まるころりん

変わり者のおばちゃん『まるこ』の家族ネタ、仕事ネタ、つぶやき(笑)などのblogです♪O(≧∇≦)o

指導の仕方「基本」

2014-09-11 14:16:25 | マネキン講座
今日は久し振りにマネキン講座の更新です(笑)

今回は指導の仕方について書いてみました(^^)

といっても、私も指導するのはまだまだ初心者なので、

やっぱり上手くいかない事、難しい事がいっぱいで頭が痛いです(笑)σ(^ω^;)

十人十色、ピッタリ当てはまるわけではないのですが、良かったら参考までに…(^^)


まず、どのタイプの人にも当てはまるのが、

「指導をする前に信頼を築く事」

だと思います(^^)

信頼がない状態での指導は、素直な人なら大丈夫ですが、

場合によっては嫌悪感や反発を生むので、指導しても言う事を聞かない場合があります。

なので、やれる、やれないは別として、

素直に聞いてもらえる状態にもっていく必要があります(^^)

では、何をすればいいか?

新人さんには

「同調と励まし」

「ほめて認める」

「単純接触効果」

ベテランさん、中堅さんには上記に

「お願いや協力を求める」

を上手く組み合わせるといいみたいです(^^)


まず「同調と励まし」

心理学的にも人は同じような経験や、似た趣味の人など、共感できる人に安心して心を開くそうです(^^)

入って間もない人が抱えるもの、それは不安じゃないでしょうか?

私も新人時代や初めて行く店は不安でいっぱいでした


中堅さんやベテランさんなら、仕事の大変さや苦労じゃないでしょうか?

頑張って仕事をこなしてるからこそ、大変や苦労が絶えませんもんねσ(^ω^;)

なので、新人さん、中堅さん、ベテランさんと同じ気持ちになってみて下さい(^^)


例えば、新人さんなら

「最初は何にも分からないから不安だよね、

私も初めて入った時、全然分からなくて大変だったもん(笑)

しばらくは覚える事いっぱいだから大変だと思うけど、頑張ってね、応援してるから(^^)」


中堅さんやベテランさんには

「なかなか売れないから心折れますよね~(笑)

私も今日は全然で泣きそう(笑)

でも、お互い今日1日頑張りましょう!(^^)」

なんて感じに(^^)


次に「ほめて認める」

心理学的にも人は他人に認められると嬉しいと思い、

自分を認めてくれた人に心を開くそうです(^^)

なので、指導する側から見て、どんな些細な事でもいいからできてる事を見つけたら、

それを認めてほめて下さい(^^)

そうする事で自信を持たせる事もでき、

自分を認めてくれた人にはまた認めてもらおうと、更に頑張ろうという意欲もでてきます(^^)


例えば、新人さんの場合、

好感度がある人なら

「いい笑顔だね!接客に向いてるね(^^)」

キレイに並べたり、丁寧な人なら

「キレイ(丁寧)だね!私なんか大雑把だから見習わないかんね(笑)」


ベテランさんや中堅さんなら

「わぁ!さすが!ベテランさんは違いますね!

私もマネさせてもらってもいいですか?(^^)」

なんて感じに(^^)


どうですか?(^^)

こんな声掛けをされたら嬉しくないですか?(^^)

私は単純なので、嬉しいし、この人なら…と全部じゃないにしても少しは心を許しちゃいます(笑)


そして、一番大事な事「単純接触効果」

顔を合わせる回数が多いほど、人はその人に好感が出てくる

という心理学の効果の1つです(^^)

具体的な例が営業さんが何度もお得意先に足を運ぶ

恋愛なら、何度も会う人に気がついたら好きになってた

みたいな(^^)

それの応用です(^^)

少し心が開いた状態でも、1回限りでは、やがて疎遠になります。

なので、同じ事を繰り返す事が必要です(^^)

だからといって、同じトークはダメですよ(笑)

常にその時、その時の状況に合わせたトークを使う事が必要です(^^)

これを繰り返す事で信頼に繋がるだけじゃなく、

後のフォローにも繋がります(^^)



さて、ベテランさんや中堅さんの場合、長年やってる相手だからこそ、もう1つ必要になります(^^)

「お願いと協力」

長年やってるからこそ、指導なんて素直に聞けません(笑)

当たり前だと思います(^^)

だって、長年やってるからこそ、プライドやこだわりがあるんですもん(^^)

その人にはその人のやり方ができています(^^)

私は無理やり変える必要はないと思います(^^)

それに自分の指導が正しいとも限りません。

ひょっとしたら、もっと他にも良い指導ややり方があるのかもしれないじゃないですか(^^)

じゃあ、どうすればいいか?

ベテランさんだからこそ、中堅さんだからこそ、

あえてお願いと協力を求めるべきだと思います(^^)

「今度、新人さんに指導するのに、このやり方が通用するか、

一度試してもらってもいいですか?(^^)

で、気付いた事やここはこうした方が良いとかアドバイスもらえると助かります(^^)

こういうのって、ベテランさんじゃないと分からないし、頼めないから…(^^)」

とか

「この作り方や並べ方で迷ってるんだけど、どう思います?

参考にしたいからベテランさんの意見が聞きたいんだけど…

お願いしてもいいですか?(^^)」

みたいな(^^)

もちろん

「忙しい合間にお願いして申し訳ないですけど…」

とか、やってもらったら感謝の言葉も必要です(^^)


中堅さん、ベテランさんだからこそ、

それを試す事でお客様の反応や売上の変化に気がつくからこそ、

それを取り入れようとしてくれます(^^)

また、お願いと協力を求める事で相手のプライドを傷つけにくいので、

快く引き受けてもらえる可能性も上がります(^^)

そして、一番のメリットはやはりコレかなぁ(^^)

協力を求める事で新しい指導ややり方が発見できる事や、

繰り返しやる事で連帯感が出てくる(^^)

指導する側の自信や成長にも繋がる事が一番のメリットかと(^^)


とはいえ、十人十色、気難しい人もいれば、全くやる気のない人もいます(笑)

心折れるし、辛い事もいっぱいで思うようにいかないのも現実…(笑)

私もまだまだ試行錯誤です、指導って難しい(笑)

でも、良かったら一度試してみて下さい(^^)

この記事をはてなブックマークに追加