韓流ドラマ、海外ドラマ、映画紹介

韓流ドラマ、海外ドラマ、映画紹介

BAFTA英国アカデミー賞、『ラ・ラ・ランド』が作品賞を含む5部門受賞

2017-02-13 16:10:27 | 日記
今月26日(現地時間)の第89回アカデミー賞に先駆け、第70回英国アカデミー(BAFTA)賞が現地時間12日にロンドンで開催。米アカデミー賞でも最有力候補と謳われるデイミアン・チャゼル監督のミュージカル『ラ・ラ・ランド』が最多11部門ノミネートのうち、作品賞、監督賞、主演女優賞、オリジナル音楽賞、撮影賞の主要5部門を受賞した。

 『ララランド DVD』は米アカデミー賞でも最多14のノミネーションを獲得しており、英国アカデミー賞での快挙に続き、26日の発表でどのような結果を出すのか、ますます目が離せなくなる。
スプリット DVD

 同作では主演女優賞を受賞したエマ・ワトソンと並び、ライアン・ゴズリングが主演男優賞にノミネートされていたが、同賞は『マンチェスター・バイ・ザ・シー』のケイシー・アフレックに渡っている美女と野獣 DVD。映画『スパイダーマン:ホームカミング』(8月11日日本公開予定)で新スパイダーマンに抜擢されたトム・ホランドは、今後の活躍が期待される注目の若手俳優に贈られるライジングスター賞を受賞した。
マンチェスターバイザシー DVD

 第70回英国アカデミー(BAFTA)賞の主な受賞作品・受賞者は以下の通り。
作品賞:『ラ・ラ・ランド』
英国作品賞:『わたしは、ダニエル・ブレイク』
監督賞:デイミアン・チャゼル『ラ・ラ・ランド』
主演男優賞:ケイシー・アフレック『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
主演女優賞:エマ・ストーン『ラ・ラ・ランド』
助演男優賞:デブ・パテル『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
助演女優賞:ビオラ・デイヴィス『Fences(原題)』
ライジングスター賞:トム・ホランド
オリジナル脚本賞:ケネス・ロナーガン『マンチェスター・バイ・ザ・シー』
脚色賞:ルーク・デイヴィス『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
撮影賞:『ラ・ラ・ランド』
外国語映画賞:『サウルの息子』(ハンガリー)
アニメーション映画賞:『Kubo and the Two Strings(原題)』
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016~17年の注目ドラマをチ... | トップ | ナムグン・ミン主演ドラマ「... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。