持続的燃焼

くすぶっていれば、やがてメラメラ

男子専科

2017年05月19日 | 2つの輪
ふと気付くと、左後ろのウィンカーが点いてない。この前球切れで交換してから大丈夫と思っていたのに、早すぎる。
試しに左右の玉を交換してみたら、右で点滅する。つまり球切れではなかった。
シートを外して元のコネクタにテスターを当てると、ここまでは電圧が来ている。どうやらウィンカー本体へ繋がる線のどこかで断線しているようだ。
そんなわけで茶線黒線をたどっていくと、カバーが割れているところを発見した。
もう少しソケットに近いところから切って、ここから元まで配線を弾き直し、ギボシを取り付けてせつぞーく!
ちゃんと点滅するようになったさ~。

よくよく見てみると、ウィンカー本体のプラステーに亀裂がある。フェンダーも角で割れてる部分を見つけた。ここしばらく転倒もしてなかったが、だいぶ前に激しく左側にこけたことがあったなあ。あそこの林道にまだゲートができる前だから、もう5年くらい前になるか。そんなときの古傷が、今になってついにダメになったということか。
ま、10年選手のYBR無印では、致し方無しといった感じで、諦めるしかないだろうな。
割れたところには、エポキシ接着剤でも塗り込んで埋めておくか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久々のフル装備 | トップ | みむろすぎ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
断線 (DT125R)
2017-05-20 09:06:48
 お疲れ様です。

 配線のカバーが破れ、被覆が劣化して亀裂から浸水し、
銅線が腐食痩せ破断との現象でしょうか。

 経年車両の場合、ヘッドランプ部から後方への配線束部分では、
定番の症例と思っています。
 配線そのものの、耐候性限界ということでしょうか。

 プラスチック部品の割れ補修では、赤熱させた針金を
割れの橋渡し状に溶かし込む方法があるそうですが、
まるはし屋さんならすでにご存知でしょうか。
 我が愛車のプラスチックカウルの割れ補修では、
はんだゴテ溶接を試しました。

 フル装備運行、ご無事で。
衝撃による折れ (まるはし屋)
2017-05-20 09:53:31
電線そのものの被覆は破れておらず、画像の裂け目は二本線の更に外側カバーですんで、水は入っていないと思います。
ウィンカーそのものがパックリなので、これは転倒時の衝撃でこじれて、中の銅線が切れたかなあと考えています。
外から見えないと分かりにくいですね。フレーム内のメイン配線も、衝撃に曝される事がないから劣化はゆっくりだと思うものの、もしそっちでダメな点が出たら、いよいよ覚悟が必要な気がしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。