持続的燃焼

くすぶっていれば、やがてメラメラ

Monthly report of YBR125 / Sep. 2011

2011年09月30日 | 2つの輪
YBR125の運用月報を再開する。

まず06無印について、9月は整備月間で、ステムベアリングの交換、スイングアームのオーバーホール、クラッチの交換といった作業をおこなった。また、リヤサスを社外品に交換した。費用は全部合わせて1万4千円弱。
試走した以外に走らせていないので、燃料の給油は7月以来しておらず、とりあえずガソリン代は0円。
旋回性能の回復度合いは目を見張るほどで、新車と比べても遜色はない。ただ、サスは社外よりも純正の方がやはり路面追従性からは感触が良い。まあ値段の割に容量が大きくて、寿命次第でコスパが良いかもしれないので、それに期待だ。

次に11Kについて。
8月に続き、9月も月間走行距離は5千kmを超えた。まあ8月から9月にかけて北海道に行っていたというのが大きいからだわな。ガス代は1万7千円弱。
パーツやメンテ費用としては、タイヤ1本、プラグ1本、チェーン、無印から転用のリヤホイールのハブダンパーを1組、オイル交換を2回で、合計1万3千円ほど。
Kの燃費が悪い。月間平均で43.2km/Lだった。悪かった区間の状況としては、フルパニアで走った時で、長距離であっても伸びていない。おそらく荷物の重さと、それよりも左右に張り出している空気抵抗が、より問題なのではないかなと予想している。
ただ、改善点もまだあると思うので、まずは洗い出しを先にしていかねばと思う。

すっかりKがメインになったと思ったのだが、無印の復活具合がとても良い感じなのだ。もしかしたらやっぱり無印をフィールド用にメインで使い、Kは通勤限定に控えに回すかも知れない。変なところに突っ込んでいくのに、古い方のがもったいなくないというのはある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道の駅 | トップ | フロントガード »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。