愛の伝道師・マルチンデター

TBSラジオ金曜パック(イン・ミュージック)卒業から30年「愛の伝道師こと札幌のー」から現在、U.Sなどで「不況」活動中

2017年9月17日 朝ドラ『ひよっこ』のミニチュア展(中)

2017-09-17 | Weblog
田中達也さんの二分割を断念

今回で終わらせるつもりで画像を眺めていたんですが…
アップしたくなる作品が多過ぎて絞っても3分割になってしまいました。
ごめんなさい。

さて、皆様この三連休はいかがお過ごしですか?
海外に脱出してビーチでのんびり…
冒頭写真、アボガドも「ひょっこりひょうたん島」風に。

国内でチョットだけ遠出しアドベンチャーツアー?

ビール「飲み放題」ってこんな感じ…息するだけで酔っちゃいそうですね。

今回のお休み…生憎、台風18号でお出かけがままなりません。
そんな方はホテルのプールサイドでのんびり…

リゾートホテルは都会の雑踏を忘れさせてくれます。
身近なステーショナリーも田中達也さんの発想ではこうなるんですね。


我が家は子供たちも大きくなって遊園地はすっかりご無沙汰

観覧車に乗り込んで15分程度、ぼーっとしているのもいいものです。

一番苦手はこのタイプのアトラクション

降下するときの感覚がニガテ、海賊船もだめ、ジェットコースターもややニガテかもしれません。

最近の休暇はどちらかというとゴルフかテニス…

テニスボールをこんな風に組み合わせるとランニングロードに変身するのですねーっ

そして台所のスポンジ…

二つ合わせるとテニスコートに変身、ボールが大きい位が臨場感を感じさせますね。

身の回りの物を…と発想を広げるだけでも楽しくなります
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年9月10日 朝ドラ『ひよっこ』のミニチュア展(上)

2017-09-10 | Weblog
田中達也さん大ブレーク

NHK朝ドラのタイトルバックを手掛けて話題沸騰中の写真家「田中達也」さんの個展。
TVではCGとの組合せで動画化されていますが身近な題材からの発想が素敵です。
新宿高島屋で12日まで作品展が開催されているのを知りお邪魔しました。
入場料800円
最終出口の3作品のみ未公開作品のため撮影禁止で他は写真OK。

このブラシは「稲刈り」に。
家の手伝いもしていたのでイメージぴったり、これからのシーズンですね!

このパンはタイトルバックと同じプラレールチックに動いていました。

まさに和製版「不思議の国のアリス」

そして台所にあるスポンジも

大波にさらわれる1シーンに代わってしまいます。

邪魔なだけの広辞苑、ネットのおかげで要なしになりましたが…

田中さんの手にかかるとボルダリングの練習場所になっちゃいます…すごーい。
なんというか発想力がすごいのでしょうね。

机の引き出しにバラバラになって入っているホチキスの鋲なんかは
図書館になっちゃうんですよ。

目線を変えてみると新しい発見があります。
撮影もなるべくその場の「人目線」で…と気遣いました。

火曜日までやってますのでお時間のある方はお出かけください。
来週、残りをアップいたします。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年8月16日 お盆終わりですね

2017-08-16 | Weblog
山の日 

まだ慣れない為か8月11日がなんで休みなの…と。
去年から始まった「山の日」ですがまだまだ馴染みません。
「海の日」に始まって「山の日」の祭日まで出来きちゃった日本。
こうでもしないと日本の総労働時間が下がりません。
世界的に馬鹿にされているようですが勤勉国家日本!何が悪い?と。
でもそろそろ変えなきゃいけませんよね。

『働き方改革』といっても企業側は「人減らし効率アップ」を掲げますが、やらなきゃいけないことはやらなきゃいけないのですよ。
誰かが「効率」を唱えて手を抜け?ばどこかに必ずしわ寄せが来るものです。
最低賃金が政府指導で上がるため企業側の経営は圧迫され固定費削減へ。
辞めた人の補充に消極的にもなってしまいます。

『物価上昇、デフレ脱却』ビールも発泡酒も高くなっちゃって買うものがどんどん値上がりします。
そうすると一見、好景気・インフレ的な数字が出てきますがまやかしですよね。
生活していて高揚感がどーも感じません、しわ寄せはいつも弱者、消費者に来るのですよねーぇ。

まぁー、確かに私のいる製造業の経営環境は円安も手伝って悪くはありません。
良いといえば良くなっているのです…が釈然としません。
『好景気』とあおって国民を躍らせようと躍起になって誘導しようとするあざとさがわかってしまう分、情けなくもあります。

先月7月17日「海の日」いろいろな事情から会議を招集し仕事をしてしまいました<ゴメンナサイ>。
私みたいな日本人がいるから祭日を増やし強制的に労働時間を世界的レベルに近づける調整がいるのでしょうね。

通勤でいつも見かける「日本丸」、いつも帆を畳んでいてこれが当たり前と思っておりましたが…。
なんと「海の日」のランチタイム、総帆展帆(そうはんてんぱん)し29枚の帆が全て広げられていました。
みごとな景色にしばしうっとり。
広げる作業と畳む作業がありますから一日のうちで総帆状態で見られるのは3時間位なもの。
休日出勤のご褒美!ラッキーでした。

「梅雨明け宣言」してから関東地方は晴れの日が少なく8月に入ってから雨続きでお盆も「雨まみれ」
こんなお盆は初めてかもしれません。
お天気なので当たるところがないのですね^^
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年7月30日 ミッキーマウスノキ

2017-07-30 | Weblog
mouse,mouse,mouse…

パソコンのTVコマーシャル、よく見かけます。
乃木坂46のセレクトメンバーとのことですが…
歳のせいですね、みんな同じ顔に見えちゃう。
衣装が同じになると特にそーですね。。。もう末期。
もちろん、よく見るとちゃーんと違っていて個性的に見えるのですが…。
キャンディーズは直ぐに見分けられたのに^^

植物園で「Mickey mouseの木」を発見。



「えーーーっ、面白い花」いやいや花が終わった後でしょ?
ミッキーマウスの花は黄色い普通の花。
その後、写真下の花の実ができ、緑色から黒っぽくなり最後に落下。
ストローみたいに伸びているのが雄しべのようです。
『目から鱗』ならぬ「目から種」
何気なく通り過ぎてしまいそうな位置にあった木ですがビックリ。

このところ関東地方は「戻り梅雨」とかで『梅雨明け』何処へ?って感じです。
今週はもう8月、お盆ですね。
ブログをサボってましたら「活」を入れられる閲覧回数。
「暑気払いでもしましょうかね



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年7月2日 明月院

2017-07-02 | Weblog
あじさい寺

紫陽花が華やいでいるうちに…と、シトシト梅雨空の北鎌倉「明月院」へ。
直行するのももったいなく北鎌倉駅すぐそばにある円覚寺から東慶寺、浄智寺と寄り道。
今時期どこへ行ってもアジサイですね。
休日の明月院、駅から行列ができていて30分以上かかるとのネット情報。
ならば仕事サボって行くしかない。
登り階段両サイドに「明月院ブルー」と言われる姫アジサイが出迎えてくれました。

休日を避け行列回避できましたがそれなりに混んでいます。
中に「龍安寺」の石庭を彷彿させるプチ石庭が。


ゆっくり眺めるほどの余裕もなく写真をそそくさ撮ったらすぐ移動。
うーーーん、風情なさすぎ…。
そして、この石庭の真向かいに有名な満月から覗く庭空間があるのですがこれまた行列。

ぐるーっと回って列に並ばないと眺めることができません。
これが休日だとディズニー並みの行列なのでしょうがさほど並ばずにすみました。
結構、浴衣姿のひと多くて待ってるのが苦になりません^^。
並びながら不思議とワクワク・・・いい感じ。
ぼちぼち並んで撮ったこの写真…「日本の美」


ここも追われるように場所を譲り…と慌ただしいままに。
ゆっくり「和」の空間を堪能したかったのですがこの時期、無理ですね。
紅葉もこの空間から眺めるとまた格別なのかもしれません。

ここに限らず昨今「御朱印」「パワースポット」ブームに乗って若い人たちが随分訪れるようになっているそうです。
明月院は「あじさい」のほか遊び心満載で「月」をからめた「うさぎ」「地蔵さん」などいろいろなところにちりばめられてて楽しませてくれます。


紫陽花の時期に関係なくふらーっと行ってみるのもいいですね。

そして近くで遅めのランチ

北鎌倉の地ビール濃厚で美味しかった!
ほんとうはこれが目的だったかもーっ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月11日 ちょっとだけ鎌倉

2017-06-11 | Weblog
大仏さま

バラ園だけで終わっても…と思い近くを散策。
大仏さまを含めこの辺りは20年ぶりかもしれません。。。
今時期の鎌倉、海外からの観光客に加え修学旅行生が多いですね。
班ごとに「行動計画」立案、そーいえば家の子供たちもやってました。

今回の行先「班行動」の中学生とシンクロ。
お宮周辺はおみやげ屋さん多いいので何かと誘惑されちゃいますね。
ちょっと可笑しかったのは修学旅行生たちの1シーン。

おみやげ屋さんに気がとられ時間超過気味…
眼鏡の女子班長「早くしてーぇ行くわよーっ
A君「ねーぇ、ねーーぇ、寺ひとつパスしよーよーぅ」(大胆な提案!寺より土産が優先っていう気持ちもわかります)
班長「だめっ!!」と、時計を気にしながらきっちり日程遂行。
ところが歩きながらお煎餅屋さんの実演前で心奪われ「ここ確か…有名なところなんだよねーっ」と言いつつ香りにシンクロしちゃいました。
Bさん「ねぇー、ちっとーぉ、そろそろ行こーよーぉ」と即され。しぶしぶ歩き始めてました。
厳しい班長も食べ物には弱いところがみえ。。。微笑ましかったですね。

この修学旅行生、名札から札幌からの中学生。
我々の中学時は青函トンネル開通前なので連絡船で時間がかかり十和田まで。
今は北海道新幹線が開通しましたから一気にここまで来れるのですね。

さてさて、長谷寺へ…ここも20年ぶり。

最初に来たのは高校の修学旅行「自由行動」で。
ご一緒したのは…小学校6年の時に都内に転校しちゃった初恋の娘。
長谷観音の見上げる大きさに感動したのを覚えています。

上に登って行くと木陰から湘南の海が一望出来ます。


アジサイは咲き始めていましたが、まだまだこれから。
ここに住んでしまうとなかなか来なくなるのでしょうから、今の立ち位置がいいのかも。
来週辺りから明月院のアジサイ見ごろですね

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年6月4日 バラまつり2017

2017-06-04 | Weblog
鎌倉文学館

今時期、ばら、バラ、薔薇…そういえば(^^♪ バラ、バラ、バラ、バラ…そんな曲ありましたね
ここのバラまつりは今日(4日)までの開催、なので先週行ってきましたが花はやや終盤にさしかかっていました。
仕事サボってでも早めに行かないとだめですね


入り口では生茂る木々のアーチで迎えられ、その先にこの建物『鎌倉文学館』があります。
加賀百万石藩主 前田利家の系譜、第15代当主 前田利嗣の別邸として1890年ころ建てられたそうですが…、
類焼による焼失、関東大震災での倒壊の痛手を経てもなお再々の建て替えが行われた築財です。
最後は鎌倉市に寄贈され今の文学館の形で国の登録有形文化財に。

川端康成がこの近くに住んでいたこともあり、交流の手紙が多く展示されていました。
鎌倉は芥川龍之介、夏目漱石、有島武夫…、歌人の与謝野晶子、俳人の正岡子規…と400人を超える文化人の宝庫、
建物の中に作家の鎌倉居住マップなるものがあったのですが眺めていると、えーーーっこの人も住んでいたんだ!という人たちでいっぱい、流石鎌倉です。


さてここの建物、ばら園としても結構有名で200種、250株(正確には201種、246株)が植えられています。



この種「ジュビレ デュ プリンセス ドゥ モナコ」2003年AARS大賞受賞だそうです。


この名前?忘れちゃいましたが、なかなか可憐で艶やか

『綺麗な薔薇には棘がある』
綺麗な薔薇にだけ棘がある訳ではなく、どんな薔薇にも棘はある…。
うまい話にだけ裏があるのではなく、うまくない話にも裏はある…のです。

まぁー、それなりに気を付けたいと思います…^^。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年5月14日 NHK的に大型連休=GW(下)

2017-05-14 | Weblog
箱根路…翌日

強羅から始まる朝、それは箱根路をまるごと頂く一日の始まり。
まずはホテルから数分で行ける「強羅公園」へ。
ここは季節によって見せる顔が違います…春と言っても新緑だけではなく葉の色の違う木々が入口で迎えてくれます。
そんなこともあって毎回行くたびにこの公園の階段に差し掛かると心の扉が開いてスルスルーッと気持ちが泳ぎ始めます。
しかも今回は「箱根フリーパス」なので入園無料、ラッキー!

ここなら一日いてもいい…と思いつつ、連れに即されケーブルカーを乗り継ぎロープウェイで大涌谷へ。

噴火騒動から2年が過ぎ、すっかり元通りの観光地に戻っていました。でも奥までの通路はまだ閉鎖状態。
冬に来ると雲のない雄大な富士山と出会えるのですが…ちょっと残念。でもここは素敵なショットポイントです。
海外から来られた方々も富士山までいかずともここでプチ対面が叶います。

箱根湯本から登山鉄道のスイッチバック運行で登り、ケーブルカー、ロープウェイと乗り継いで芦ノ湖まで…このコースは箱根ゴールデンコース。

がしかし、この箱根路は戦後、伊豆から箱根に上がって観光地の独占を狙った西武グループと新宿~小田原にいち早くロマンスカーを走らせ箱根路を観光の拠点として開発しようとする小田急グループとの激しい戦いがあったところです。
先にバス道路を開発先鞭をつけた西部グループは路線権を独占し、小田急グループに解放しないことから論争となり最後には裁判沙汰に。
地上がダメなら…と、山を登る鉄道、ケーブルカーそしてロープウェイと上空に新たな路線を開拓、活路を見出した小田急グループが結果として成功し現在の姿に落ち着いています。
「ピンチはチャンス」…とはよく言ったものです。
箱根は多くの美術館が点在し公園、彫刻の森、星の王子さまミュージアム等々…多くの観光資源を創作コーディネイトした様は「ここを守ろうとする執念」が創り上げた小田急グループ意地の傑作でしょうか。
今でも箱根路にライオンマークのバスが走っている違和感ある風景の歴史的背景がここにあります。

「箱根フリーパス」利用なので今回は小田急バスをフル活用…小田急の戦略にハマってますね
さてさて能書きはさておき、自然派の私は湿性花園へ。

少し高いところにあるため新緑にはもう少し時間がかかりそう…。
数匹のカエルが鳴いていましたが夜は賑やか…というか煩い位でしょうか。
ここでも一日居れそうなのですが…またまた連れに即され長居できず次のスポットへ。

『やっぱり今度は一人で来よう』と心に決めた箱根路でした





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2017年5月7日 NHK的に大型連休=GW(上)

2017-05-07 | Weblog
箱根路

GWどこへ行っても混雑してますが、なか日の1日,2日はやや穴場。
箱根強羅に温泉宿を取り現世界からチョットだけ逃避。
住まいが小田急沿線ゆえ箱根湯本まで一本で。

そうそう急に思いたって会社を休み、この元箱根の杉林に行ったのは35年前の8月。
都会のうだる暑さを忘れさせてくれる涼しさ、降り注ぐ森林の香り…感動しました。
さほど遠くに行かずとも身近にあるこの避暑地、素敵な場所です。

写真の杉林、徳川幕府が東海道を旅する人達に木陰を提供する目的で作られたものだとか。
江戸時代、この街道を多くの人たちが京都に向かって行きかっていたのですねー。。。
ただその木々も第二次世界大戦中にずいぶん伐採され…今は芦ノ湖4地区の420本だけが残っています。

芦ノ湖遊覧の海賊船から眺めに入ってくる箱根神社、今回は湖畔を歩いて神社まで。

ツアーと違って自分のペースで行きたいところに気ままに行く。
これが一番リラックスできます。

神社を通り抜け脇道に…ここが海賊船から見える鳥居。

この写真、逆光のおかげでボカシなしでもOKでしょうか。。。

そして…この湖畔の遊歩道にも杉林があります。

箱根は海外からの観光客でどこもかしこもいっぱいですが、このところ東アジアや欧米の個人旅行者が多いとか。
ただ湖畔のこの散歩コース、比較的観光客も少なくゆっくり静かな時空を楽しめます。
途中にある「山のホテル」で美味しい紅茶とケーキでくつろぐのもお勧め

セミの鳴き始める梅雨明けの夏、ブラーっとまた来るのもよし。。。かなぁ。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年4月16日 今年の桜

2017-04-16 | Weblog
今年の桜おかしいかも…

東京の桜(ソメイヨシノ)開花宣言は3月21日
いつもは3月末、もっても4月初旬には散ってしまうので「潔さ」の象徴に。
子供たちの入学式の時はギリギリだったり、散った年もありました。
海外からの観光客もその年の開化タイミングに合わせるのが大変と聞きます。

ところが今年は…なんと先週まで花が散らず3週間も長持ち。
写真は10日、会社の近くからの桜ですがその前の週から満開で週末まで持続。
こんなに長く桜を見続けられたのは今年くらいなものでしょうか。
しかも葉の芽が出ず葉桜にもならず満開を持続、すごいことです。

ついには『あまり長く咲いているので「有難さ」が薄れるね』とおっしゃる方も…。
「潔さ」の反対語は無いとのことですが今年の桜「未練がましい」とか「往生際が悪い」なのかも。
いえいえ長く鑑賞できることに越したことはございません。

さてさて、やっと本格的に暖かくなり気分も晴れやか
さーーーぁ、エンジョイするぞーーーっ!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年3月26日 法事の帰省

2017-03-26 | Weblog
遠のく北海道…

両親の3回忌、7回忌のため北の地へ。
お見舞い、法事ごとを含めこの時期の帰省が多く、観光には縁遠いいタイミングでした。

うーーーん、今時の北海道といえば網走、羅臼辺りの流氷しか思い当たりません…。
ただ、流氷も来始めのころは海水に浮かぶ氷とのコントラストがありますが、一旦漂着すると、陸地から海まで雪で覆われどこが流氷なのかわかりにくく…今一、流氷の感動が薄れます。

といいつつ、流氷を見に行く余裕もなく単に往復してしまった羽田-新千歳
今時期、白い雪は消え汚れの残氷雪が目立ち、お色直しにはもう少し時間がかかりそうです。
は4月には咲かず、5月の連休までお預け。
ライラックも5月下旬まで待たなければなりません。
そうそう北海道は梅と桜が同時に咲くんですよ!

今回の法事…なんとなく一区切りの感がありました。
両親がいない実家は、当然なが空気が違っています。
その場、その所で時が確実に刻まれて行くことを再認識する良い機会でもありました。
つぎからの帰省は、友となじんだ空気の「すすき野」辺りが相応しい場所になるのでしょうか。

そぅ…北海道の思い出、いろいろある中、結果としていつもそばに那っちゃんがいたのかも。
周りの出来事が全てパックの題材となり、パックにのめり込むことがある種の昇華となっていたところもある…。
最初の投稿「㊙男子寮夜の告白」は何度書き直したことだろう。
お題に合わせるため無理やり書き直しをしたこと数度、タイミングを図るため温めなおしたことも度々。
自分で書いた原稿に何度も何度も赤ペンを入れ、清書をしている時でも表現が変わるため書き直しなんてこともしばしば。パソコンのない時代だから…それなりに時間もね。

帰省の折、自分を振返る…やばっ! こっちも亡くなっちゃうカウントダウンの音が。。。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月28日 立春朝搾り

2017-02-28 | Weblog
新政(あらまさ)純米生原酒

先々週アップしようと思っていましたが…慌ただしくドタバタ書きかけのまま。
週末2日間の休みではちょっと足りないかなぁ。。。と贅沢な愚痴。
部屋のレイアウトを変え、狭い部屋を広ーく活用…ただ散らかってただけ?
まだまだ工夫の余地ありですが、とりあえずスッキリ

そうそう、先週末24日のプレミアムフライデー皆様いかがなされましたか?
メディアは効果をアッピールしていたようですが、ほんの一部。
政府が躍起になってあの手この手で経済成長路線に乗せようとしている…。
国民が賢く本質が透けて見えるのか…一向に抑揚していきません。
来年度予算も赤字垂れ流しで借金まみれ!
震災対応は別として、入ってくるお金で何故やりくりしようとしないのでしょう

さて、年明けからご新酒続々入荷のワクワクシーズン突入。
お酒屋さんの話では、年末年始が終わるとパタッと売上が落ちるそうです。
そんな中、日本名門酒会が「立春朝搾り」を企画し需要を喚起し始めております。
3日の節分で邪気を払い翌日は旧正月、新たな気持ちで春を迎えるおめでたい縁起酒。
ただ、この立春に合わせてお酒を完成させるのは管理がとても大変のようです
こういう時は何故か抑揚感は高まり、乗っても乗せられてもいいですね!

お味は、控えめなフルーティー感ながら芳醇で濃いめ。
発酵途中の炭酸がほんの少し残っていてちょっと舌がピリピリします。
こっ、これがご新酒・朝搾りの証。
うーーーん、酵母が生きているーぅ。

酉年、いろいろとりこんで幸せいっぱいの年になりますように!





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年2月5日 一風堂プレミアム

2017-02-05 | Weblog
お財布遺失

昨年夏、不覚にも財布を落としてしまいました
現金は5,000円程度ながら出張時のタクシー代、その際の会食領収書などを含め3万円。
ほかに会社の入退室セキュリティーカード、スーパーのポイントカードそして一風堂のスタンプカード。
免許証やクレジットカードは別にしていたので助かったのですが損失総額約35,000円也。
警察に届け、何度か確認の電話をしましたが一週間たっても出てこず諦めました

お金の精神的ショックは自分自身の問題、会社のセキュリティーカードは紛失届の事務手続きで。
一番気になったのが3,4人で集めていた『一風堂』のスタンプカード。
あとわずかで『プレミアムメンバー』(60杯ほど食べる必要がありますが…)だったのです。
法律的には大げさながら「共有資産」。
いゃー、皆さんに平謝りでした

心機一転、仕切り直して再び60杯食べ続けてのプレミアムメンバー到達。
自宅に一風堂から「どんぶり」「おたま」「お箸」「日本手ぬぐい」「白丸、赤丸、替玉セット」とメンバーズカードが贈られてきました(写真)。
このメンバーズカードがあると4名まで替玉と玉子が1年間無料になります

さて傷口も癒えた先月、深夜の帰宅時 自宅近くの自販機前でお財布を拾いました。
帰宅後確認すると、看護専門学校に通う学生さんで自宅から5~6分のマンションにお住まい。
あてにならない警察(ちょっと違うかも…)より、直接届ける道を選択致しました。

翌日「ピンポーン」、「お宅のお嬢さんのお財布を昨日、拾った者です」と。
「お金が無くなっていたり不審なことがあったらお電話ください…」と電話番号を伝え帰宅。
そして9時過ぎ「ありがとうございます。疲れてぼーっとしていてどこで落としたかもわからず…お礼をしたいのでご住所をお教え頂けますか」と。
「実は、自分も半年前 財布を落とし出てこず気落ちした経験があります。お財布が無事届いて喜んで頂けただけでこちらも嬉しいです。そういうわけでお礼などのご心配は要りません」と。

拾ったものを届けるという「あたりまえ」の行為がなされない世知辛い昨今、思い出すと何故かひとりで『ほっこり』しています。
『善い行為<おこない>の数だけ心が洗われます』

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年1月15日 寒中お見舞い

2017-01-15 | Weblog
日本列島『大寒波

全国的寒波で雪模様…「センター試験」の日は毎年荒れますね。
京都での女子駅伝、雪で視界がさえぎられ、頭や肩にも積もってます。
なぜか関東地方だけがすっぽり雪が降っていません。
それにしても底冷えのする寒さです。

こんな日は、少し温めた「ぬる燗」がいいですね。
ちょっと温めると味わいがぐーんと変わってきます。
ワインも温度によって味覚が変わりますので温度は重要なファクター。

昨年までは「あらばしり」の魅力に捕らわれておりました。
が、今年は「袋吊り」

「あらばしり」はもろみの袋を積み上げて出てくる出始めのお酒。
「袋吊り」はもろみ袋を吊るし圧力をかけず自然の力で垂れ出るお酒。
「しずく搾り」とか「雫酒」とか言われています。

秋田の福禄寿酒造の小さな酒蔵からの「一白水成」
濃くてふくよかな味わいと香り…感動的です。
こんな製法のお酒が限定ながらお店に出てくるのは有難いです。

さて、いろいろ変化の予感がする2017年。
皆様、今年の抱負は?
えっ、わたし?
もちろん今年も果敢に「お酒」に挑戦致します

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年12月4日 今年の紅葉は最高!

2016-12-04 | Weblog
箱根の紅葉

今年、ボージョレ・ヌーヴォー前後の紅葉は最高でした。
京都も大変な賑わいですね。
一時間ちっとでたどり着くここ箱根、強羅は見どころ満載。

強羅公園に広がる紅葉…

関東地方は24日に54年ぶりの雪が降りましたが…その前だったこともあり紅葉を満喫。

上に進むと奥に茶室があります…

この茶室周辺の紅葉も見ごたえがあります。
さて…中でゆっくりお抹茶を。。。

強羅公園をどんどん上に進んで抜けたところに…

箱根美術館があります。
美術館というよりはその敷地周辺の苔が見ごたえがあります。

さてさて12月に入ると…紅葉からクリスマス・イルミネーションに模様替えですね。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加