持続的燃焼

くすぶっていれば、やがてメラメラ

スズメバチパワー

2017年08月17日 | 2つの輪
結局再び雨になった。
4時間くらいずっと激しい雨の地域を走り抜けて、やや細かい霧雨が流れる程度の雲の下にたどりついた。

今日は朝から日付が変わるまで走ってきたけれど、なんか全然疲れていない。ちょっと街まで出かけてきた程度にしか感じられない。まだまだあと500㎞くらい走ってきても大丈夫な気がする。
これがスズメバチの力だよ。
VAAMの煽り文句でスズメバチは一日100km飛ぶとかなんかそんな事が書いてあった気がするが、バイクで1000kmも楽勝に思えちゃう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雲から抜けた | トップ | 新品タイヤの威力 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
蜂の子と視界 (DT125R)
2017-08-17 17:45:08
 お疲れ様です。

 でも、お疲れではなさそうですね。
 雨天での夜間走行は、私にとって難儀なのですが、
まるはし屋さんはシールドやゴーグルにどのような
対策をされておられますか?
 私は、シールドの水滴を拭うのが間に合わない状況では
シールドを上げ、ヘルメットバイザーと車体の風防の間から、直接水滴のない前方視野を確保しております。

 また、我が家にも危険を感じない程度のスズメバチが
来るのですが、蜂の子を獲って生食するにはウィルスなどが
気になります。
 蜂の子は生食に限るのでしょうか?
無対策 (まるはし屋)
2017-08-18 08:20:04
激しい雨はなんともならないですね。曇り対策もしていないので、隙間を空けて風を入れたり、シールドがひさしになるような角度で半開きにしたりです。
ガラスにシリコンコートして小さい水玉でも完全にコロコロ流れていくようなのが、材質を傷めないなら樹脂シールドにもできると良いなと思ったりします。

蜂の子から何かに罹ったという話は聞いたことが無いので気にしていません。何か奇病でも発生したら材料として献体するくらいの感じでいます。
独特の味はあるのですが、美味しいとは思えないので、美味しく食べるには、醤油や味醂での味付けが良いのではと思います。でも、何かしらスゴイ成分を摂るためには、熱変性させないよう生かなあと思ったり、どうせ胃酸でダメになるなら無駄かなとか、どっちが正解かよく分かりません。
手でつまめるサイズは生で、中小雑多なのは味でからめて炒ったりにまとめてしまいます。

加齢による杞憂 (DT125R)
2017-08-20 08:36:59
 ありがとうございます。

 結果的には無事故で距離を重ねて来れたのですが、
近年、危険要因を無視できなくなってきております。

 晴天時にすれ違うオフロードバイク乗りよりも、
降り続く雨の中ですれ違う者に、思いを強くするのは
物好きなる所以でしょうか。
 まるはし屋さんのように、業務利用の方には敬意を
表します。

 我が家に来るスズメバチは、花の蜜をなめていることもあるのですが、
彼らの主食を思うと、生食は避けたいと思いました。

コメントを投稿

2つの輪」カテゴリの最新記事