マロッシの趣味の家

趣味のカメラや戦車のブログ

タニオコバ M4 14.5インチモデル

2017年05月27日 12時03分32秒 | ホビー

前回発注した業者から在庫切れとの回答、慌てて在庫ありとなっている別の業者にも問い合わせしたが。
10.5インチなら在庫ありとの回答14.5インチが欲しいので、慌ててアマゾンで比較的安い業者に在庫1と書いてあるので発注すると、
メールの返信で在庫切れの場合はメールすると書いてあったので、グーグルで検索すると2社程店に在庫がありそうな業者を見つけ在庫が無い場合
すぐに在庫確認せねばとやきもきしていたら、昨日無事発送となり今日無事入手した。

購入したのはM4では一番スタンダードのタイプのカービンタイプ、タニオコバのM4は既に販売からかなりの時間が経つので今更かもしれないが
欲しい14.5インチが買えたのは嬉しい。





追加のマガジンやカートは別の店に頼んでいるので到着は来週

今日銃本体のメンテナンスの為に分解してみたが、独特の形状のエジェクターを装着するのに少し手間取った。
どうも説明書の図面を見落としていて、適正な場所に装着すると簡単に組みあがった。
バレルの取り外しは必要以外極力避けるようにと書いてあるが、発火後保存するのにフルメンテするのにチャンバーやバレルの水洗いしたいので困った。
試しに取り外すとネジ山も樹脂らしく、取り扱いには注意が必要と確かに感じるがデトネーターは完璧にクリーニングしないと気持ち悪いので少し悩む。
簡易洗浄に使う道具も揃えなければ。

画像は付属するバレルレンチ、ローダー、カート10発、マガジン1本

マガジンは追加で3本、カートは120発購入した。






ちょっと寂しいのでイオテックのドットサイトのみ取り付けた。

発火は来週までおあずけだ。

コメント

宝塚西谷の森公園へ新緑を見に その2

2017年05月26日 15時19分42秒 | 山、ハイキング

使用したレンズは24-70のズーム一本、70-300とマクロもあったが結局使わなかった。
山では便利なズームだが結構重いので、首にに直接負担を少なく出来るザックと連結出来るストラップを使っている。

画像は林道っぽい道から登山道らしくなってきた所で撮影。







sRGBのタグを認識しないのか、実際の画像より色が変なのだが、新緑が気持ち良い場所。
ただ不必要な階段には少々閉口する部分もある。
山の中は誰一人おらず帰りに少し気味が悪い体験もした。






六甲山では菊水から摩耶山に掛けてのルートが一番嫌いだが、せっかく登って下るのにはちょっとがっかりだ。(笑















展望台から360度見渡すと、素晴らしい景色だ、結構お勧めです。

つづきます。

コメント

宝塚西谷の森公園へ新緑を見に

2017年05月26日 11時29分58秒 | 山、ハイキング

SONYのα99Ⅱを持って軽いハイキングに行って来ました。

前回はLEICAのポジモードで現像したので、実際の風景とは異なったのですが
SONYの場合はまあ現実に近づいたかなと!
今回は知人と二人で行って来ました。

まずは入口付近から近くの田んぼを写しました。





入口付近で撮影
実は左はお墓なんです。





子供の日は過ぎていたが、管理棟は子供の声でにぎわっていた。

先行して先を歩いていると管理人さんが親切にも二人分の簡易地図のパンフレットを知人に渡してくれた。





直ぐ上に池があり、今回は池の右側の直進するコースを選択した。






振り向けばこんな感じ。








24mmでは上手く写せなかった。






池を越えて振り向いてパチリ。


つづく

コメント

モデルガンへの思い

2017年05月25日 09時32分21秒 | ホビー

画像は各1911ベースのモデルガンやガスガン

実は昔の固定スライドのMGCのガスガンなど合わせれば10丁程持っているが
私は決して1911系列が大好きって訳ではないのだけど、モデルガンとして昔から作動性の良いのがMGC
発火目的で買うと必然的に1911が増えてしまう、画像に写るMGCのSERIES70
先日何十年ぶりかに発火したがなんとか7発ワンマガジン全弾発射スライドキャッチこそ掛からなかったが不発やジャムはなし。

画像には無いが過去にはCMCの金属コマンダーやMGCのプラ製ナショナルマッチなど持っていたのだが。
本当に憧れだったのは、六研のプライマー発火のセンターファイヤーブローバックの真鍮ガバだったが当時は買えなかった。

その後エアガン全盛期となり必然的にWAのガバなど買うがイマイチ愛着が湧かず、最近購入したタニオコバの1911ばかりで遊んでいる。
モデルガンとして見るならMGCのヘビーウェイト樹脂のコマンダーが結構好きなのだが、発火させたのはワンマガジンだけで後は鑑賞目的で保存している。
タニオコバは発火目的でベーシックタイプを購入したのでバリバリ発火、オープンカートとMGキャップのメンテナンス作業はCPに比べると格段に楽で
デトネーターヘッドのゴムが消耗品となる以外は最高なんだが、4マガジン32発前後が洗浄の目安となリ5マガジン目には閉鎖不良などが起きだす。

CPカートのメンテナンスが面倒で見合わせていたタニオコバM4も、やはり多弾倉作動させるにはCPは必要なのは良く分かり、
遠回りしてセミオートのSR25 CO2など買っては見たが、やはり火薬作動の魅力には遠く及ばず、昨日タニオコバのM4を発注した。
予備マガジン2本とカートリッジ90発を追加発注、コバさんも80才を越えMGC時代グロックなど、こちらが勝手にお世話になった気でいるが
今買わねば後悔するのではとなんとなく思い注文したのだが、発注した業者がメーカーに在庫確認中との事
果たして上手く手に入るのだろうか?






コメント

タニオコバGM-7にダブルヘッドオープンデトネーターとハードアルマイトカートリッジ。

2017年04月24日 20時17分29秒 | ホビー







GM-7は既に1000発以上は撃ったと思うが銃本体は外観は多少ヤレても現在の所正常に稼働中
モデルガン的な作動のマルシンのC02FN5-7が何度も破損する(現在も放置中)のに流石タニオコバ信頼性はバツグン!

ただ使い捨てカートリッジが生産中止となり、カートリッジはまだ持っていたのだが、使い捨てカートとオープンデトネーターには欠点もあり。
作動の優秀なGM7もデトネーターヘッドのゴムの破損と稀に起きるMGキャップの撃ち殻がチャンバー室に残るなどと言う原因で作動不良が起きる。
新型のダブルヘッドオープンデトネーターは150発前後の耐久力がありハードアルマイトカートリッジはもちろん半永久的に使えそう。
ブローバックトリートメントと合わせ早速購入した。










早速発火させると、カートリッジが起因のジャム(MGキャップの撃ち殻が残る)は皆無となるが、なぜか不発がワンマガジンで一発前後起きる!
上手く全弾発射する時もあるが何度テストしても一緒、以前は不発は稀だったが装填時に暴発する事があったがそれは皆無となった。
デトネータの抵抗のせいなのかクリアランスが変わったのか、悩んだが対策としてハンマースプリングの棒の受け皿にMGキャップの空を加工してひいた。
上手くいくかは半信半疑だったが100発以上テストしても不発はゼロとなる。

そこで動画に残すが、最初の動画は160発目でデトネーターヘッドが破損してスライドキャッチが掛からず。
後半の動画では翌日新しいヘッドを入れ二弾倉試射した後撮影、計40発は不発もジャムも無く完全作動!
早速デトネータヘッドのゴムの予備とMGキャップを追加注文した。

私が初めて買ったモデルガンはCMCのコルトコマンダーだった、手動でもジャムの頻発した当時のモデルガンから見れば
夢の様な作動だ!











コメント

人生最後のSSとは

2017年04月23日 00時17分40秒 | BIMOTA

ちょっと顔写っちゃってるんだけど、まあ38年前の画像だし不鮮明だし!(笑)
それより貴重なバイクの画像はニコバッカーカワサキで北海道で写した写真だ。

チェリアーニのフォークやロッキードのブレーキが見える、ホイルはモーリス製
リンク式のモノショックは市販車ではまだ珍しかった。
リアショックはドカルボン製で減衰力の調節も出来た。





後にカンパーニョーロのマグホイルを入れた。
タイヤはミシュランのS41とM45だったかな?
本当はビモータのフレームキットが欲しかったのだが若僧には買えなかったな~!

そろそろバイクの季節なんだが、バイクはなぜか神奈川にあって恐らく私にとって人生最後のSSとなるのは果たしてBMWかビモータか?

コメント (2)

転ばぬ先の杖

2017年04月14日 20時41分02秒 | BMW

前回行った長距離ツーリングはパニアフル装備で山間部を500km以上、高速を含め800km程走ったが。
高速区間や一般道は重い車体でも流石専用の電子的なプリロード調整でなんら問題無く流石BMWと思ったが、
唯一バイクでも狭いと感じる林道風の峠の急な下り坂での180度ターンで更に左に路面が切れ込んでいる部分で
低速でバイクをバンク出来ず、バイクを右に止め何とか切り返す事により何とか切り抜けるシーンで
右足のみで停止と僅かな切り返しで曲がれて良かったが、将来林道も走る事を考えて欲しいと思ったのが
エンジンガード、社外製の簡易の物は付けていたが、帰宅後ディーラーでエンジンオイル交換時に展示品を見ると
最新型の一つ前のモデルが若干安く展示されている。
話を聞くと、最新型は純正のヘッドガードと併用出来る様になったらしいが、社外製のヘッドガードとなら
旧型でも付きそうとの事で、安く買えるならと購入した!
まあ、機能的には使いたくない飾りであって欲しいパーツなんだが、表題どうりと言う事で。(笑)





コメント

おいでませ

2017年04月06日 19時54分53秒 | Weblog

なんの脈絡のない話だが、ロングツーリングの練習がてらに山口へ行った。
R1200LCにフルパニアで、キャンプ道具は無いが、代りに一眼とレンズ3本
超重くてスピードが低速の細い峠の下りは、バンク出来ず切り返す事も!(笑)
一応休憩用に折りたたみのイスや、カップヌードルやガスコンロも持って行くが
結局使わなかった。

画像は止まって撮影した白滝山、風力発電の風車が印象的だが問題も多いらしい。
目的はフル装備のGSでどの程度走れるかで、目的地は写真で有名となった角島
前日岡山の親戚の家に泊まらせて頂き、350Km程走って益田のビジネスホテルで宿泊






正直に書けば、途中スルーした秋吉台あたりを散策する方が自分的には良かったのかも知れないが、後の祭りで一期一会って事か。
帰りに有名な撮影ポイントも見たが、地元の人の迷惑を考えスルー。






灯台のある撮影場所は人だらけで、場所を変えるがここも落ち着かないので、島の反対にある公園に移動。






公園で動画用のカメラのメモリーカードをタブレットで転送するが、時間が掛かりすぎ、
さっさと撮影して九州から出る阪九フェリーへ向かう。

翌日神戸に到着するが、九州ってこんなに近いんだ。
何時か九州も行きたいなとは思ったが、一人じゃ寂しい!(笑)

コメント

新しい電熱ウェアのテストで

2017年03月14日 00時28分09秒 | BMW

ショートツーリングに行って来ました。

以前ライカで撮影したの兵庫県立宝塚西谷の森公園に立ち寄り撮影
今回は重い一眼を持って行った。







ライカは殆んど現像時ポジモードで現像、かなり派手になったが
新しいαで風景モードで現像してもなんとなく地味かな?










荷物を積んでどの程度ダートが走れるかの実験で、部分的にダートの母子大池に向かう。
初めてエンヂューロモードにで走行、荷物が重くリアが暴れ気味でサスのプリロードを硬くして走る。
初めはおっかなびっくりだったがスピードを抑えればなんとか走れるのだが、重いバイクなので神経を使う。
将来北海道でダートも走りたいが荷物はデポし、タイヤのエアーを落とせばもう少しマシになるだろう。






今回駐車場には一台も車は無かった。





前回ライカは21mmで撮影、一眼のズームの24mmでは若干狭い。








一人っきりだったが、帰りにジムニーとすれ違った。
以前はパジェロミニが居た。







そこから西脇まで足を延ばし、遅い昼食を頂いた。
電熱は快調でやはり古い方はスイッチのトラブルらしい。(バイクのバッテリーの劣化かと思った。)

5段階のスイッテは上下とも一段目で充分以前の3段階タイプより上下の発熱のバランスが良いように感じた。
上下ウェアの暖かさを一つのコントローラーに付く二つの回転スイッチでそれぞれ独立して制御出来るので更に快適になった。
前のモデルもコントローラーを二つ使えば可能だったが配線の取り回しがやっかいだったので。

コメント

リハビリ開始

2017年03月09日 22時21分09秒 | BMW

年齢と共にバイク乗るにはシーズン開始の前に、リハビリが必要な体となってしまった。(笑)
ちょっと朝から怠くて、昼前に出発。出遅れた感があるが京北までツーリングに行って来ました。

気温は8度前後あったが結構風があり、電熱フル装備で出発、京北には普段と違うコースを選択し
日吉からダムの周遊路を使うコースを選択するが、普段使う酷道より随分楽に走れた。
周山街道は塩カリだらけの道の両脇には雪が残る状態だったが、まあ道は大丈夫。
そんな状態でも、結構ライダーは多く走っていた!

私の第一の目的は、ログハウスの喫茶店でカレーを食べる事、14時台の遅い昼食を頂いた。





次の目的地は日吉にある道の駅で、カモノセキャビンから始まる峠はパスして数キロ引き返しエスケープルートを通る。






前回のツーリングで買って帰った地ビールがとても美味しかったので、立ち寄ったスプリング日吉

4本買ってしまった! そこから通常とは違うルートを使って帰路へ向かうが、まあ楽しかった。

ただ電熱ウェアの調子が若干思わしくなく、電源が時々落ちてしまう。

これを機会にウェアのみ新型が出ているので購入した。

コメント