持続的燃焼

くすぶっていれば、やがてメラメラ

Monthly report of YBR125 / Feb. 2012

2012年03月03日 | 2つの輪
この冬は極端にバイクを使用しなかった。それはすなわち、平年と比べて今年があまりに寒かったからということを示しているのだろう。絶対にけがをするわけにいかないこの季節、無理は禁物なのだ。

YBR125Kの運用記録を見ると、12月の給油は0回、1月は1回で、2月下旬になってようやく動き出したことになっている。というわけで、1,2月をまとめてしまう。
2012年1,2月は、2ヶ月で1,606km走って、燃費は42.6km/Lと、月間平均としては最も悪かった。
クラッチが滑っていたこと、その修理のため無駄なエンジンの試運転が多かったことも原因のひとつであろう。その不調の間約40km/Lが続いたことからも、それが見て取れる。
メンテナンスは、クラッチとプラグ、オイル交換とキャブのクリーニングで、クラッチ板は使用済み部品の再利用だったため、費用的には全部で1,185円であった。

あまり動かしていなかったこともあって、再始動数日は体感でも不調気味だったが、冬の間眠らせていたタンク内のガソリンがおおむね入れ替わる頃から、やっと調子も戻ってきた。タンク内の結露水分もある程度出て溜まっていたのかもしれない。

それにしてもエンジンの温度が上がらない。できれば80℃はキープしたいのだが、今でもまだ走っていると60℃そこそこにしかならず、走って風を当てるほどどんどん冷えていく。もう冬も終わりなので、これから冬囲いというのも時期遅れな気がしないでもないが、適温を得るための策は、もう少しの間、考えてみたいとも思う。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天井 | トップ | 油温管理 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。