持続的燃焼

くすぶっていれば、やがてメラメラ

フロントタイヤ比較

2016年04月26日 | 2つの輪
左が20,600km走ったYBR125無印のM62
右が18,800km走ったYBR125KのM62

こうして見ると、意外と無印のタイヤもまだ溝があるように思えるが、スリップサインの出たのは裏側になってるのだ。
やはりKのタイヤの方はまだまだ溝が深い。
あと数日あちこち巡回して、タイヤショップにたどり着く頃には交換時期になってるかもしれないな。
てなわけで、Kの剥ぎ取り市を、本日も開催中。だんだんバイクの原型が無くなっていく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前輪コンバート | トップ | ヘッドランプ外し »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。