27motorsports & MaruhaMotors Blog

27モータースポーツ&マルハモータースが送るチューニング情報ブログ。

PW もう少しで入荷します。

2017年04月14日 | Weblog

桜満開で、本当に気持ちが癒されます。

MARUHAの工場脇に数年前に植えた小さな枝垂れ桜も、今年は花をしっかりと付けました。
 

常に騒がしい工場ではありますが、桜が咲いてくれると、少し落ち着きが出るような気がしますね。

        _____________________________

さて、パワーウィンド(PW)のお話。

 

こちらの商品はお陰様で大人気商品となっておりまして、現在右側のみ欠品となっております。

次回の入荷は今月末頃を予定しております。すでに何件もBOを頂いておりますが、もう少しだお待ちください。お待たせして申し訳ございません。

MARUHAのPWは、兎に角動作が速い。 シューっと軽く動くのでどなたも驚かれます。ストレスがないのがいいですねぇ。

降下動作は約4秒。上昇動作は約5秒。

また、新品モーター組込済ですから、作業も大幅に短縮できます。

MAZDA純正品は、レギュレーター(ワイヤー側)とモーターは個別販売。ASSYの設定はありません。
どちらを買っても、結局組み込みをしなくてはなりませんが、これが手間。そしてユーザーにとっては”工賃”というコストアップになります。

また、MAZDAのレギュレーター+モーターのパーツ単品合計 MAUHAのPW単価

MARUHAの製品は圧倒的に安いのです。 

そして、結局MAZDA純正品は遅い。モーターまで新品に交換されたもMARUHA製PWのスピードには追いつきません。

MARUHAにはガイドカラーも設定がありますので、これも魅力です。

           ______________________

丁度良い機会なので、このカラーも少し説明しておきます。

カラーの設計は単純形状に見えますが、何度も試作を作って検証を行いました。

カラーが無いと、ガラスを中間位置にした時にガタガタと揺れがてしまいます。残念ながら大多数のNA車両はこんな状況です。

 
 

実際、ガラスを外せば、ほぼ殆どの車両はこのカラーが破損しており、砕けたカラーの残骸が落下している有様です。

そして、たとえ残っていたとしても、大きく変形しています。
 

この変形について、凄く疑問に思ったのです。なぜ変形してしまうのか?

結論は、”回転”にあります。

ガイドレールの中で、クルクルと回転をしていないのです。

ズッズぅーと引きずられているのです。微妙に湾曲しているガイドレールの内側で引きずられるカラーを想像してみてください。単なる抵抗に過ぎません。

だからこそ、回転を意識して設計をしました。

ガラスを上下させる際に、クルクルと回転をなるべくさせるような寸法に仕上げております。

これが、きつい寸法になると回転をしません。これではPWの速度を低減させてしまいます。

ガイドレールはプレスで作られていて製造の個体差もあります。どのレベルで寸法を決めるか?が検証のポイントでした。

小さな部品ではありますが、結構時間が掛かった思い出があります。

   ___________________

皆さん、ぜひ使ってみてください。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新型4連インジェクションキ... | TOP | Brembo キャリパー NA/NB用ナ... »
最近の画像もっと見る

Related Topics