麻乃はいつも 風のように走った

引退した競争馬を引き取りました。


足を壊した麻乃は
もう二度と走れません

無謀な挑戦その②

2017-06-17 22:03:57 | 麻乃

突然ですが、本日よりヴァイオリン始めましたぁ。

いや、いや、いや、いや、これがどんなに無謀な挑戦かは百も承知。

けど、この計画はあーちゃんを引き取った時から既に考えていたんです。

 

ヴァイオリンの弓って馬の尻尾で出来ていますよね。

(どう言う訳かモンゴル産の馬らしいんですけど。)

ここが、、

 

と言う事で。。。

 

あーちゃんは天馬になって虹の橋を渡る時に

私に鬣と尻尾を残してくれます。

その尻尾の毛をヴァイオリンの弓にして

あーちゃんの形見にしてあげたい。

そして私が大切に持っていて、

私が逝く時に碑の中に入れてもらいたいなぁ。なんて。

 

最近はペットと一緒に入れるお墓なんてありますよね。

凄い人気だそうです。  分かります、凄く。

私も出来る事ならば、あーちゃんと一緒のお墓に入りたい。

(もちろんマロン、チロル、ルビーも一緒)

でも、、流石に馬と一緒は無理っぽいじゃないですか?

だから、あーちゃんの尻尾を弓にしよう!って思ったんです。

 

でも、どうせ弓にするんなら、ついでにヴァイオリン習っちゃえば?

って思ったんです。←こう言うところが既に「わかってない人」の発想パターン

で、、見つけました。とてもいい先生。

先生に事情を説明して、1曲だけ弾けるようになりたいと。。。

こんな変り種の申込を、先生は快く承諾してくださり、

「とても感動しました。微力ながらお手伝いさせてください。」と言ってくださり

晴れて今日はレッスン初日となったわけです。

 

あーちゃんが健康で寿命を全うするのにあと15年~20年。

その間にたった1曲でいいんです。

あーちゃんをその1曲で送ってあげたいと思いました。

曲も決まっています。

賛美歌の「いつくしみ深き」です。

教会に通っていた時に好きな賛美歌でした。

 

で、今日の成果ですが。。。

 

誰がどう聴いてもノコギリの音以外の何者でもない!!

 

先生、早くも後悔してるかなぁ。

 

買っちゃった以上やるっきゃないMYヴァイオリン

 

けど、たかが1曲と言えど前に見えるは茨の道。。

楽器ってそんなに甘くないよね

 

 

 

わかったわよ。弾きませんとも、あなたの前ではね!!

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日も暑くなりそう。。 | トップ | 海塗り »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いい! (はな)
2017-06-17 23:59:04
すぐ行動する人、大好きです。
ワタシも、実は数年前から三味線をー。
老眼なので、楽譜と両手の必死の同時進行にほとほとまいっています。

皮は、大好きなネコの皮は音が良いけれど高価で希少になり、
いまはネコでなくイヌ、又は合成の皮とかー。
愛馬の形見の毛で弾くバイオリン、聞くだけでときめきますね。
有難うございます (麻乃)
2017-06-18 00:28:01
〈はなさん〉

ホントにもう初日から先生には気の毒過ぎました

はなさんも三味線をなさっているんですね。
三味線は風情があっていいですよね✨
猫の皮はよく聞きますが、犬の皮や合成は
初めて聞きました。
音色は違うのでしょうか?
興味深いですね。

やはり楽器も継続は力なり。でしょうか?

私もはなさんを見習って
愛するあーちゃんを想いながら
コツコツ頑張ります💪
素敵です☆ (まめたろう)
2017-06-18 08:30:21
麻乃さん、ヴァイオリンはじめたんですね~
あーちゃんの尻尾の毛で弓をつくるなんて素敵です☆小学生の頃に、国語で勉強した、『スーホの白い馬』のモンゴルの話を思い出しました確か、主人公の男の子が白い馬を大切に育て上げ、立派すぎて王様に奪われ、悲しみに暮れていると、白い馬もスーホ(主人公)に会いたいがために、王様のところから抜け出し、腹をたてた王様の部下たちに、弓で身体を射られ、血まみれになりながら、スーホの元へ帰り亡くなります。哀しみに暮れてたスーホに、白い馬が、『私の鬣と尾の毛で楽器をつくって下さい。そしたらいつでもそばにいられます。』と夢で話し、スーホは楽器をつくり、馬頭琴となりました。そんな話だった気がします。
思えば、スーホの白い馬で、たくさん涙を流し、お馬さんを好きになった気がします(笑)

無謀だなんて思いませんよ。
あーちゃんも長生きしてもらいたいですが、いつか天馬になったときに、麻乃さんのそばにいられて嬉しいと思います☆

頑張って下さい
いいですね☆ (せぴあ)
2017-06-18 10:20:39
あーちゃんの尻尾で弓を作り、ずっと一緒に!って考えたことも
それならヴァイオリンを習ってしまおう!って
行動にうつされたことも!素晴らしすぎます。
「いつくしみ深き」心に響きますね。じーんときます。
子供の頃、「星の世界」って歌っていたと思います。
最初は、本当にギーコギーコなんですね?
あーちゃんもまだまだ元気でいられそうですよね!
時間はたっぷり、ごゆっくり頑張ってください♪
有難うございます (麻乃)
2017-06-18 11:00:48
<まめたろうさん>

私も偶然、何かの番組で馬頭琴の事
知りました。
確か、今、馬頭琴の奏者の方は日本で
1人?しか居なかったんじゃないかな?

その方は馬頭琴を習いにモンゴルまで
訪ねたんじゃなかったかな?
すみません。。うろ覚えです。

でも、楽器の頭の部分が馬の彫刻になっていて、
形も音色もとても美しかったのは
覚えています。

更に馬頭琴にはそんな悲しいエピソードが
あったのですね。
知りませんでした。

そんなお話を聞いたからには
益々、あーちゃんの為に頑張りたいと思います。
有難うございます (麻乃)
2017-06-18 11:22:44
<せぴあさん>

馬って色々な制約があって
1頭では火葬してもらえないらしいんです。

それで、あーちゃんの形見をどうしたらいいかと色々考えて
弓にしようとおもったんですけど。

ある日ふと、
「あーちゃんの弓でも鳴るのかな?」
と思ったら、
やっぱヴァイオリン習っとこ。と思いました。

「いつくしみ深き」はよく結婚式でも
歌われますよね。
「星の世界」と言う題名もあるのですか?
知りませんでした。

美しい曲ですので、
早くノコギリを卒業して
あーちゃんが逃げ出さないようになるまで、
頑張りたいと思います。

何せまだ15年以上もありますから(笑)


(ドン引き)とはこの事ですか、成る程引いてます。 (nonta188)
2017-06-18 11:40:55
確かに(楽器)引いています。
私はオタマジャクシ読めません。
しかも音痴のうどん野郎です。
でもね、ピッコロとかフルート吹いた事有るんですよ。(吹くだけですが)
【ミカンの実る頃】フルートでやっちゃいましたよ。(2オクターブなので私でもなんとかなる)
大丈夫です!、いけますよ、ファゴットやオーボエみたいなヤツは苦しいですが、首や肩がこっても、湿布臭くなっても、私みたいにオタマジャクシ(音楽的知識が無い)読めなくても曲は何とかなります。    頑張れぇ~
有難うございます (麻乃)
2017-06-18 12:10:54
〈nonta188さん〉

ヤッパリ!?
全くよりによって1番難しいと
言われているヴァイオリンですよー😭

nontaさんも楽器されてたんですね😊
楽器が出来ると楽しそう✨

私もオタマジャクシ読めません。
早くも不利な状況😓
でも15年で一曲なら何とかなるか。

ただ、あの拷問に等しいノコギリ音で
先生がノイローゼにならないといいですけど(笑)
海老フライがテーブルにノッテいるだけで、幸せになる (呑兵衛)
2017-06-19 18:38:19
素晴らしいですね ^_^
有難うございます。 (麻乃)
2017-06-25 14:16:48
<呑兵衛さん>

お返事、遅くなってごめんなさい。

発想は良かったんですけれど、
実力の方がお話にならないレベルで。

めげずに気長に頑張ります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。