マロッシの趣味の家

趣味のカメラや戦車のブログ

整備完了

2017年01月16日 12時14分08秒 | 戦車

バッテリー交換後、簡易テストのみで定位置に戻ったティーガーⅠE

簡易なテストのみで、実戦に戻るのは実車と同じだ!(笑)

今回整備して初めて気が付いた問題点は内部ユニットの配置で、後部のデッキの脱着が困難と気が付き
内部のユニットの配列を見直す。
後バッテリーの端子も万が一ショートしないようにテープで絶縁、パンターと共にボッシュの前照灯も
12Vから電源を引くと明るすぎるので、リアルな暗いボッシュを再現する為エネループのままとする。
1.2V直列で4本、4.8V辺りの灯りが一番雰囲気が良いので。パンターも電池式とした。

今回でティーガーのメンテナンスは完了、次回の整備への経験値が上がった。


コメント

動作確認

2017年01月12日 17時08分20秒 | 戦車

新しいバッテリーを二個セットで購入、早速今日届いたので取り付ける。
12v22ahを二個繋いで24v22ahとして使うのだが、実際にはもっと大型を乗せることも可能だが
交換時に後部の分解だけのメンテナンス性の良さから、今回も同じ大きさを選んだ。
以前に買った物は20ahだったのが、僅かに性能アップで耐久性も1.5倍との事、次回の交換は4年後あたりか?

新しいバッテリーを接続して可動させるとなんの問題も出ない!
バッテリー無しで保管しても良いではないかと思われるかも知れないが、常に稼働状態で置くのが私の拘り。
早速、充電して組み立てるが、虎は一度も外で走らせておらず、どこかに持って出ようかな?

そろそろ心配なのはパンターのバッテリーの寿命なのだが。

コメント

バッテリー交換

2017年01月10日 16時27分35秒 | 戦車

パンターGの完成で喜んでいると、なんとなくもう一台のタイガーの調子がおかしく
原因を探ると、どうもバッテリーの寿命らしい。
パンター戦車はイギリス製の電動ミニカー向けを購入、いまだに快調なのだが
タイガーの方はイギリス製が輸入出来なくなり、仕方なく台湾製を購入したが
約3年で駄目になる、国内で買えるバッテリーを調べると安く買えるのは台湾製しかなく
新型の12V22AHの物が1.5倍の寿命との事で2個注文した。

タイガーはパンターと違って後部のデッキが外せたのでなんとか全バラしなくても交換出来そうだ!

コメント

全自動エスプレッソマシン

2017年01月06日 04時10分58秒 | 家電

デロンギのプリマドンナXSと言う全自動のエスプレッソマシンを買った。

私はコーヒーの味の違いがそれほど判る人間ではで無いのだが、粗毎日コーヒーは飲む。
バイク好きの友人がコーヒー好きなので、暖かい時期の早朝ツーリングも目的の半分は西脇のカフェレストランでコーヒーを飲む事!

家でもインスタントや安いコーヒーメーカーを使って粗毎日飲むし、ローソンで週の半分はLサイズのコーヒーを買って飲んでいる。
ただし安物のコーヒーメーカーは私の好みの味が出しにくく、美味しく作るには2杯以上抽出が必要なので、毎回の手入れと相まって
最近使う頻度が下がっていた、一杯だけ美味しく飲みたいではないか!

私のバイク仲間の友人が最近粉を持って来てくれた時も粉の配合に失敗して、まずいコーヒーを大量に作ってしまった。
そこから反省して、家でもローソン程度セブンイレブン以上のコーヒーを作れないかと調べると、最終的にはデロンギにたどり着く訳だ。(笑)
値段があまりにも高額なので、メニューが固定でもコーヒーの濃さは3段階変えれてカプチーノの自動で作れる機種を初めは狙っていたが。
調べれば調べるほど最上位機種とで悩んだ、価格が7万程変わるのと私に味の違いが判るのかと思ったが、万が一後で後悔したくないのと
出来るだけ長く使いたいので、最上位機種をアマゾンで安い物がラスト1台になった所でカートに入れ目をつぶってクリックした!(笑)

4日に届き同時に買ったスタパの豆を使って、最初に入れたのが日本専用のカフェジャポーネだった。
カップを温める事もカップウォーマーがあるし急ぐときは湯煎も出来便利で最初の一杯をとても美味しく頂いた。
試しに2杯目は抽出温度を上げて見たが、味も変わってしまうので元に戻した。
コーヒーの濃さは5段階でマイルドでも試すが、まだ正直どれが合うのか!
カプチーノも試すが、不器用な自分でもこんなに美味しく出来ると考えると、価格相応かどうかは別にして買って良かった!
正直設定範囲は狭いが下位機種でも充分かもと思うが、長く使って味の変化を求めたくなった時に後悔しないのはこちらだろう。
決して、私の好みで美味しいと思う喫茶店のドリップコーヒーには及ばないが、何処とは書かないが有名なコーヒーチェーン店よりは美味しいと感じた。
豆の同じ味に飽きても、粉から一杯だけ抽出も出来るので今度試して見よう、週末には友人が試飲しにくる!

プリマドンナは他機種に比べコンパクトだが、豆や水の入る量が少ないのだが、一人で飲むには充分だが、大量に作るなら他が選択肢となるかも!
朝から一日飲んで、最後に水洗いなどお手入れとなるが、以前のコーヒーメーカーと手間は大差無いし、飲むたび毎回手入れが必要だった以前の機種に比べれば
内部は自動洗浄だし非常に簡単、一日の終わりに水洗いだけ!
ただミルクのケースは使い切った後は中性洗剤を入れたお湯に浸け洗っている。
お手入れ用にアルコール洗浄スプレーも薬局で購入した。
最大の欠点はお手軽なので、つい飲みすぎる事だろうか!?

コメント

年賀状

2017年01月02日 11時48分53秒 | Weblog

あけましておめでとうございます。

年賀状を年末に出そうとパソコンを開くと以前の修理でソフトが消えてしまい。
ネットでソフトを購入、外付けのHDから住所を見つけやっとの思いで印刷しようとすると
プリンターが故障、31日にヨドバシのネットで購入、1日にやっと年賀状送りました。

正月から高い出費だったわ~!




コメント (2)

α99 II で写した嵐山 ラスト

2016年12月19日 21時01分17秒 | α

昔のように素早く歩く事はもう出来ないので、じっくりと撮影しながら進む。


α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8















α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8


















α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8











庶民にはとても泊まれない宿



α99Ⅱ+70-300mm F4.5-5.6 G SSMⅡ











α99Ⅱ+70-300mm F4.5-5.6 G SSMⅡ














α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8













不気味だ



α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8














ライトアップの準備中、カラーモードを風景からスタンダードに戻した。



α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8












この後和菓子とほうじ茶を飲みに戻った。





α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8

コメント (2)

α99 II で写した嵐山 その2

2016年12月18日 20時59分56秒 | α

本当は近くにある懐石料理を食べに来たのだが、予約をしようと近寄ると臨時休業だった。
暫くショックで立ち直れなかったが、対岸にあるバイキング料理で早い昼食とする。


α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8










昼食後気になる神社を覗いて見た。

α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8








α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8














その後は、何時ものコースで散策


α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8










α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8







α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8









スマホで位置情報を連動させるが、内蔵のGPSより受信が早いので、かなり実用的となった。


α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8


更に、つづきます

コメント

α99 II で写した嵐山

2016年12月16日 22時47分26秒 | α

先日やっと、α99Ⅱを持って撮影に行けた。

実はルミナリエに行く予定が日付を間違えて空振り!
嵐山は本当はLEICA M-Dで写す予定がセンサーのゴミのメンテでサポート送り
αで撮影する事に。

ブログ用の縮小画像では全く必用の無い高画素機だが、等倍で見ると流石に好印象
ローパスレス機なのでなおさらか!



α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8











紅葉が粗終わりの嵐山は日本人の比率が少なく感じるほどで、平日なのに観光客は多かった。

α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8











新しいαはM-Dとは対照的なカメラで、撮影時のストレスは皆無

撮影結果があらかじめ粗見えるので、素早い撮影が可能だ。

カラーも雰囲気が変わって、かなり好感度が高い。


α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8











α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8











α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8











α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8












つづく



α99Ⅱ+24-70mmZA SSMⅡ F2.8

コメント (2)

AF-C ロックオンでテスト撮影

2016年12月03日 23時46分55秒 | α






70-400mmⅡの不具合で、他のレンズでもテストするが問題は無く、特に70-200mmⅡはバツグンのAFの追従を見せる。
そこで約60KM前後で走る車でテスト撮影、新しい機能でAF-Cのロックオンを使って17連写.



AF被写体追従感度を粘るに設定して写したレクサスは、上から9枚目で一旦ピンを外しかけるが直ぐに復帰!
邪魔が入っても見事にピントを追従させる。
α99とはケタ違いの性能で、ファインダーもとても見やすかった。
4年間の進歩はとても大きい。

コメント

問題発生かな?

2016年12月02日 00時33分50秒 | α

今日は大阪のソニーサービスステーションへ新しいα99Ⅱを持って行った。
先日近くの昆陽池へテスト撮影に行ったのだが、撮影後の画像に早速ゴミを発見!
一応クリーニングモードやブロアーも試すが、無駄な抵抗だった。

今回のα99Ⅱは手持ちのミノルタ製のマクロは50mmも100mmもハイブリッドAFがしっかり機能して
実際の撮影でもかなり使いやすくピントもばっちりで喜んでいた。
α99でAF-Dが真っ先に対応していたAF50F1.4Dがなぜか対応していないが、まぁZEISSがあるからいいかなと!?
ところが、ミノルタのマクロ撮影のジャスピン連発で気を良くして、望遠に入れ替えて撮影を開始するとなんだか変!

70-400mmのAFが撮影中に止まってしまい、AFが動かずピンボケの状態でフォーカス優先でもシャッター切れまくり!
こうなると、シャッターを再度押しても全くピントが合わずストレス爆発!

怒りのランボー状態で家に帰り、他の望遠レンズで試すと、なんの問題も起きない。
70-400だけ症状が出るので、今日カメラ屋に持って行くとたまたま中古の同じレンズがあったので比較させて貰う!
すると中古のレンズでも症状が再現するではないか!一応レンズだけ修理に出したが、なにかバグなのかな~!



コメント