スロージョギングのブログ

ゆっくり、ゆったり、心身を快適に保つために暮らしの中に楽しいジョギング、スロージョギングを取り入れていきましょう。

東浪見駅~軍荼利山植物群落~洞庭湖~望洋公園~玉前神社~上総一ノ宮駅

2016年10月15日 | ある日のスポット

昨日の日記です。

JR外房線東浪見駅を降り、里山コースを散策しながら、一ノ宮町東浪見の「軍荼利山植物群落」などを観察してきました。

お天気は

東浪見駅前には、20人ほどが参集。

軍荼利山は北方系の植物と南方系の植物が同居し、特にシダ類の宝庫である。 

 

関東ふれあいの道に沿い標識に沿って10分ほど歩いた。

軍荼利山に着いた。

軍荼利山参堂入り口にはオオバヤドリギがあり、大地に落ちたヤドリギの赤い花が見られた。

軍荼利山東浪見寺に上る208段の階段下で、講師のKさんから今日の観察の本命である「シダ」の生活史の説明を受けた。 

階段沿いに生えている色々なシダの説明を聞きながら、山頂の東浪見寺に到着。

うっそうとしたスダジイなどの常緑広葉樹に囲まれていた。

 カゴノキ(鹿のバンビの肌のような木肌)

ロープに伝わって標高73mの頂上にある権現様まで登り、スダジイの極相林を観察した。

太く、長く、からみあったサカキカズラのつるに、思わず目が行った。

階段途中で、絶滅危惧種のハイハマボッスを観察。

寺を下り、軍荼利ダム付近までの道沿いの植物を観察後、

東浪見寺の薬師観音堂まで戻り、40分ほどの昼食休憩。

休憩時間中、Tさんから軍荼利明王についての面白く愉快な解説があった。

 

食後は、ゆるい坂道を洞庭湖までテクテク!

 

洞庭湖記念碑近くに生えていたホトトギスやミツデウラボシ、ハチジョウカグマなどを観察して、

 

あとはナシ畑、里山風景を眺めながら一路JR上総一ノ宮駅へ。

駅近く、駅手前高台にある「望洋公園」に寄った。

広々とした外房の海、一宮の町並みが、180度にわたり眼下に見下ろせる素晴らしい見晴台だった。

ここでSさんから最後の講義、「イヌビワとイヌビワコバチの共生」の話があった。

ちょっとした急坂を下ると、国道128号道路。

左に折れ、しばらく歩くとJR上総一ノ宮駅になる。

駅入り口で散会。

 

私たち8人ほどは、この足で「みかん大福」がおいしい「角八」に寄って、玉前神社を見学。

自宅の最寄駅まで直行の、一宮駅発15:40の快速で帰宅した。

 

初めての探訪の地、教わった諸々も初めて、たくさんのことを教わって、その印象は脳裏に刻まれているんですが、どんなことだったと個々に問われるとなかなか思い出せない。

今、探訪後自宅に帰ってブログを記している中で、今日の記憶と、撮った写真、いただいた資料をひっくり返す。

それなりに整理する。

軍荼利明王の威力で、少しは、シダなど、今日得た知識が吸収できるんでしょうか!?

軍荼利山植物群落探訪   5k
                                                      月間累計  115km

『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 稲毛海浜公園 外周2周 | トップ | 73歳 津軽海峡遠泳横断 のニ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。