・*・ etoile ・*・

映画・美術・お買物・おいしいもの σ(゜∀゜*)

【Googleのロゴ】ヴィクトル・ユーゴーを祝福!

2017-06-30 01:18:03 | Google's logo☆

毎度のGoogleのロゴがこんなんことに!

 


ヴィクトル・ユーゴーを祝福!

 なんで


なぜ今日祝福するのかは謎だけれど、とりあえずWikipediaから引用!


ヴィクトル=マリー・ユーゴー

Victor, Marie Hugo1802年2月26日 - 1885年5月22日)は

フランスロマン主義詩人小説家

七月王政時代からフランス第二共和政時代政治家

1959年から1965年まで発行されていた5フラン紙幣に肖像画が採用されていた。

日本での「Hugo」の表記は、「ユーゴー」と「ユゴー」が併用されているが、

ここでは「ユーゴー」を採用する。

 

とのことで・・・

 

共和派ナポレオン軍の軍人ジョゼフ・レオポール・シジスベール・ユーゴーと

ソフィー=フランソワーズ・トレビュシェの三男として、

父の任地だったフランス東部のブザンソンで生まれた。

ユーゴー家はロレーヌの農民の出だが、父親はフランス革命以来の軍人。

母親はナントの資産家の娘である。

本名はヴィクトル=マリー・ユーゴー。

 

生粋のボナパルト主義の父ジョゼフ・レオポールと

根っからの王党派の母ソフィーの間で政治思想の違いによる確執が生じ、

それが夫婦の間に不和をもたらしていたのである。

この確執はのちに『レ・ミゼラブル』の、

マリユスの父ポンメルシー大佐とマリユスの祖父ジルノルマンの確執の原型となる。

 

17歳でアカデミー・フランセーズの詩のコンクールで一位を取り、

自ら詩の雑誌も発行した。

 

1821年10月12日、アデールとサン・シュルピス教会で結婚し、

ル・シェルシュ・ミディ通りに居を構えるに至る。

 

1825年4月29日、23歳という若さでレジオンドヌール勲章(シュヴァリエ、勲爵士)を受ける。

 

1832年10月8日、ジョン・クージョン通りの家を引き払い、

ロワイヤル広場(現在のヴォージュ広場)にある赤いレンガ造りの豪華な邸宅に引っ越す。

この頃になると、妻アデールがサント・ブーヴと恋に落ちてしまい、

彼は寂しさに胸を詰まらせていた。

8月の終わりにはサント・ブーヴとの交際を絶った。


え~ 妻酷い・・(ll゚∀゚)

と思ったら・・・

 

1833年2月19日の夜、

彼は『リュクレス・ボルジャ』(ルクレツィア・ボルジア)に出演していた

女優ジュリエット・ドルエ愛人になる。

この日付は『レ・ミゼラブル』の中で、マリユスとコゼットが結婚する日付でもある。


あらまぁ

 

もうすぐ38歳になる1840年1月、文芸家協会長となり、少しは光明が見えてきたかと思われた矢先、

同年2月20日、アカデミー・フランセーズ3度目の落選となる。

しかし、翌年1841年1月7日にようやくアカデミー・フランセーズの会員に当選する。

彼は亡くなるまで、第10代座席次14番を受け持つことになる。

 

1843年から1852年までの約10年間、作品を1冊も出版していない。

これにはレオポルディーヌの死はもちろん、

戯曲『城主』の失敗とそれにともなうロマン派文学の凋落、

議員活動の忙しさもあったと思われるが、もうひとつ大きな理由があった。

それが、のちにフランス文学史上屈指の名作といわれるようになる

『レ・ミゼラブル(邦題:あゝ無情)』(当時の題名は『レ・ミゼール』)の執筆である。

執筆は1845年11月17日から始まった。

この作品を書くきっかけになった大きな理由には諸説あって、

当時新聞に載っていた小説が彼の心を強く惹きつけたとも、

少年時代に見てしまったギロチンの光景が彼を人道主義者にし、この作品を書かせたとも言われている。

 

と、大好きなミュージカル「レ・ミゼラブル」の原作ということで、

関連部分を中心に抜粋したけれど、さすが文豪資料も膨大💦

その他の政治活動、亡命記なども気になるけれど割愛!

気になった部分を抜粋して終わりにする┏○ペコ

 

日本の自由党総理・板垣退助が、1882年から1883年にかけてのフランス、

イギリス・オランダ視察の際、ヴィクトル・ユーゴー、

クレマンソーらと交流したとする記録がある。

 

へ~! ビックリ😲

 

1885年5月22日パリにて死去。享年83。国葬でもって葬られ文豪としてパンテオンへと埋葬された。

 

とのこと


このロゴ5枚のスライドになっていて・・・


>をクリックすると、次のスライドに展開

「ノートルダムの鐘」

 

「静観詩集」

「レ・ミゼラブル」

これは何だろう? カッコイイ


検索画面のロゴはこんな感じ


Joyeux anniversaire !

 

 
『デザイン』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【動画】「オペラ座の怪人」(... | トップ | 【cinema】『マンチェスター... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Google's logo☆」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ヴィクトル・ユーゴーを祝福! (Hybrid-Hills.net)
今日はヴィクトル・ユーゴーを祝福!ということで、Googleのロゴが変わっています。 てっきり誕生日かと思っていたのですが、違うんですねw何故この日に祝福なのか どうやら「レ・......