コリーの大家族が棲む家

コリーの大家族が暮らすマザーレイク犬舎。6世代にわたるコリー犬達との日々の暮らしを画像で綴ります。

バルト君

2017-08-09 | その他

コリー専門マザーレイク犬舎 http://motherlakecollie.sakura.ne.jp/index.html

 コリーの子犬情報  8月中旬出産予定  

 ノロノロ台風5号が長く居座ったからなのか・・・

またも、老犬の訃報が届きました。

バルト君・・・・15歳1カ月26日。マーキュンの3歳年下の異母弟です。

男の子としては、驚異的な長寿でした。

バルト君、シオン君、マーキュン。2010年5月撮影。皆今は天国組。

バルト君もまた、ショコラ君と同じく、依頼されて里親募集をした子でした。バルト君は既に数回のオーナーチェンジを経ていましたが、Sさんの愛犬となり、やっと終の棲家を得て、それからはずっと、幸せな日々を送ってきました。

バルト君とマーキュンが、異母兄弟ということで、その後もずっとご縁があり、2010年の5月には、我が家に遊びに来てくれたこともありました。

最後の数か月は寝たきりだったそうです。一緒に暮らしていた弟たちが、立て続けて先に虹の橋を渡っていてしまったそうで、オーナーさんの事を想い、ここまで頑張ってくれていたのでしょうね。

バルト君、親孝行だったね。天国で、マーキュンに再会できたかな??

マーキュン、一気に賑やかになったね。孫のヴィーは、もうちょっと待っててね。

マーキュン(左)バルト君(右) マーキュンは11歳でした。

 

さて、今日でぞう子は妊娠55日(交配初日からカウント)です。いよいよ、出産まで、あと1週間ほどとなりました。来週の今頃は生まれてるかも???

立っていると、横から見る限り、全くわかりません。お腹が大きいという感じはないです。でも、上から見ると、はっきりと横幅が広がっていて、まるで「きな粉のぼたもち」(笑)。

昨夜のぞう子 ↑

お乳も張ってきました。仰向けになると、お腹は立派ですが、ヘソ天できるということは、それほど苦しくはないようです。出産数日前になり、お腹がぐっと下がった感じになると、仰向けどころか、横向きで寝ることもできなくなります。常に伏せているようになったら、出産まで2~3日です。もちろん、胎児の数にもよりますけどね。

さすがのぞう子も、じっとしていることが多いです。お腹で圧迫されるからか、呼吸が浅くて早い感じです。たまに、リオキョンが楽しそうに鬼ごっこしていると、参加していますが・・(-_-;)

さぁて、明日から、本気で出産準備します(^_^.)

 

今日もありがとうございます!↓この画像をポチッとクリックしてくださいね。

『犬』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ショコラ君 | トップ | 胎動確認 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ロゼママ)
2017-08-09 21:24:00
マザーレイクさんお久しぶりです。
私もSさんよりバルト君が虹の渡ったとご連絡をいただきました。
バルさん、堂々としてて、穏やかで、お茶目で素敵な子でした。Sさんと一緒にマザーレイクさんに伺った時が懐かしいです。

寂しい気持ちは拭えませんが、でも。
仲良くしてくれて、ありがとうね。頑張ったね。大好きだったよ。
皆、向こうに行ってしまったけど、天国で新しい命たちを見守っていてください。
Unknown (王子の執事。)
2017-08-10 17:01:01
マザーレイクさんのHPがご縁でバルトを迎えたのが2006年、マーキュンと兄弟の対面をすべくロゼママ&ショコラと一緒にお伺いしたのが2010年5月…あのときお邪魔したバルト・シオン・ショコラの7年ぶりの再会は天国になってしまいました。
そこにルネも混ざって今頃宴会でもしてるでしょうか?

バルトを迎えたことで、とても様々なご縁が広がりました。ドッグショーもバルトが見せてくれた世界の一つです。

バルトの誕生日前日から1週間、一緒に過ごしたニューフェイスには、ご長寿の秘訣などバルトイズムをしっかり伝授してくれたことでしょう。

生前バルトを可愛がってくれた方々に、この場を借りてお礼申し上げます。
Unknown (KISAKI)
2017-08-12 15:09:41
ロゼママさん
お久しぶりです。
過去記事を見返してみて、バルト君もショコちゃんも、我が家のコリーズもみんな若くて元気で・・・とっても懐かしかったです。
と、同時に、寂しさも・・・。
みんな、天国で同窓会してるかな??
Unknown (KISAKI)
2017-08-12 15:12:52
王子の執事さん
バルト君と初めて会ったのは、2006年の春の石川展でした。その時は別のオーナーさんでしたが、父親がマーキュンと一緒だったので、印象に残っていました。
まさかその後、こんなご縁につながるなんて・・。

バルト君とマーキュンのパパは子沢山だったけど、たぶん、バルト君が最後の一頭だったのではないでしょうか。天国にはたくさんの異母兄弟姉妹が待っていてくれますね。

これから天国から、新人君の行く末を見守っていてくれるかな。

コメントを投稿

その他」カテゴリの最新記事