持続的燃焼

くすぶっていれば、やがてメラメラ

テボリーズ

2016年09月18日 | どこかの空の下
江戸期の手掘り隧道に到着。ごく短いものではあるが、ちょっと気になっていたので見てみたかったのだ。
近くの県道はよく通過するものの、なかなか曲がってくるチャンスがなかった。
麓から歩いたわけではないので、時間はかかってないのだが、予想外の道ではあったな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 縦ロープ | トップ | 唐辛子味噌 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

どこかの空の下」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。