶からミュータントが消えかけていても、それを利用価値があると忘れない、最重要項目としている人々もいる、そしてそーいうのは大体軍事利用となるわけでして。
ってわけで、体外受精でミュータントを作り出しという実験をいまだにしてた連中VSローガン+少女、っていうロードムービーですな。
レオンとか思いだすねぇ、という感じ。
やむにやまれぬ事情で、本来一匹狼的な男が心ならずもわけありの子供を預かり、最初はお荷物でしかなかったんだけどしだいに心が通ういあうようになり、最後は・・・
ハイ、もう読めましたね^_^;
という感じなんですが、でも王道展開でも飽きずに見られるというか、そもそもウルヴァリン自体がキャラクターとしてすでに完成されているような感じなので、そんなに「王道展開」に見飽きずに見られましたね。
しかし、私的にはイチオシのマグニート様のその後が全く全くわからんのが気にかかりますねぇ・・・
まぁ、今回はX-Menシリーズというよりは、レオンの特殊能力強すぎるよ版って見るほうがいいかも。
それほどX-Men知識は不要です。
しかし、レオンとかと比較すると、最初からこの少女がお荷物どころか主要戦力になってる点かな?
もう生まれからして普通ではないし、さらに普通じゃない育てられ方してるので、迷いがないのです殺人に^_^;
まぁ、相手は悪人だから少女が、首ちょん切って殺そうとまぁそれほど嫌悪感はないんだけどね。
子供がこんだけおおっぴらに殺人しまくる、しかも罪悪感とかためらいが全くナシっていうのはどうかな?という気もしないでもないが、まぁこれは仕方ないか、状況が状況だしねぇ。
そもそもそういう風に育てた連中が殺されてるわけだから、自業自得だろうねぇ。
こんだけ、少女が激しいアクションするっていうのは、「キックアス」のヒットガールに匹敵するかねぇ?

しかし、これからX-Menシリーズどうなるんだろうか?
まぁ、この「ローガン」ももしかすると本来のX-Menというよりは並行世界のパラレルワールドでの話であり、それはそれでシリーズとしては別個に続くんでしょうか?
ヒュージャックマンのこれが最後のウルヴァリン的な宣伝されていますがねぇ~
しかし、プロフェッサーのパトリック・スチュワートの見事なボケ老人演技がすごかったねぇ~。
そして、X-MenシリーズではプロフェッサーXは正義で間違いしない、間違ってるように見えてもそれは計算の上で・・・って感じの味方側ラスボス(?)感がありましたが、今回のは見事なまでに判断ミス、読みが甘い、自己制御不可能みたいな「甘さ」というか弱さというか、絶対感がなくなってるところが面白いなぁ、と思いました。

しかし、ホントにこれからX-Menシリーズ映画はどうなるのかなぁ?
若い時代編で続くのか??
いやいや、でも以前の過去と未来が交錯するヤツで歴史は変わってるから変革された時代の流れでいくのか?
っていうのか、過去の映画結構忘れてるのでなんとも・・・^_^;でございますな~
まぁ、あんまり気にせずにその今の映画を楽しむ?っていう感じですな、X-Menシリーズは。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『メッセージ』 | トップ | 今川展に行ってきた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事