持続的燃焼

くすぶっていれば、やがてメラメラ

意外と速かった

2016年10月01日 | 2つの輪
昨日は夕方の渋滞にも並んで動かなかったし、どこもかしこも雨上がりのせいか斜面から吹き出る水で路面はびしょびしょだし、泥道は崩れてるしで、そんなにスピードは出せなかったと思っていたが、走行速度は46.9出せていた。
オイル交換してから5千、だんだん上限が伸びて6千回転頭打ちの強制リミッター作動のように感じられて、盛り上がりのないエンジンのようになってしまった気がしていたが、数字的には速くて、意外や9月の走行記録の中では一番速い数字が出ていた。まあ、アクセルを開ければ6千以上に跳ね上がる回転も得られるんだが、震動があるような感じで怖い。やっぱり素の安オイルだと出てしまうそんな粗すら消してくれるプレミアムは偉大だったってことか。
全然速く走れた気がしていなかったのだが、機械は嘘をつかないしなあ。
体感の印象はあてにならんもんだ。
コンディション的には、前後ともタイヤの溝は充分、オイルも交換したばかりと、確かにベストに近いから、これで速くなけりゃウソだわなという条件ではある。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 400はいけない | トップ | Monthly report of YBR125 / ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かぶごう)
2016-10-02 06:32:36
はじめまして。
数ヶ月前にybr125を入手して以降、時々拝見しているものです。
ybr125の長距離運用を客観的な事実で掲載されているので大変参考にしています。

そこでなのですが、第49回のオイル交換の後、結局オイル添加剤などを追加で入れたのでしょうか?

私もybr125に先月初めに全く同じオイルを入れて、始動直後の暖機運転が長く必要になったと感じており、今後どうしたものかなと思っておりましたので。
素性調査中 (まるはし屋)
2016-10-02 09:58:09
ようこそ初めまして。
同じような傾向があるとは参考になります。今のところ、まだ手を加えずに使っています。一番最初の超ガタガタも出なくなり、慣れてきたので、とりあえず千キロまではそのままで交換前後比較をしてみようと思っています。
やはり、暖まりにくいのかなという気がするので、素の状態で油温上昇を測ってから、添加剤を入れて比較したりしようと思っています。
経験的には魔の暖気油温帯を素早く乗り越え、40℃までさっと上がってくれれば、あとは70℃前後で上下してくれるとベストかなと思うのです。まあだいぶ性格が違うオイルのようなので、このオイルでのベスト油温も求めていかなくちゃいけないかなとも思ったりしています。
今週は車で出かけ始めたので、続きはまた来週の予定です。

コメントを投稿

2つの輪」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。