ひとりごと

淋しい時や悲しい時にひとり呟きます。

神様でもない限り

2017-04-19 02:36:09 | 日記
わたしが

自分から

身を引こうと

思ったのは

あの人のブログを見て

直感的に

あの人の

興味が湧いた女性の存在を

感じ取ったから


あの人は

よくわたしのことを

値踏みするような発言をして

わたしを落胆させたものだ


一緒にいるのは

一日が限度だな

とか

バカは嫌いなんだよ!

とか


どこにいるの?

と聞いても

もったいぶって

教えな〜い

とか平気で言う人だった


わたしの

気持ちなんか

受け止めようとも

してくれなかった


そのくせ

「愛を感じ取れないんだったら…」

などというセリフを

すぐ口走って

わたしの

心を揺さぶった


分かっている

あの人は

知能とは関係ないところで

脳に発達障害があることを


だから

気が変わり易いし

自分の思い通りにならないと

激昂するし

人の気持ちを

思い計ることができない


人の立場になって

ものを考えることができない


自分の主張だけに固執して

他人の意見を

冷静に聞くことができないし

受け入れることができないのだ


わたしは

随分と

無理をしていたのかも知れない


神様でもない限り

あの人の

全ては

受け止められそうにない










ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 虚しさ | トップ | 心がざわついて »