えんめい〜縁命

82歳、ひとり暮らしの母が入院しました。

肺炎…看護師主任のSさんから留守電 6月3日(金)

2017-06-19 20:08:26 | 日記
仕事が終わって携帯を見たら、看護師主任のSさんから留守電が入っていました。
元気がないし、熱もあったのでCTを撮ったら、肺炎だったとの事でした。
折り返し電話しようかとも思ったのですが、19時過ぎていたし、急を要するような口調でもなかったので、しませんでした。

大変申し訳ないのですが、私はどうもSさんを好きになれません。
最初の頃、面会に行くたびに「延命措置を希望する、という事でいいんですか?」と、
まるで延命措置を希望しないのを勧めるような事を言われたせいかもしれません。

その後、延命措置を希望しない、という事にしたのですが、それからは
「もうお年ですから何があるか分かりません」というようなことを言われます。
確かにそれはそうなのでしょうけど、いつもいつも言われると少々ムカつきます。

母のお世話をしてもらっているのだから、感謝しなくちゃいけないんですけどね。
結局、折り返しの電話はしないで、月曜日に面会に行った時に話を聞きました。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お隣さんが来ていました 5... | トップ | 先生のお話を聞きました 6... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。