27motorsports & MaruhaMotors Blog

27モータースポーツ&マルハモータースが送るチューニング情報ブログ。

Brembo キャリパー NA/NB用ナットアダプター 

2017年04月27日 | Weblog

大型連休前で、にわかにスケジュールがよりタイトになってきております。

1分でも、10分でも効率よく仕事をしたいので、どうしても大事な情報コーナーであるブログが後手になってしまいます。

楽しみにされている方には、申し訳なく思います。

________________

先ずは、近況の1段目。

 

大人気のエアコンから。

現在欠品中で、次回入荷を首を長くして待っている状況です。ところが時期5月下旬入荷分もすでに全点引き当て済で、すでに完売の状況です。

その次の6月~7月頃入荷予定分も徐々にご予約の引き当てが始まっております。

大変ありがたいお話です。

エアコンに関しては、全世界中で確実にNA・NB用で対処できるのはMARUHAだけです。”確実”と言ったのは、完全キットだからですね。 

コンプレッサーがだめだから、じゃぁそこだけリビルトで交換。・・・これでは不完全なのです。 また、壊れます。

全ての部位を完全交換・・そして格安。 だからこそMARUHAのエアコンが注目されているわけです。

____________________

では、第2段目。

ND用のBREMBOキャリパーをしっかりと今後も展開していきます。

ND1.5Lの方にもちろん、無加工で装着が可能です。

従来の汎用BREMBO製キャリパーはとにかく高価。 しかし純正採用してくれたお陰で本当にリーズナブルな金額になりました。 純正パッドや専用ローターはまだ少し高い金額ですが、ここもMARUHAオリジナルパッドの開発を進めてすで設定済。

様々なバリエーションを設定しておりますので、以下SETパーツ項をご参考ください。

ND1.5ユーザー様には是非お気軽にお問い合わせをお願いいたします。

_______________________

それでは本題。

このBremboキャリパーがNA・NBでも使えることはすでにWEBブログでお伝えしている通りですが、少し加工が必要なのです。

ナックル部のキャリパー用穴の拡大加工。加工には一旦ナックルを取り外し、機械加工をする必要があります。 手間=工賃にも反映されます。

これを解消するために、Bremboキャリパー側のアダプターナットを作り替えました。

 

 

素材はステンレス。

セレーションの設計も慎重に行いまして、しっかりとキャリパーに食い込む形になっています。

正確な作業が要求されます。

 

右がBremobo製のアダプターと専用ボルト。(ND用)

左がMARUHAオリジナルと専用ボルト。(NA・NB用)

正式な販売は、5月~6月頃を予定しております。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

PW もう少しで入荷します。

2017年04月14日 | Weblog

桜満開で、本当に気持ちが癒されます。

MARUHAの工場脇に数年前に植えた小さな枝垂れ桜も、今年は花をしっかりと付けました。
 

常に騒がしい工場ではありますが、桜が咲いてくれると、少し落ち着きが出るような気がしますね。

        _____________________________

さて、パワーウィンド(PW)のお話。

 

こちらの商品はお陰様で大人気商品となっておりまして、現在右側のみ欠品となっております。

次回の入荷は今月末頃を予定しております。すでに何件もBOを頂いておりますが、もう少しだお待ちください。お待たせして申し訳ございません。

MARUHAのPWは、兎に角動作が速い。 シューっと軽く動くのでどなたも驚かれます。ストレスがないのがいいですねぇ。

降下動作は約4秒。上昇動作は約5秒。

また、新品モーター組込済ですから、作業も大幅に短縮できます。

MAZDA純正品は、レギュレーター(ワイヤー側)とモーターは個別販売。ASSYの設定はありません。
どちらを買っても、結局組み込みをしなくてはなりませんが、これが手間。そしてユーザーにとっては”工賃”というコストアップになります。

また、MAZDAのレギュレーター+モーターのパーツ単品合計 MAUHAのPW単価

MARUHAの製品は圧倒的に安いのです。 

そして、結局MAZDA純正品は遅い。モーターまで新品に交換されたもMARUHA製PWのスピードには追いつきません。

MARUHAにはガイドカラーも設定がありますので、これも魅力です。

           ______________________

丁度良い機会なので、このカラーも少し説明しておきます。

カラーの設計は単純形状に見えますが、何度も試作を作って検証を行いました。

カラーが無いと、ガラスを中間位置にした時にガタガタと揺れがてしまいます。残念ながら大多数のNA車両はこんな状況です。

 
 

実際、ガラスを外せば、ほぼ殆どの車両はこのカラーが破損しており、砕けたカラーの残骸が落下している有様です。

そして、たとえ残っていたとしても、大きく変形しています。
 

この変形について、凄く疑問に思ったのです。なぜ変形してしまうのか?

結論は、”回転”にあります。

ガイドレールの中で、クルクルと回転をしていないのです。

ズッズぅーと引きずられているのです。微妙に湾曲しているガイドレールの内側で引きずられるカラーを想像してみてください。単なる抵抗に過ぎません。

だからこそ、回転を意識して設計をしました。

ガラスを上下させる際に、クルクルと回転をなるべくさせるような寸法に仕上げております。

これが、きつい寸法になると回転をしません。これではPWの速度を低減させてしまいます。

ガイドレールはプレスで作られていて製造の個体差もあります。どのレベルで寸法を決めるか?が検証のポイントでした。

小さな部品ではありますが、結構時間が掛かった思い出があります。

   ___________________

皆さん、ぜひ使ってみてください。

 


この記事をはてなブックマークに追加

新型4連インジェクションキット好評です! 

2017年02月07日 | Weblog

2017年 早くも2月に突入ですが、これが1発目のブログです。

大変後手に回っておりますが、ブログのメンテ時間がなかなか取れません。

他SHOP様は大変マメに更新されておりますが、頭が下がります。 

 

情報発信は大切ですね。分かってはいるのですが...ますは出荷や工場作業を優先しなくては。

    ________________________

なにかとNDに話題が行きそうで行かないMARUHAでありますが、

お陰様で、NA・NBの入庫が絶えません。

全国から多くのユーザー様にご依頼を頂いております。皆様、本当にありがとございます。

 

DOHCの奏でる吸気音、そこには男のロマンがあります。と勝手に思っております。

 

エンジンチューンの極みともいえる4連インジェクションキットが2016年から正式にリニュ-アルされて

WEBで紹介をしております。

これもまだサボりがありまして、NB用も設定がありますので、是非NBの方もお問合せください。
   ________________________

さて、出荷がなかなか間に合いません。

大量に予約が入るものではありませんが、現在でも何人かの方にはお待たせ頂いております。

急ぎますので、今しばらくお待ちください。 申し訳ございません。

一生懸命に出荷準備しております。

 

新型はベンチュリが装着できて、排気量やエンジン仕様に合わせたセッティングがハード面からも行える仕様になっています。

これは今までになかったもので、チューニング仕様をより複雑化することにもなりますが、より適正化にもつながり

従来のスロットルサイズの変更余地をベンチュリでカバーする手法です。

また、各部フィッティングの見直し(ANフィッティングを使用)、ショートタイプのスロットル、など

随所に画期的なデザインで新しいアプローチを試みた内容です。

 

本格的なパワー狙いには50mmサイズ・バージョンも容易がありますので、サーキットでの1番時計を狙われる方には

検討に値するアイテムと考えます。

  ________________________

ECUのセッティングなどもありますので、簡単に扱えるものではありませんが、

是非、極みを求める方にはご一考頂きたい渾身のアイテムです。

 


この記事をはてなブックマークに追加

単なるシートカバーなのか?

2016年12月25日 | Weblog

技、匠、伝統。

世の中には、長く大切に使ってもらえるモノが一杯ありますが、私どもMARUHAから販売させて頂いた製品も長く、永くお使い頂けたら

やっぱり嬉しいです。

特にNA系はノスタルジーの領域に大きく入って来ております。 自分たちが組んだエンジンや幌や、その他多くのアイテムが色あせること

なくお客様の大切なNA・NBを中心にこれからも大切に時に力強く性能を発揮できれば、有難いことです。

マルハモータースは父の代からの操業になります。 設立1955年。

すでに60年以上の伝統のある整備工場です。

2016年ももうすぐ終わり、今年も本当に早く駆け抜けたような気がします。”時間が足りない”といつも焦って仕事をしています。

あれも、これも、やりたいこともまだまだ沢山ありますが、一つ一つ大事に手掛けて製品化に漕ぎつけております。

2017年は同様に頑張り続けることで伝統の62年目を迎えるに年に過ぎません。 2018年も同様です。

今できることをしっかりやる。 これ以外にないのです。

  _________________________

さて、シートカバーのお話です。

2016年は、アクセサリー系アイテムにチャレンジした年でした。

安いシートカバーは沢山あります。 そもそもカバーなんて、汚れ対策程度で安いもので十分だ。って皆さん思ってますよね。

だから、薄く柔らかい生地でストレッチを利用して安く作ります。中国製も大量にあふれています。

フィット感は良いものになります。だって薄くて伸びるから。採寸や縫製もそこそこで対応できます。

けれども、持たない。薄くてそもそも耐久性のない生地だから。

CABANAカバーはしっかりした生地でフィットさせる様に作られています。

しっかりした生地だから、シートカバーというよりは上着的な感覚。

フィットさせるために採寸・縫製を徹底的にやります。 梱包に至っても、傷・跡が出ないように慎重に行われます。

この質感は実際に触って頂ければお分かり頂けます。

取り付けには少し時間と手間が掛かります。

パツパツの寸法なので、じわじわと入れ込まないと装着できません。 スっとは被せらないのです。

この手間感は一般カバーには無い、ひと手間と言えます。

弊社オフィスに実際にディスプレイしております。 触ってください。そして座ってみてください。

  _________________________

12月末まで10%OFF。そして取り付け工賃サービス、と大奮発のSALE期間を利用して多くの皆様にCABANAをお使いいただいております

 

 

傷んだ純正シートをカバーを使って、仕上げていきます。

 

汚れているところは、どうせカバーで隠れてしまうから。と言わずに303ケミカルでまず丁寧にクリーニングとコーティング。

エアロスペースプロテクタントは、紫外線対策を重視した樹脂・革系に優れた保護効果を発揮します。

そしてカバーを被せれば、安心できますね。

 

 

カバーをかけた後のサイド樹脂カバーにめり込む感じもよく採寸されている証です。

一見カバーに見えません。

 

ベーシックモノの黒ベース・赤ステッチ。サイドサポートの破れも何処えやら。

 

センターチェックもカラフル感が出て、内装が一新します。

 

2017年、エンジンもしっかり作ります。シートカバーもしっかりと取り付けます。

幅広くアイテムを広げ、NA・NBをしっかりサポートできればと思います。

もちろん、NCもNDも頑張りますよ。

 


この記事をはてなブックマークに追加

ブレンボをNA・NBに付け(先行数名特別対応)

2016年12月17日 | Weblog

毎年この時期のTV宣伝で不思議に思うのが、スタッドレスタイヤの進化。

随分昔から、5%向上、10%向上、と謳い続けられてもう何年になるのでしょか?

今やさぞかし、雪道でも強烈に止まれる性能になっているのか、と思うほど毎年進化している・・・のでしょうね。たぶん。

さて、止まる関連でのお話です。

ND用にブレンボ製ブレーキが設定されました。 ND1.5Lの方には良いチャンスです。 


勿論MARUHAでもお手伝いいたしますので、是非お問合せください。詳細ページも近々UP致します。

在庫も既に確保済みですので、どうぞお気軽にお問合せください。

_________________

さて、今日はNA/NBに取り付けるお話しです。

そんなに単純に付きませんが、そこはMARUHA。すでに各寸法をチェックし取り付けKITを発売開始の予定です。

 

車両はNB6。 標準ブレーキはNA8と同じです。



美しいREDカラーが映えます。
ラインはBREMBO用に設定した専用スーパーロックブレーキライン。

ホイールを選んでしまう点は仕方がありませんが、レイズ28では見事に15インチサイズでクリアです。



ローターもBREMBO製です。

 

 


リヤについては、MARUHAの大型ローターコンバージョンキットを使います。

キャリパーは再使用ですが、ローターはNB8(後期)用で274mm。

BREMBOとのバランスもとても良いです。

数名にはなりますが、限定的に取り付けキャンペーンを行いますので、ご興味のある方はメールでお問合せください。

NAの方、NBの方、NDの方、問いません。

メール : info@maruhamotors.co.jp

*お名前
*ご住所
*電話番号
*型式
*ホイール種類・サイズ

を必ず明記ください。
_______________

通販では、まだ対応できませんのでご了解ください。


よろしくお願い致します。


この記事をはてなブックマークに追加

ケーターハム スーパー7

2016年12月08日 | Weblog

イギリスのライトウェイトスポーツカーの原点ともいえるスーパーセブン。

チャップマンが学生時代に設計したといわれるローターススーパーセブンがまさに”原点”だと思います。

ライトウェイトとは、走りに対する無駄な部分をなるべく排除した、走る原型的な車をいうのだと思うのです。

”軽い車”という単純なものではなく、走りに対する熱意が見えてきます。

私たち兄弟は、このイギリスのスポーツカーが大好きで、昔は互いにクラシックMINIをレストアしたり、エンジンチューニングを楽しんだ

り、イギリスにも渡って各所のショップにも行きました。

イギリス・コベントリーのポールマティーさんの処にも行ってスーパーセブンを購入し、日本に輸入もしました。

その車はまだ当社ユーザー様が大事に乗られています。

もう25年くらい前のずいぶん昔の話です。

  _______________________

さて、最近1995年式のスーパーセブンが入庫しました。

エンジンからはオイル漏れがあちこちから発生。オイルパンも強かに打ち付けられていますので、一度エンジンを下してリフレッシュしま

しょうかとのご提案に快諾頂き、いざ作業です。

 エンジンは上から抜き出します。

 まぁ、うまいことスペースが取られていて、ギリギリですが抜けるようになっています。

 

 ボコボコのオイルパン。

何度もヒットしています。 これはきついなぁ。

 

各部をリフレッシュして搭載。

今回はエンジンOHまでは行きませんので、仕事も早い。

しかし、これからまだまだ走れるコンディションに仕上げました。

OHVのエンジンは今の時代には見ることはまずありません。こうしたクラシックスポーツカーが楽しめるのはいつまで続けられるもので

しょうか?

今日はWEBERをOHして、ファイヤーの予定です。

 


この記事をはてなブックマークに追加

点火系の確認はどうやるの?

2016年12月02日 | Weblog

NB8後期からはロードスターにもダイレクトイグニッションコイルが使われる様になりました。

当時としても、かなり遅れた技術採用という事になりますが、ベースが汎用的なエンジンですので、そこはご理解ください。

さて、このダイレクトコイル、意外にトラブルことをご存知ですか?

*パワーが出ない・・

*アイドルでバラつく・・

*プラグの焼け具合が気筒で異なる・・

なんて方は、疑い対象アイテムです。
 _____________

さて、肝心な診断です。

大変良い参考例がありますので、紹介します。

 < アウディ V8 >

大変豪華で迫力のあるエンジンです。

ダイレクトコイルは全部で8個もあります。

NB8は1つのコイルで2気筒を負担しますので、4気筒エンジンですが、コイルは2個です。

アウディV8エンジンは各気筒にコイルを配しますので、8個。 

そして、この中で1個が失火。

エンジンは微妙にバラ付き、警告灯が点灯です。  

放置すると、未燃焼ガスを過大に排出し触媒を傷めます。

更に大きな出費になります。



さて、8個の中からどうやって1個を割り出しますか?

1)
まずは当然、診断機。 ダイアグノーシス。
これで、ECUのメモリーから不具合箇所を割り出します。

2)
次に、オシロスコープでコイルの点火波形を確認。

なんだか、自動車工学誌的な趣ですが、これが順当な方法。
  ________________

波形を比較しながら失火気筒を割り出し、かつ全体の劣化具合も判断します。

NGになった気筒を割り出すことだけが目的ではありません。

  ______________

診断機、オシロスコープ、 どれも安くはありません。

しかし、こう言った設備や器具に投資をすることは整備上、とても大事であり避けて通れないのです。

部品交換で結果オーライ的な仕事では、なかなか前に進めません。

 


ロードスターのNBも同じ仕組みです。

 


この記事をはてなブックマークに追加

DUCATI DIAVEL パワーアップ

2016年11月15日 | Weblog

株式会社27モータースポーツは、(有)マルハモータースと同じ敷地内にある姉妹会社。

27モータースポーツはMARUHAとは異なる車種展開をする中でも、設備を共有し同じ方向性を目指しています。

社内設備には、2輪用のダイノが完備されています。

完全防音室内にあり、一般には公開されていませんが、この部屋でじっくりと2輪用のECUの開発が進められています。

    ___________________________________

今日はその一環として、DUCATIを取り上げてみます。

試験車両は2013年モデルのドゥカティ ディアベル。 2気筒1200CC 電子制御モデル。

ECUは三菱製のMELCO。

DUCATI市場では有名な話ですが、日本仕様とイタリア仕様があまに大きなエンジン出力の差があります。

この差を埋めようと、さまざまな手法でアプローチが掛けられています。

*海外仕様のECUを移植。

*海外からのチューニングチップをECUに上書きする

など、ちょっと乱暴な面もあります。

一方で日本国内では、MAP解析を積極的に取り組むSHOPさんは少ない様子で、このあたりが海外製品にユーザーが飛びついてる

背景にも思えます。

27モータースポーツはDIM SPORT社(イタリア)の日本総代理店を務め、主に4輪をメインにECUチューニングがモジュール(RAPID)

の展開を推し進めておりますが、この器材を使い2輪も網羅できるのです。

そして、その対象車種にDUCTIも含まれている訳です。

勿論、他にも多くの2輪が適合しています。

 ________________________________

さて、グラフを見てください。

6000rpm辺りから、出力がガクンと落ちています。

これが日本仕様。

騒音規制などの結果と言われていますが、日本仕様はマフラーも変更され、排気系には中間にフラップバルブも取り付けられています。

大きく出力を抑えられているMAPを見直し、それを解放してあげると。

こんな感じに変わります。

立ち上がりから中間域までは同じ曲線を辿ります。

6500回転からがイタリアエンジニアが求めた本来の姿がそこにあります。

マフラーなどの排気系は純正品のままです。

 _____________________________

ネットを見ていると、規制されていてもかなり速い、パワフルなDIAVELにこれ以上の出力が必要あるのか?と

疑問視する声もあります。

エンジンのポテンシャルを求めているわけで、必要にして十分との生活感を問うのであれば、それは議題が異なるのです。

DUCATIのエンジニアが求めた、2気筒L型エンジンが発せられる強烈なパワーがそこにあるのです。

MAPを見ていけば、何が制御され、何が変更されているのか、それを見極めることができます。

ご興味のある方は、お問い合わせください。

特に2輪SHOP様からのお問い合わせをお待ちしております。

弊社ではECUチューニングのサポートや、2輪用ダイノ(リターダー装着)もサポート対象です。


この記事をはてなブックマークに追加

MARUHAオリジナル ストレートブレスバー

2016年11月09日 | Weblog

海の向こうのUSAでは、トランプさんの大逆転劇が起きました。

博多の駅前は大きな陥没が起きました。

世の中、何が起こるかわかりませんが、MARUHAはMARUHAにしかできないことを頑張るのみです。

これが大切なことだという事はわかります。

様々なアイテムを出し続けることで、一人でも多くの方にロードスターを楽しんでいただきたいと思う次第ですね。

さて、今更にはなるのですが、NA用に作りましたオリジナルストレートブレースバーを紹介いたしましょう。

始めてブログで紹介をしますので、新商品と言えますが実はすでに当社ユーザー様には提供をしておりましたが、怠慢な広報部隊が

なかなかWとEBで取り上げなかったのです。

従い、工場内としては、”今更?”と呆れられていますが。

  ___________________

さて、詳細を。

両端のプレートは4.5mm厚のスチールプレートをプレス加工した堅牢な作り。

中央のストレートパイプは、ロールバーで使われている冷間引き抜き材。軽くて丈夫な材質です。

 

NA6にはNA8の様なブレースバーはありませんので、まずは剛性UPに一役。

NA8用の純正ブレースバーは独特の細く湾曲した形状で、融通が効きにくい。

特に、4ポイントロールバーでは干渉したり、あるいはシートベルトのショルダー部アンカーとしては使いにくい面もあります。

当社推奨のSIMPSONベルトは肩側を巻き付けるタイプで、アイボルトは不要。

巻き付けるので、左右スライドは自由。

どんなシートでも、確実にヘッドレスト後方から真っすぐにベルトを引き出すことができます。

 

NBの方でもお使いいただけますので、ご安心を。

ただし、NB用のエアロボードとの併用はできませんのでご理解ください。

価格は税別¥18、000です。

是非、ご検討ください。


この記事をはてなブックマークに追加

CABANAシートカバー 10月より 発売開始 10%Off SALE

2016年10月05日 | Weblog

2016年10月初旬、いよいよCABANA・MARUHAのコラボレ―ションシートカバーが販売開始となります。

ラインアップの詳細は専用WEBページをご覧ください。

満を持してお届けいたします、高品質でクール&スポーティな新しいシートカバーです。

ラインアップの一部が↓です。

Type A サイドダブルライン
Type B センターチェック
Type C ベーシックモノ (単色) 

  

また、TYPE-C ベーシックモノに限り、他カラーの対応をオプション設定しています。
 
スピーカー部はパンチング素材が不要であれば、全体の一色統一化は勿論可能です。
シックなチョコレートブラウン、パシフィックブルーなど、落ち着いたカラーもご用意できます。



豊富なカラーバリエーションがございます。 
右上側のグループがパンチング素材です。
シックで落ち着いた色合いで仕上げても良いですね。

このブログでは先行インフォメーションとして、発売開始記念の10%OFFセールをご案内いたします。

対象は、NA6、NA8、NB前期、NB後期の全てとなります。

NCにつきましては今後計画的に生産を実施していきますので、今しばらくお時間をください。

目下、CABANA九州工場にて、順次量産に入っております。

NB後期までの全商品が揃うまでにもう少しお時間が掛かりますが、どうかご理解ください。

また、各アイテム毎に数セットの在庫管理となっておりますので、SALE売り切れアイテムにつきましては、順次追加生産となります。

その際には通常3週間~の日数が掛かりますこと、どうかご理解をお願い致します。

簡単な詳細は以下の通りです。
_____________________

CABANA・MARUHAロードスター用純正シートカバー発売記念SALE

1)全商品10%ディスカウント (送料は別途かかります)

2)対象・NA6 NA8前後期 NB前後期

3)期間 2016年10月~12月31日受注分
________________________

<注意事項>

1)純正シート専用のカバーです。

2)純正シートには種類があります。中古車でご購入の場合は現状装着シートが変更されている場合があります。
  確定ができない場合は、このページをご参考ください。

*NA用のシートの見分け方
*NB用のシートの見分け方

3)在庫売り切れの場合はSALE価格にて受注致しますが、納期に少しお時間が掛かりますのであらかじめご理解ください。

_________________________

<ご注文に際し>

*フルネーム
*郵便番号
*ご住所
*電話番号
*車種・型式 (例・NA6)
*純正シート形状 (例・NA6用)
*ご希望のアイテム番号

以上を必ずメールか電話でお伝えください。
_________________________

2016年秋のMaruha新アイテムです。

是非よろしくお願い致します。

 


この記事をはてなブックマークに追加