精密板金の丸井工業ブログ

精密板金加工の会社を経営。丸井工業を例にして皆さんに分かり易く精密板金加工を紹介するブログ-精密板金の丸井工業ブログ

精密板金・表面処理・塗装のマスキング

2016年03月22日 | 精密板金 全般
精密板金の丸井工業

精密板金の丸井工業

―ISO9001&ISO14001取得 若さとパワーで革新を続ける企業です―

精密板金の表面処理・塗装のマスキングについて紹介します。

神奈川県 横浜市 精密板金 丸井工業(株)公式ブログです。
「精密板金について」「精密板金加工とは」など、精密板金加工全般について丸井工業の事例などを含めて紹介致します。

写真の箱(ボックス、ケース)は1.5mmのアルミ板を使って精密板金加工で作りました。アルミ板には表面処理として塗装が施されています。本体(シャーシ)と蓋(カバー)の隙間(クリアランス)は約0.1~0.2mm程度です。それぞれ表も裏も塗装をすると部分的に塗装の膜が厚くなることがあるので0.1~0.2mmの隙間では入りにくくなる場合があります。対策の一つとして本体と蓋が接する面に塗装が着かない様にテープを貼ってから塗装します。この様な塗装方法を「マスキングをする」と言っています。マスキングは金属板の塗装面だけでは無く、金属板に取付けたスタットボルト(スタット溶接についてのブログ一覧)やタップに施すことで塗装が付着してネジがしめにくくなる事を防止します。また、塗装が着くと電気が絶縁されるので電気を通したい部分にもマスキングをします。


精密板金 丸井工業 アルミケース
▲ 手の平サイズのアルミ製の箱(ケース) 本体と蓋(カバー)が組み合わさっている状態です


精密板金 丸井工業 アルミケース
▲ 一部銀色の部分(アルミの色)がが見えますがマスキングした塗装されて無い部分です 


精密板金 丸井工業 アルミケース
▲ 蓋を外したところ 銀色に見える部分(アルミ素地の色)がマスキングをした個所です 


おすすめ関連記事:精密板金の丸井工業ブログの「塗装」をテーマにしたブログ一覧

 ブログのランキングに参加しています   
   気に入った記事や参考になったと思った時は応援のポチ(コチラのバナー)→ にほんブログ村 企業ブログへ を押して頂けると嬉しいです。 
   1回のポチで1票が入ります。注)1人1日1票なので日を改めて押して頂ければさらに1票が入る仕組みになっています。

精密板金の丸井工業
公式WEB:http://www.marui-k.co.jp 精密板金の丸井工業へメールe-mail
プロモーションムービー:http://www.marui-k.co.jp/About_the_Company.html#marui_cm
Copyright(C) 2008-2016 Marui Industrial Coporation.,Ltd. All Rights Reserved.(文章・画像の著作権は丸井工業㈱に帰属。無断転載禁止)

精密板金の丸井工業
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絞りの中に作るバーリング加工 | トップ | 金属板のパネルに塗装とシル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

あわせて読む