・*・ etoile ・*・

映画・美術・お買物・おいしいもの σ(゜∀゜*)

【Googleのロゴ】オラウダ・イクイアーノ生誕272周年

2017-10-16 00:30:33 | Google's logo☆

毎度のGoogleのロゴがこんなことに!



オラウダ・イクイアーノ生誕272周年

すみません💦 どなたでしょう?


毎度のWikipediaはご本人についてはなく、

どうやら著書について(コチラ)はあるらしい?



アフリカ人、イクイアーノの生涯の興味深い物語

The Interesting Narrative of the Life of Olaudah Equiano)は、

1789年ロンドンで出版された自伝

 

現在のナイジェリアで生まれ、

その後拉致され奴隷として過ごしたオラウダ・イクイアーノの生活を説明し、

自由を獲得するに至った経緯を紹介する。

奴隷船内部の状況を克明に描いた作品として知られ、

奴隷体験記と呼ばれるジャンルの一種である。

 

著者であるオラウダー・イクイアーノ英語版

別名グスタヴス・ヴァッサはナイジェリアのイボ族が住む地域に住んでいたが、

子どもの頃に妹とともに誘拐されてしまう。

さまざまな主人のもとで奴隷として働かされ、軍艦や商船に乗って各地を転々とする中、

トラブルに見舞われながらも貿易活動で金をため、

主人である商人ロバート・キングから自由を買い戻すことに成功する。

その後は自由身分の黒人として各地を航海する。

また、キリスト教に帰依し、一時はアフリカに神の教えを広める伝道師を志すが、

これは実現しなかった。


とのことで、拉致されて奴隷にされてしまった方なのね

酷い! (*`д´)


日本では・・・

 

久野陽一の翻訳により、研究社英国十八世紀文学叢書の第五巻として、

2012年に『アフリカ人、イクイアーノの生涯の興味深い物語』が刊行されている。


とのことなので、読んでみようかな😌


検索画面のロゴはこんな感じ

 

 

Happy Birthday

ナイジェリアの公用語は複数あるけど、代表して英語でお祝い🎉

『デザイン』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【tv】「ぶらぶら美術・博物... | トップ | 【tv】「日曜美術館」仏師 運... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Google's logo☆」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
オラウダ・イクイアーノ 生誕272周年 (Hybrid-Hills.net)
今日はオラウダ・イクイアーノの生誕272周年ということで、Googleのロゴが変わっています。 例の如く、全くご存じないのですが、Wikipediaによると 現在のナイジェリアで生まれ、その後......