持続的燃焼

くすぶっていれば、やがてメラメラ

ゼンリンパンク

2017年02月22日 | どこかの空の下
トンネルの中で前を走っていたトラックから、輪留め?の短い角材が落ちてきたのに乗り上げてしまった。
空気が抜けてしまい、路肩にとめて、修理しようと思ったのだが・・・
パンク修理キットからコンプレッサーまで積んではいたものの、サイドウォールに傷があり、入れても入れてもそこからどんどん空気が抜ける。
これは個人では直せぬ。
大きいタイヤならサイドが裂けてもチューブを入れて使ったことはあるが、今時のこんな小さいタイヤ用のチューブなんて、そもそもあるもんだろうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪道 | トップ | 雪斜面 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

どこかの空の下」カテゴリの最新記事