リーマンの鯉釣り日記

鯉釣りを始めて、もうかれこれ30年、鯉釣りが好きなんですと言える気持ちを持ち続けていたいです。

4月の櫛田川 Under Water

2017年04月23日 | 鯉釣り日記
土曜日は自治会の総会とその準備で、久しぶりの土曜休日がゆっくりできず。
自治会の総会は予想以上に呆気なく終わって,日曜日は10時以降用事があるので,早朝の6時から2時間の勝負を地元の櫛田川に出かけました。
田植えの影響で佐奈川からの濁り水が本流に流れ込み、本流の色と明らかに違う水の色が印象的でした。

今回初めて櫛田川で水中カメラを使い、under water動画を撮影しました。水の濁りの影響でクリアーな動画は得られませんでしたが,鯉が餌を食う瞬間も撮影でき一安心でした。
魚は跳ねていないものの、活性はあると考えられ,問題は産卵が一度終わった状況なので,そのタイミング的なところが影響してくるようです。この時期は,5月のゴールデンウイークまでは喰って来る時期で,それを過ぎると、ぴたっと喰いが止まるのがこの河川の特徴で,特にこのポイントでの傾向でもあります。

カメラのバッテリーは3時間半くらいは持つので,早朝の2時間なら余裕が有ります。竿は2本で,30m沖と20mラインに投入し,ゆっくり車中で自前のモーニングです。トーストと温かいコーヒーが飲めるのが楽しみで,ゆっくり朝刊を読みながら当たりを待ちます。

静かに待っているときでも,カメラには鯉が寄って来ているのが映っています。



至近距離からですので,迫力を感じます。手前からも近づいて来ていますが,当たりは有りませんが,活性はありますね。しかし、水中の様子を観察できてそれもわかります。


明らかにえさを食っている状況です。鯉に混じって、真ブナも何度か餌の廻りを行き交って、餌を喰っています。


ちょうど朝刊も読み終えて、8時に納竿する前に何とか当たりをと思っていますが,時間だけが過ぎて行きます。7時半過ぎに突然バイトアラームの音にびっくりします。カメラを付けた竿に当たりです。
車から堤防の斜面を降りて,葦の中を長靴で歩いて行かないと釣りざまでたどり着けないので,少し時間がかかりますが,鯉は沖に向かって走っています。型は大きくないのは、何となくバイトアラームの音からも推測できます。引きを楽しみながら、動画が楽しみにできそうなので,慎重にやり取りします。


水の色に同化して少し濁った水の色のような色をしていますが,元気な引きを楽しませてくれます。


優しくネットインです。

型は小さい70cmクラスでしたが,初めて水中での当たりを動画に取れたことが一番の収穫でした。

8時に納竿し、次回には何とかサイズアップしたいものの,このポイントではメーターオーバーは期待できないので,何とか90cmクラスを喰わせてみたいものです
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月上旬佐奈川 | トップ | 4月最後の櫛田川 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鯉釣り日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。