ひとりごと

淋しい時や悲しい時にひとり呟きます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

猫が死んで

2017-03-21 02:29:07 | 日記
可愛がってた猫が

死んだ


あれから

10日が過ぎても

まだ 心の中は

空っぽのまま


せめてもの 救いは

わたしの 腕の中で

息を引き取ったこと


悲しい って

あの人に

LINEで呟いた


悲しいね って

返事をしてくれた


心配だったのか

唐突に

フェイスタイムで

連絡が来た


自分からは

君に連絡はしないよ って

言っていたのに


まん丸顔になったなぁ

と わたしをからかって

元気そうで良かったよ

と、言った


ノーメイクの

泣き腫らした目で

わたしは

精一杯の笑顔を

向けた















ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 損得感情の向こう側で | トップ | 変わらない性根 »