徒然なるままに

人は一人で生きているのではない、みんなの愛の支えで生きていけるのです。
だから生ある限り、周りの人を愛していきたい。

朝倉市秋月町の石橋を訪ねて

2009年10月20日 | 石橋探訪
日曜日でした、石橋を見に行くというと、家内は付いてきません。秋月の観光ということで、連れ出し
ました。もちろん、だましじゃないですよ。後で観光もしましたし、だいぶ歩きました。

この日はイベントもあっていまして、賑やかでした。後日、紹介しますね。今日は石橋が多いですが、
嫌いって、帰らないで下さいね。石橋もいいところがありますよ。昔の人の技が、素晴らしいです。

皆さんのご近所に、石橋はありませんか。なにげなく、渡っているかも知れませんね。昨年、京都に
行きましたら、たくさんの立派な石橋があり、びっくりしました。

このブログでも、紹介しています。「石橋探訪」で、検索して見て下さい。興味を持って頂けたら、
嬉しいです。下の釦を、左クリックして、ご覧下さい。 はっきり言って、説明は下手です。

<福岡県・朝倉市秋月町の石橋-1>
<>
<<><><><><><><><><><>
<><><><><><><><><>
<
ソースはSakuraさまに、お借りしています



本日紹介しました、福岡県・朝倉市秋月町の石橋は、次の4基です。

  ①王子神社・参道橋
    橋長:1.9m 橋幅:3.3m 単径間桁橋 架設:昭和12年 石工:酒井千次郎

  ②正福寺・門前橋
    橋長:3.1m 橋幅:1.4m 桁4列 単径間桁橋

  ③美奈宜神社・参道橋
    橋長:5.5m 橋幅:4.3m 2径間桁橋

  ④美奈宜神社・境内橋
    橋長:1.9m 橋幅:0.4m 単径間桁橋

いずれも、データはniemonさまのHPより。 いつも、ありがとうございます。



《お礼》この探訪に出かけた時は、ネットが不通でした。だから、石橋の位置情報が分からなくて、
困っていたら、momomamaさまが、全部調べて頂きまして、出かけることが出来ました。
ここに、お礼を申し上げます。ありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 先日の台風前夜の、不気味な... | トップ | 公園は、すっかり秋色に »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (yuu)
2009-10-20 12:25:58
maruさん
秋月は静かなところで石橋がよく似合いますね
九州にいるころは何気なく渡っていた石橋が
今ではmaruさんやmomomamaさんの石橋の画像を見ては私が住んでいるところでも珍しい石橋がないかとちょっと興味津々です
どの石橋も頑丈に出来ていますね。
説明15の画像は風情があってとっても素敵です。亀さんの噴水はちょっと面白いですね
次回は秋月の観光ですね・・
楽しみにしています。
歴史・・・ (じゅん)
2009-10-20 15:09:29
こんにちは、じゅんです♪

古代の歴史を感じる”石橋”
やはり、神社などに多いのですか?!
石橋って丈夫なんですね~
美奈宜神社・境内池の噴水の亀さんは
楽しい気分にさせて頂きました♪
また、次回を楽しみにしていま~す^^
yuuさまへ (maru)
2009-10-20 15:10:02
こんにちは。
秋月には、久しぶりに訪ねました。ここは城下町で風情がありまして、秋の紅葉、春は桜と、賑わうんですよ。
そちらでも、ひょっとしたら、石橋があるかも知れませんね。
千葉の石橋の紹介、待っていますね。
みんな石橋はほぼ頑丈に出来ていますね。
境内池の静かなところに、掛かっている石橋、周りの風景に溶け込んでいますね。
始めはきずかなかったのですが、岩が亀になっていまして、びっくりしました。
また、秋月が続きますので、また是非ご覧下さい。ありがとうございました。
じゅんさまへ (maru)
2009-10-20 16:24:29
こんにちは。
こちらの神社は、こんな参道橋が多いですね。
聞いたところによると、石橋は人が渡ったりして、重みを掛けていると、よりガッチリと強くなるらしいです。
古いものは、百何歳など、ありますからね、凄いです。
美奈宜神社・境内池の噴水の亀さんは、面白いでしょう。
ご覧下さり、ありがとうございました。

こんばんは (nana)
2009-10-20 20:20:06
先月訪れた秋月の近くなのですね。
こうして見ると、九州は本当に石橋が沢山ありますね。
美奈宜神社・参道橋も静かな佇まいで趣がありますね~。
次回は眼鏡橋かしら・・・
こんばんは (kokiyu)
2009-10-20 21:36:56
王子神社の石橋、面白いです。
どーしてわざわざ参道を横切るように作られたのか?
それとも、石橋がある所に、あとから神社が作られたのか?
歴史に興味を持ちますね。

亀の噴水は、最初見た時、
「わあ~、大きな亀!ウミガメ?なワケないよなあ~?」
などと思ったのは私だけ?
根が素直なので~
nanaさまへ (maru)
2009-10-20 21:42:06
こんばんは。
先月は、秋月に来られたんですね。同じ町の中になりますが、少し離れています。
本当に九州は石橋の宝庫ですね。ほぼ全県に渡ってあるようです。凄いですね。
美奈宜神社・参道橋、静かな佇まいの中、趣がありますね・・・感じて頂けたら、嬉しいです。
えっ、nanaさま、お見通しですね。
ありがとうございました。
kokiyuさまへ (maru)
2009-10-20 21:51:06
こんばんは。
王子神社の石橋、鳥居の少し先に小川が流れていますので、石橋を作らざるを得なかったのでしょうね。
私は参道の両側の白線に、興味を持ちました。なぜ必要だったのかと。お祭りなどの時は、あまり意味ないでしょうね。
亀の噴水、ほんと海がめにそっくりでしょう、こんな岩があったのか、そのように岩を組み合わせたのか、ちょうどあったのでしょうね。
その方が夢がありますね。
コデブちゃんの感動の演奏会、聴きにいけて、良かったですね。頑張ってください。
maruさま (hana)
2009-10-20 22:53:39
本日お越しいただきまして
有難うございました
拙いブログですが皆様の
お陰でどうにか愉しくゆったり
更新できます
又どうぞよろしくお付き合いお願いいたします
maru様の画像たくさん懐かしい郷愁にも似た
石橋を拝見いたしました。これまで
たくさんの撮影に尊敬いたします
一つ一つに何か思いいれがありますね
こちらではなかなか観られないものが多いですね。とても素晴らしい景色ですね
有難う御座います
hanaさまへ (maru)
2009-10-21 08:54:47
おはようございます。
いつもご無沙汰していまして、申し訳なく思っていました。
北海道には、こんな石橋はほとんど無いのでしょうね。
まだ、娘が入院中に、私に北海道のダムに沈んでいる橋のこと、聞かれました。
廃線になり橋が湖面に写り、凄い橋があるのを、ネットで見まして、画像を娘に見せたことがありました。名前を忘れていますね。
ここ、九州は石橋の宝庫でして、訪ねて歩くのが、凄く楽しみにしています。
北海道の雄大な景色に比べたら、田舎の素朴な風景も、良いものですね。
時々でも良いです、またご訪問下さい。
ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。