コリーの大家族が棲む家

コリーの大家族が暮らすマザーレイク犬舎。6世代にわたるコリー犬達との日々の暮らしを画像で綴ります。

新しい介護胴着

2017-06-10 | ヴィクトリア

コリー専門マザーレイク犬舎 http://motherlakecollie.sakura.ne.jp/index.html

 このところ、後ろ足の動きが悪くなり、これまでの上半身だけの介護胴着では補助しきれなくなってきたヴィー婆さん。

首全体が左に大きく曲がり、前半身が左に傾くため、反対に後半身が右にグニャって流れてしまい、立たせることすら困難でした。両方の後ろ足がくっついてしまうため、足を広げる排尿姿勢がとれず、それで排尿困難に・・・。

右手で介護ベストを持ち、お腹の下にバスタオルを通して、それを左手で釣り上げると、後半身が持ち上がり、なんとか少し歩けたので、後半身もカバーする介護胴着の購入を考えるようになりました。

オーダーメードで作ってもらうことも考えましたが、一刻も早く欲しいということと、今後も他の子に使うことを考えると、あまりぴったりサイズでなくてもいいかなぁ等、いろいろ考えて、結局、市販品を購入してみることにしました。

それにしても、探してみると、結構あるんですね~。数年前とは大違いです。

ただ、大型犬用のほとんどが、レトリバー用に作られているので、胴周りに合わせると、背丈が足りない、背丈に合わせると、胴周りがガバガバという感じです。コリーって、細身ですからね~。老犬になると痩せるので、ますます。

やっぱり、オーダーで作ってもらった方がいいかなぁと考え始めたところで、見つけたのがこれです。

着たままねんねのハニカムつなぎ

お値段見て、かな~り、躊躇しましたけどね(^_^.)

でも、我が家の場合、後に続く子達も使う可能性があるので、長い目で見れば元を取れるかなぁと。

 

実はこれも、ヴィーに合うサイズはありませんでした。5cm刻みって、結構大雑把ですよね(^_^.)

胴周りで選べば、Sサイズなんですけど、着丈が足りません。悩んだ挙句、後ろ足補助が欲しくて買うのだから、着丈が足りないのは致命的と考え、背丈に合わせてMサイズを注文しました。寝ている時も着せたままということを考えると、少し大きめの方がいいでしょうし。

一度開封したら、返品不可ということだったので、勇気がいりましたけどね~(^_^.)

 

注文したら、速攻で届きました。以前も利用したことがあるけど、このお店、早いです。

で、早速装着!!

胴周りはやはり大き目。ただ、寝かせている時は適度に余裕ができて、いい感じです。問題の後ろ足補助ですが、お尻の毛が長いコリーには、やっぱりちょっと・・・装着がし辛いかな。寝たまま、片方ずつ、装着できるので、取り外しも片方ずつできて、尿漏れで汚れてしまいがちなヴィーには好都合です。装着したまま寝ても大丈夫ということですが、ちょうど腰骨のあたりに補助ベルトがあたってしまいがちなので、長時間寝る時は、補助ベルトは外してます。

女の子の場合、どうしても尿漏れなどで、後ろ足補助ベルトは汚れてしまいます。でも、速乾素材なので、寝ている間にお洗濯、乾燥まで完了できて便利です。できれば、洗い替え用のスペアがあるといいんだけど。男の子には、かなりGOODかもしれません。

肝心の歩行ですが。

バッチリです。

・・・とは、行かないものの(笑)、なんとか歩けるようになりました。ただし、新たな問題発生です。

後ろ足ベルトを、左手で持つ都合上、前半身は右手だけで持ち上げなくてはなりません。これがかなりハードです。ヴィーはまだ体重が20キロ以上あるし、どうしても左に倒れがちなため、それを右腕だけで持ち上げなくてはならないからです。

もともとの持ち手の長さでは長すぎて、腕が疲れてしまうので、半分の長さに縫い縮めました。それでもかなりの腕力が必要、ヴィーが・・・というより、私の右腕が疲れてしまい、歩けなくなっちゃう感じです(-_-;)

一方の左腕は、ほとんど力を入れてなくても、ちょっと固定する程度で、十分です。軽く持っているだけでOK。

排尿姿勢がとれるようになったので、オシッコも少し楽になりました。室内に戻る時も、抱き上げなくても、自分で歩いて戻れるようになりました。玄関の段差やスロープも登れます。私の腕力がもう少しあれば、もっと歩かせてあげれるのですけど・・・がんばってライザップします!!

あと、体全体を覆うので、暑いかな~と思いましたが、今のところは、それほど変わりないみたいです。通気性の良い素材だということで、熱がこもりにくいのかもしれません。ただ背中のファスナーが、後ろから前に閉じるタイプなので、長毛のコリーにはちょっと使いづらいです。毛が挟まりまくりです。一応、毛はさみ防止の生地がついてますが、これまたコリーにはちょっと短すぎて足りません。

考えてみれば・・・

ヴィーは何が何でも、外でしかチッコしないから、ここまで頑張って歩けるのかもしれません。なんとかして、歩かなくては・・・と、あきらめずに私もいろいろ考えたりしますし。

そう思うと、面倒だなあ~と思えた「外チッコ」も、大変だけど、良いことなのかな?

いつまで外チッコできるかわからないけど、できる限り、続けなくては・・です。ヴィー自身に、歩こうという意識があるうちは大丈夫!!足を前に出してくれる限りは、頑張って歩いてもらおうと思います。

 

そしてこちらは ↓ 

ヴィーの兄弟のグリフォン君です。このとおり、食欲は旺盛、完食です。

グリフォン君はまだ自力で歩くことができますが、ヴィーと同じく、首が片側に曲がってきてしまい、グルグル回ってしまうこともあるそうです。

 

こんな感じで、横に「く」の時に曲がってしまいます。ヴィーとは逆ですね。

グリフォン君、ランちゃん、そしてヴィー。

それぞれ、介護度は違うけど、頑張ってますよ~~!! 

 

今日もありがとうございます!↓この画像をポチッとクリックしてくださいね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヴィー婆ちゃんの給水シリン... | トップ | お嫁入り完了 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヴィクトリア」カテゴリの最新記事