韓流ドラマ、海外ドラマ、映画紹介

韓流ドラマ、海外ドラマ、映画紹介

『死んでこそ生きる男』VS『再会した世界』VS『7日の王妃』視聴率争い

2017-07-27 10:27:34 | 日記
水木ドラマの視聴率争いで『死んでこそ生きる男(原題)』はダウン、『再開した世界(原題)』はアップしたが2けた達成は失敗した。

27日、視聴率調査会社ニールセン・コリア集計結果によると26日放送されたMBCの水木ドラマ『死んでこそ生きる男』第5、6話の視聴率は8.1%、9.4%(全国放送世帯基準)をマークした韓国ドラマ 番人 DVD。これは先週放送分の9.6%に比べて0.2Pダウンした数字だ。
サムマイウェイ DVD

これに反しSBSの『再会した世界』は全国基準視聴率6.3%、7.5%をマークした。キム課長 DVDこれは前回放送分の6.0%、7.2%より小幅上昇した。

同時間帯に放送されたKBS2TVの『7日の王妃 DVD』は、6.5%だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TURBO、今日(25日)新曲リリー... | トップ | J・J・エイブラムスの製作会... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。