阪神生活:ジョージの視点
可愛さ余って憎さ300倍 だけどマイナス思考はしばし封印 今年は育成イヤー 3位なんて狙ったらアカン
 



初回に先制した試合で3連敗中。しかし今日は初回先制後も2・3・6回と得点かさね5点差を持って魔の7回へ。横浜・広島相手なら楽勝もヤクルトは簡単に勝たせてくれないばかりかナント6点取られて逆転喫す。藤川がいたとしても本来8回登板のピッチャーだから他の中継ぎのレベルが低すぎるというだけ。唯一の後悔は6回の無死満塁で1点しか取れなかったことか。中盤~終盤でとどめを刺したという試合は殆ど無い今年の戦い。

だがこのまま勝っても特に収穫のない試合。点差はまだ1点、この信じられない惨状から再逆転して勝てばチーム力もアップするというもの。9回四球と暴投で無死2塁となったが追い込まれている浜中は外角落ちるボール球にバット空を切り何も出来ずに最終打席を終了。続く鳥谷は追い込まれるまで強振もボールを見極め、勝負球の外角落ちるボールを巧いバットコントロールでレフト前に持っていき金本を還す。この状況で同点打の鳥谷は経験値がUP。更にチーム力を上げるにはここで失敗覚悟の盗塁かそれがあまりにリスキーならエンドランは仕掛けないと成り行き任せではまず勝ち越し点は取れないケース。ここで岡田はバントを選択。2死2塁として藤本或いは桧山に掛けたか。どちらかが打てばそりゃ勝ち越すんだけど何とも明るい未来のない戦法を選んだものだ。結果、藤本は鳥谷が打ったよりももっと甘い球を引っ掛けてしまいセカンドゴロで同点どまり。

9回裏はウィリアムス。よく分からん起用だがもう好きにせい。初球から8球連続ボール、ストレートの四球3つを含む4四球でサヨナラ自滅。

これで初回先制試合4連敗。昨日のように先発引っ張っても傷口広げ、今日のように早めの交替も失敗。中継ぎはずーっと失敗。かつて12球団1ともいわれた投手陣もグダグダ中のグダグダにしてしまった。そしてウィリアムスもハシモトもおかしくしつつある。今後、自然に虎党の怒りはあのトラフグに向かうであろう。何より球界の宝・藤川を壊し、投手陣全体もグチャ×2にしてしまったのだから。

さて2位も危なくなってきた。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )



« 8/17 大阪D●1... 8/19神宮○10-4... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
お家芸~8月18日・阪神対ヤクルト15回戦~ (2×2+1)
 こーゆー馬鹿試合は、今シーズンのヤクルトのお家芸
 
 
 
#1362 「ノーコン投手」に試合を壊されました(怒) (続「とっつあん通信」)
中日が勝とうが負けようが引き分けようが とにかくいまは勝利を積み重ねるしかないタ
 
 
 
あ、悪夢や・・・ (【よっちんのひとりごと】)
馬で言ったら“夏負け”でしょうか? ここのところ、非常に無理をしていたので 免疫力と気力が落ちてました。 追い討ちをかけるように、 中日戦連敗と皮膚の炎症。。。