まるころりん

変わり者のおばちゃん『まるこ』の家族ネタ、仕事ネタ、つぶやき(笑)などのblogです♪O(≧∇≦)o

「独立に関する質問」について。

2017-12-18 22:51:19 | マネキン講座
久し振りのマネキン講座です♪(*´∇`*)

今回はよく聞かれる「独立に関する質問」について話をします♪(*´∇`*)


まずは「独立なんてできるの?」の質問


結論から言えば、「できます」


でも、年々、景気やらなんやらでマネキンの仕事が減ってる中、

「必要な時しか」需要がないこの業界で独立してやっていく事は、「何か」がなければ、正直、かなり厳しいです。

その何かは「人脈」だったり、「コネ」や「実績や能力」、「雇っているマネキンの人数」、「自分しか持っていない特技やアイデア」だったり…。


でも、メーカーさんによっては人脈があっても実績がなければ取引してくれなかったり、

逆に実績があっても、人脈や、雇ってるマネキンの人数で取引できない事もあったりするので、

思うように取引できない場合も多々…。

なかなか難しいです(^ ^;))


もし、独立を考えてるのなら、人脈と実績だけは作っておいて、取引できるメーカーさんから少しずつ増やしていくといいと思います(^^)



「取引は個人でもできるの?」の質問


答えは「できます」


個人でフリーのマネキンとして取引できるメーカー、会社もあるので、

そういう所しかやらない、て決めてるのなら、個人でやった方が、

決算申告、社会保険などの書類をやらずに確定申告だけで済むので、

会計事務などの手間も減るし、お金の面も楽です。


でも、大手メーカーのように「会社 対 個人」では取引をしてくれないメーカーもある為、

そういう所の仕事もするのなら、形だけでも会社を設立する必要があります。

幅広く仕事をしたい人、または大手メーカーとの取引をしたい場合は会社設立をした方がいいかもです。

ちなみにまるこもそのパターンで、「形だけ会社」にしています。



そして、これもよく言われるんだけど、

「独立したら、マネキン会社が詐取してた分、全部もらえるから収入がいいんじゃないの?」


それは間違ってます。


会社設立すると、残念ながら、働いた分のお金がもらえるわけではなく…

役員報酬になるので、どんなけ忙しくても決まった額しか貰えなくなります。

それに会社を設立して登記するのに25万支払い、毎年、赤字でも納めなきゃいけない税金が7万。


あと、会社を設立すると社会保険に入らなければいけなくなるので、

働いていた時は半分しか払わなくても良かった社会保険料も、

自分でやっている以上は、会社として残り半分も払わなければいけない為、

1人でやってると、意外と出費が多く、思ってるほど収入はないです(;つД`)


何よりも、大手マネキン会社みたいに取引先が多いわけでもないので、

独立すれば、当然、仕事日数は減ります。

詐取される分も貰えても、結局は仕事日数が減ってる事や意外な出費を考えると答えがみえてくると思います(^ ^;))


でもって、これが一番。

メーカーさんが支払う金額も景気が悪いので、昔と比べたらかなり下がってます(^ ^;))

最近では、廃業するマネキン会社もありますが、廃業せざる得ない理由も、やってみると分かると思います(^ ^;))



「じゃあ、利益を出そうとするならどうすればいいか?」

収入をよくしようと思うならば、もうこれは、優秀なマネキンさんを最低でも20人以上揃えて、

メーカーから週3日、20人分の仕事をもらえば、儲かると思います。


でも、人を雇うという事は、当然、デメリットやリスクを背負うわけで…

全員が全員、やり手で優秀なマネキンさんならいいけど、

トラブルやクレームを出すマネキンさんがいた場合、それ相応のリスクも背負う事になります(^ ^;))

小さな会社だと、取引停止になる事も…。


それに、お客様に万が一の事がある可能性もあるので(知ってる会社はそれで廃業になりました)、

保険は必ず掛けておいた方がいいし、人数が増えた分、リスクも増えてくるので、それなりの覚悟も必要です。


何よりも一番大変なのは、仕事をしてもすぐにメーカーからお金が入金されない事。

雇ってるマネキンの数が多いほど、メーカーからの入金の前に、給料を払わなきゃ、なので、

マネキン会社によっては給料を払う為に借金を抱える所もあるぐらい。

それが理由で会社を畳む所もあるほどです。



儲けるつもりでやる人は、会社にして人を雇う風にした方がいいし、

やりがいや自由を求める人は、フリーで個人でやった方がいいのかなぁ、なんて思います♪(*´∇`*)



うーん、でも、そう考えると、まるこは中途半端ですね…(笑)

人をたくさん雇うわけでもなければ、会社設立してやってるし…。

どおりで、儲かってなければ、現場がなくても休みの日に、マネージメントや商談、事務、内勤業務、決算、給料計算、税務書類各種やらなきゃならんはずだ…(笑)(;つД`)


やりがいがあるから、やってけるけど、

これ、一番良くないパターンかも…(笑)(^ ^;))


これから、独立を目指す方は、まるこのように中途半端だけは避けた方がいいかも…です(笑)(^ ^;))



あ!あと、独立すると見えてくる世界は、時には孤独で、時には見たくない人間の裏側も見えます(^ ^;))

でも、それは商売なので、仕方ない事だと思います(^ ^;))

けっこう傷付く事、泣く事、いいように利用される事も多々…

人間不信にもなります。

現実は、独立しなきゃ良かった、て声も他の人からも聞きます。


まるこもその一人です。


今でも、落ち込む事、泣ける事いっぱい。

経営者として、背負う物の負担は想像以上なものがあります。


どんな業種でもそうですが、独立する、ていうのは、かなりの覚悟が必要だと思います。


なので、独立をする人は、覚悟を決めてから始めた方がいいかも、です。



色々、書いちゃったけど、大変な事が多いけど、でも、やりがいはありますよ♪(*´∇`*)

「仕事がある」って事は、「必要とされてる」って事だから…♪(*´∇`*)

「また呼んでもらえる」って事は「自分の仕事を認めてもらえた」って事だから…♪(*´∇`*)


確かに、追加発注されるのは当たり前で、プレッシャーは半端ないけど、

でも、在庫を空にした時、たくさん売れた時のあの快感は最高だし、やみつきです(笑)(≧∇≦)


でもって、何よりも嬉しいのがメーカーの営業さんだったり、お店担当者さんが、笑顔で「ありがとう!」って言ってくれた時♪(≧∇≦)

頑張ったかいがあるし、一番、頑張りが 報われた瞬間でもあるから、それが何よりのやりがいです♪(≧∇≦)


苦労や覚悟の中にも、こんなやりがいがあるから、まるこはやっていけてるのかも♪(*´∇`*)


私は、独立して良かったです!(*´∇`*)

この記事をはてなブックマークに追加

売れる販売員とダメ販売員の習慣

2017-08-23 15:58:52 | マネキン講座
手術をしたら溜まってる心理学の本を読破する予定だったけど、

現実は体調が悪かったり、思うように体が動かなかったり、

会社の決算やら、電話、ネットの変更手続きだったりでバタバタで、結局まだ1冊しか読めてません(笑)(^ ^;))


ちなみにその1冊がこの本なんだけど、なかなか面白かったです♪(*´∇`*)


簡単に言うなら、売れる販売員はいかにお客様の警戒心を解き距離を縮めながら、

お客様の動きを読み、お客様目線で接客をするか、

という事なんだけど、それを簡単に、比較しながら書いてある本でした♪(*´∇`*)

これを読んで、「うん、うん、分かる♪」って人は、

お客様目線に考える事ができる人、もしくは上級者~やり手クラスの人だと思います♪(*´∇`*)


「見た目が濃い」はもちろん「ダメ販売員」などいくつか表現に関して、若干の違和感があるけど、

言おうとしてるニュアンスは分かるし(ダメ販売員とまでは思わないけど)、分かりやすくする為にあえてそういう表現にしてるのかなぁ…なんて(´・ω・`)

できれば、「頑張っても上手くいかないて悩んでる販売員」の表記の方がいいような気もするけど…(^ ^;))


それ以外の技や売場での考えは、お客様の警戒心を解くのに必要だったりするので、

まるこも同感、もしくは実戦してる内容ばかりだし、尚且つ分かりやすく簡単に書いてあるので、

今後、新人教育の1つとして使ってみようと思ってます♪(*´∇`*)


販売をやっていて、なんか上手くいかないってモヤモヤしてる人にオススメかも♪(*´∇`*)

なんか上手くいかない、て思う人は、まるこもよく経験してる事なんだけど、

一生懸命になりすぎてて、逆にお客様の警戒心を解けずにいるので、

この本は、そんな時に助けになる一冊かなぁ、なんて♪(*´∇`*)

この記事をはてなブックマークに追加

売れる法則「付加価値をつける」

2015-02-17 14:13:44 | マネキン講座
最近、なかなか更新できず、ごめんなさい(^ ^;))

久しぶりのマネキン講座です(^^)



物が売れる為に必要な法則の1つに付加価値があります(^^)

その商品を買う事によって、その人にとって、何かしらのメリットが生まれる

それが付加価値です(^^)


物には値段があって、

味と値段が釣り合わない商品って、ものすごく高く感じますよね(^ ^;))

例えば、1個1000円のプリンがあるとします。

普通なら、高いからあんまり買わないですよね…(^ ^;))

でも、それが、食べる事で、ダイエットしなくても本当に痩せちゃうとか、

若返り効果があるとか、

実は、超人気アイドルの手作りプリン、

期間限定、

数量限定、

希少性の高い珍しい食材で作った


…なんて事実があったら、どう思いますか?(^^)

なぜだか、とたんに安く感じちゃいますよね(笑)

ちょっと例えが大げさなのもあったけど、付加価値を付ける事によって、

人はそのお値段が安く感じるという心理を利用した売り方です(^^)


具体的な例を出すと、

ハウス食品の三ツ星食感というシリーズの場合

この商品は、実は某テレビ番組でキャイ~ンのウド鈴木が「僕でもできちゃったよ~」って、テレビで実際に作って紹介してました(^^)

これってメチャクチャ大きな付加価値ですよね(^^)

「あの○○で、ウド鈴木が実際に作ってたハウス食品の三ツ星食感です♪」

と、トークや呼び込みに付け加えるだけで、この商品に付加価値が加わります(^^)

付加価値が加わった事で、興味を持って買って下さるお客さまや、

試食を食べてみたいってお客さまが出てくるのではないでしょうか?(^^)

テレビ効果はかなり高いので、ネットで下調べして、テレビに出てた場合はそれを利用した方が売りやすくなります(^^)

ただし、ローカルすぎるのや、何年も前の番組だと意味がないので、知名度が高いもの、1年以内ぐらいのがオススメです(^^)


テレビじゃない場合、どうすれば付加価値がつくのか?

その場合は、それを買う事によってのメリットをトークに混ぜ混むと効果があります(^^)

具体的な例をあげると

カゴメの野菜生活の場合なら

「不足しがちなお野菜が補える」

「今だけしか味わえない、とろける桃の味わい♪」

みたいな(^^)


ちなみにS&Bのマジックソルトの場合だと、

「これを使う事によって、簡単なのに、ワンランク上の味が作れます♪」

みたいな(^^)


もちろん、単純に期間限定、数量限定、希少性の高い食材を使った、

なども付加価値の1つです(^^)


先日紹介した値段の落差も一緒にトークに組み合わせれば、

値段が下がってお得な所に、さらに付加価値が加わりお得度が増すので、

欲しい!って、思うお客さまの数を増やす事ができると思います(^^)


良かったら、参考までに…(^^)

この記事をはてなブックマークに追加

指導の仕方「基本」

2014-09-11 14:16:25 | マネキン講座
今日は久し振りにマネキン講座の更新です(笑)

今回は指導の仕方について書いてみました(^^)

といっても、私も指導するのはまだまだ初心者なので、

やっぱり上手くいかない事、難しい事がいっぱいで頭が痛いです(笑)σ(^ω^;)

十人十色、ピッタリ当てはまるわけではないのですが、良かったら参考までに…(^^)


まず、どのタイプの人にも当てはまるのが、

「指導をする前に信頼を築く事」

だと思います(^^)

信頼がない状態での指導は、素直な人なら大丈夫ですが、

場合によっては嫌悪感や反発を生むので、指導しても言う事を聞かない場合があります。

なので、やれる、やれないは別として、

素直に聞いてもらえる状態にもっていく必要があります(^^)

では、何をすればいいか?

新人さんには

「同調と励まし」

「ほめて認める」

「単純接触効果」

ベテランさん、中堅さんには上記に

「お願いや協力を求める」

を上手く組み合わせるといいみたいです(^^)


まず「同調と励まし」

心理学的にも人は同じような経験や、似た趣味の人など、共感できる人に安心して心を開くそうです(^^)

入って間もない人が抱えるもの、それは不安じゃないでしょうか?

私も新人時代や初めて行く店は不安でいっぱいでした


中堅さんやベテランさんなら、仕事の大変さや苦労じゃないでしょうか?

頑張って仕事をこなしてるからこそ、大変や苦労が絶えませんもんねσ(^ω^;)

なので、新人さん、中堅さん、ベテランさんと同じ気持ちになってみて下さい(^^)


例えば、新人さんなら

「最初は何にも分からないから不安だよね、

私も初めて入った時、全然分からなくて大変だったもん(笑)

しばらくは覚える事いっぱいだから大変だと思うけど、頑張ってね、応援してるから(^^)」


中堅さんやベテランさんには

「なかなか売れないから心折れますよね~(笑)

私も今日は全然で泣きそう(笑)

でも、お互い今日1日頑張りましょう!(^^)」

なんて感じに(^^)


次に「ほめて認める」

心理学的にも人は他人に認められると嬉しいと思い、

自分を認めてくれた人に心を開くそうです(^^)

なので、指導する側から見て、どんな些細な事でもいいからできてる事を見つけたら、

それを認めてほめて下さい(^^)

そうする事で自信を持たせる事もでき、

自分を認めてくれた人にはまた認めてもらおうと、更に頑張ろうという意欲もでてきます(^^)


例えば、新人さんの場合、

好感度がある人なら

「いい笑顔だね!接客に向いてるね(^^)」

キレイに並べたり、丁寧な人なら

「キレイ(丁寧)だね!私なんか大雑把だから見習わないかんね(笑)」


ベテランさんや中堅さんなら

「わぁ!さすが!ベテランさんは違いますね!

私もマネさせてもらってもいいですか?(^^)」

なんて感じに(^^)


どうですか?(^^)

こんな声掛けをされたら嬉しくないですか?(^^)

私は単純なので、嬉しいし、この人なら…と全部じゃないにしても少しは心を許しちゃいます(笑)


そして、一番大事な事「単純接触効果」

顔を合わせる回数が多いほど、人はその人に好感が出てくる

という心理学の効果の1つです(^^)

具体的な例が営業さんが何度もお得意先に足を運ぶ

恋愛なら、何度も会う人に気がついたら好きになってた

みたいな(^^)

それの応用です(^^)

少し心が開いた状態でも、1回限りでは、やがて疎遠になります。

なので、同じ事を繰り返す事が必要です(^^)

だからといって、同じトークはダメですよ(笑)

常にその時、その時の状況に合わせたトークを使う事が必要です(^^)

これを繰り返す事で信頼に繋がるだけじゃなく、

後のフォローにも繋がります(^^)



さて、ベテランさんや中堅さんの場合、長年やってる相手だからこそ、もう1つ必要になります(^^)

「お願いと協力」

長年やってるからこそ、指導なんて素直に聞けません(笑)

当たり前だと思います(^^)

だって、長年やってるからこそ、プライドやこだわりがあるんですもん(^^)

その人にはその人のやり方ができています(^^)

私は無理やり変える必要はないと思います(^^)

それに自分の指導が正しいとも限りません。

ひょっとしたら、もっと他にも良い指導ややり方があるのかもしれないじゃないですか(^^)

じゃあ、どうすればいいか?

ベテランさんだからこそ、中堅さんだからこそ、

あえてお願いと協力を求めるべきだと思います(^^)

「今度、新人さんに指導するのに、このやり方が通用するか、

一度試してもらってもいいですか?(^^)

で、気付いた事やここはこうした方が良いとかアドバイスもらえると助かります(^^)

こういうのって、ベテランさんじゃないと分からないし、頼めないから…(^^)」

とか

「この作り方や並べ方で迷ってるんだけど、どう思います?

参考にしたいからベテランさんの意見が聞きたいんだけど…

お願いしてもいいですか?(^^)」

みたいな(^^)

もちろん

「忙しい合間にお願いして申し訳ないですけど…」

とか、やってもらったら感謝の言葉も必要です(^^)


中堅さん、ベテランさんだからこそ、

それを試す事でお客様の反応や売上の変化に気がつくからこそ、

それを取り入れようとしてくれます(^^)

また、お願いと協力を求める事で相手のプライドを傷つけにくいので、

快く引き受けてもらえる可能性も上がります(^^)

そして、一番のメリットはやはりコレかなぁ(^^)

協力を求める事で新しい指導ややり方が発見できる事や、

繰り返しやる事で連帯感が出てくる(^^)

指導する側の自信や成長にも繋がる事が一番のメリットかと(^^)


とはいえ、十人十色、気難しい人もいれば、全くやる気のない人もいます(笑)

心折れるし、辛い事もいっぱいで思うようにいかないのも現実…(笑)

私もまだまだ試行錯誤です、指導って難しい(笑)

でも、良かったら一度試してみて下さい(^^)

この記事をはてなブックマークに追加

売れる法則「お客様の立場になって考える」

2014-04-17 22:10:13 | マネキン講座
久しぶりに更新します(笑)

マネキンの基礎にも繋がる事なんですが、

お客様の立場になって、お客様にとって1番いい選択を一緒に考えると

後々になって売上に繋がる事があります(^^)

知ってる方もみえると思いますが、有名な例がトヨタのトップ営業さんの話です(^^)

その営業さんがやった事は、そのお客様に合った車選びをする事だったそうです(^^)

トヨタの営業が新車じゃなく、中古や他社の車も提案なんて、

端から見たら何やってんの??って思うかもしれませんが、

実はコレこそが、お客様の立場になった接客なんです(^^)

自分の為に考えてくれる営業さんがいたら、

例え、その時は予算や何かの都合で中古や他社にしたとしてもどうですか?(^^)

この営業さんなら信頼できるから、また相談しよう、

次は営業さんがオススメする車を買っちゃおうかなって思いませんか?(^^)

逆に、ウチのは本当にいいです!ウチの車がいいですよ!

なんて言われたら、本当にいい車でも、ただ売りたいだけなのかな?って

なんだか嫌な感じがしますよねσ(^ω^;)

それに、その人に信頼やまた頼みたいなんて思わないですよねσ(^ω^;)

私なら間違いなく前者の営業さんを選びます(^^)

そっちの方が安心だから(^^)

販売にも同じような事が起こります(^^)

ビール(プレゼント用)で悩まれるお客様がみえるので、

私はよくお客様に提案をしています(^^)

あ、普通に近付いたら警戒されるので、まずは

「今日は○○ビールだけど、どのメーカーも仕事で扱ってるから

お悩みでしたら良かったら聞いて下さい(^^)」って言いますよ(^^)

それで、お客様が聞いてきたら、

まずはプレゼントの相手は普段どのメーカーのビールを飲んでるのかを聞きます(^^)

分からない場合は、プレゼントとして恥ずかしくない生ビールとプレミアムビールを紹介します(^^)

各メーカーの売りや特徴を伝え、例え他社メーカーでも、

そのタイプのお客様ならこっちがオススメだと思えば、

仕事依頼を受けたメーカーさんには申し訳ないけど、他社をオススメします(^^)

端から見たらコレも何をやっているんだ?って思いますよね(笑)

でも、実はコレ、ちょっとしたオマケがつくんです♪(^^)

一生懸命選んでくれたから、「アンタの商品買うわ♪」ってなったり、

もう1個余分に買ってもらえたり、

そのやり取りを見ていた別のお客様が買ってくれたり…(^^)

もちろん、オススメした商品を買うお客様もみえるけど、

お客様がすごく喜んでありがとう!って言ってくれるので、

売れなくてもなんだか嬉しい気持ちになります(^^)

見返りを求めてやるのはダメだけど、一生懸命やってこの結果ならどれも嬉しいですよね(^^)

そして、コレのどこが売れる法則に繋がるかというと、

よく行くお店でコレをやり続けるとお客様が顔を覚えてくれるんです(^^)

そうすると、そのお客様が自分から今日は何を売ってんの?って声を掛けてくれるんです(^^)

もちろん、必要ない商品だった場合、買う事はないんだけど、

いるものだったりすると、お客様は「アンタが頑張ってるから買ったるわー(笑)」とか、

「アンタが売ってる時はお得な時だから買ってくわ(笑)」

って、ありがたい言葉をかけて買ってくれます(^^)

信頼があるからこそ、起こる法則ですよね(^^)

例え、1日限りの仕事だとしても、

見返りを求めるのはダメだけど、お客様の立場になるのは悪い事ではないと思うので、やって損はないと思います(^^)

とあるトヨタの営業さんがトップになった理由も納得ですよね(^^)

この記事をはてなブックマークに追加