持続的燃焼

くすぶっていれば、やがてメラメラ

上がりにくいのか冷えやすいのか

2016年10月01日 | 2つの輪
かなーりハイペースで走っても不安でなくなってきたので、夜帰りで出かけてみた。
それでも70℃台に乗ることなく、終始油温は低め推移だった。
エンジン始動して30℃台に上がるまでは、ちょっと不安定で、そこの時間が長い感じだ。早く温度が上がるようにした方が良いかもしれない。
冷えやすいのは良いことだが、最初のこの不安定温度域は早く通過してもらいたい。
幸いハイギヤードなスプロケ選択と、ちょい太めで外径も大きくなっているリヤタイヤの効果で、高回転まで回すことなく必要な速度は出るので不便はしなかったのだが、強制的6000rpmしばりの慣らし運転みたいな走りをしてきてしまったな。
回らないと、それはそれで不満感がくすぶってしまう。ホントにオイルによってエンジンの性格が変わってしまうもんなんだなあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青空 | トップ | 400はいけない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2つの輪」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。