旋律のMarshmallowbust

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リーマン・

2017-06-30 17:09:16 | 日記
いわゆるバブル経済(わが国では平成3年まで)というのは不動産、株式などの市場価格の動きが大きい資産が取引される金額が度を過ぎた投機により実体経済の本当の成長を超過してなおもありえない高騰を続け、最終的には投機によって持ちこたえることができなくなるまでの状態を指す言葉。
いわゆる外貨預金について。銀行で扱う運用商品。外貨によって預金する商品の名前です。為替変動によって発生する利益を得られるけれども、同じ理由で損をするリスクもある(為替リスク)。
つまり「失われた10年」というのは、ある国全体の、あるいはどこかの地域の経済がほぼ10年以上の長きに及ぶ不景気と経済成長の停滞に直撃されていた10年を表す語である。
一般的にスウィーブサービスってどういうこと?通常の普通預金口座と(同一金融機関・グループの)証券取引口座の口座間で、株式等の資金や利益などが自動的に振替えてくれる画期的なサービス。同一の金融グループによる顧客囲い込み作戦である。
銀行を意味するバンクという単語はあまり知られていないけれどイタリア語のbanco(机、ベンチ)という単語に由来する。ヨーロッパで最も古い銀行。その名は今から約600年前に当時大きな勢力を持っていたジェノヴァ共和国で生まれ、領土の統治にも関与していたサン・ジョルジョ銀行であると研究されている。
これからは安定的ということに加えパワーにあふれたこれまでにない金融システムの誕生を現実のものとするためには、民間の金融機関とともに行政が両方の立場から解決するべき課題に精力的に取り組んでいかなければならないのだ。
保険のしくみ⇒予測不可能な事故が原因で発生した財産上(主に金銭)の損失に備えて、賛同する複数の者が少しずつ保険料を掛け金として納め、集められた保険料を資金にして突如発生する事故が発生した際に保険金を給する仕組みである。
小惑星探査機「はやぶさ」が地球に無事帰還し話題となった平成22年9月10日、日本振興銀行の経営が破綻したのある。このため、これまで発動したことのないペイオフが発動することとなり、全預金者のうち3%程度、それでも数千人を超える預金者が、上限額適用の対象になったのではないだろうか。
多くの場合、金融機関のランク付けとは→ムーディーズなどで知られる格付機関が金融機関、国債を発行している政府や、社債を発行している企業の持つ、債務の支払能力などの信用力を一定の基準に基づき評価しているということ。
福田首相が総理を降りた直後の2008年9月に大事件。アメリカの有数の投資銀行であるリーマン・ブラザーズが経営破綻したのである。この事件がその後の世界の金融危機のきっかけになったためその名から「リーマン・ショック」と呼ばれることになったのだ。
タンス預金の弱点⇒物価上昇の(インフレ)局面では、インフレ分現金は価値が目減りする。だからたちまち暮らしに必要とは言えないお金は、どうせなら安全でわずかでも金利も付く商品に資金を移した方がよいだろう。
ということは「重大な違反」かどうかは、金融庁において判断するものである。たいていのケースでは、ちんけな違反がわんさとあり、その効果で、「重大な違反」認定されてしまうわけです。
【解説】外貨MMFって何?国内でも売買してもよいとされている外貨商品の名前。同じ外貨でも預金と比較して利回りがずいぶん高いうえ、為替の変動による利益は非課税だというメリットがある。証券会社で誰でも購入できる。
きちんと知っておきたい用語。外貨預金とは?⇒銀行が扱うことができる資金運用商品の一つであり、外貨で預金する商品の事である。為替変動によって利益を得る可能性があるけれども、同時に差損が発生するというリスクもある(為替リスク)。
きちんと知っておきたい用語。ロイズというのは、ロンドンのシティ(金融街)にある世界の中心ともいえる保険市場なのである。またイギリスで議会制定法により法人化されている、ブローカー(保険契約仲介業者)およびそのシンジケート(団体や組合)が会員である保険組合を指す場合もあります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国際的な市場や取引など | トップ | 事細かに »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。