麻乃はいつも 風のように走った

引退した競争馬を引き取りました。


足を壊した麻乃は
もう二度と走れません

あーちゃんの仲間に会ってきました。

2017-05-18 21:37:29 | 麻乃

あーちゃんがお世話になっていた乗馬クラブに

ご挨拶に行ってきました。

場長さんや、会員さん、それに、、

あーちゃんが鹿児島に旅立つ時に

笠松まで運んでくださった馬運車の方もいらしていて。

私があーちゃんは北海道の実家に帰った話をしたら

皆さん、とても驚かれていました。

 

特に場長さんと馬運車の方は二人とも

「長年、馬の仕事をしているけれど、こんな話は聞いたことがない。」

と。

馬運車の方はあーちゃんが鹿児島に行く時も

「あーちゃんみたいに、こんなに幸せな運搬ならいくらでもやりたい。」

と言ってくださっていたので、本当に喜んでくださいました。

 

これと言うのも北海道のお父さん、お母さんが

特別にあーちゃんを引き受けてくださったからで

本当に有難く思っています。

 

でも、あーちゃんみたいな子は本当にまれで、

多くの子は先は分からないから、今が大切なんです。

 

なので、愛知にいる時はまた、

あーちゃんの仲間の為に

ボランティアで場房掃除に通おうと思っています。

 

ではでは、あーちゃんのお友達たちを紹介します。

クォーターのララちゃん 若いのでオキャンです。

 

クォーターのミントちゃん。 優しいおっとりさん。

 

元競争馬のほうちゃん。 物凄く甘えん坊です。

 

元競争馬のサンダー君。 障害が得意。

 

元競争馬のエリック君。 上級者しか乗れませーん。

 

このようなお友達の方々の為に、また厩舎掃除がんばりまーす

 

大切なお知らせ。

あーちゃんは今年10歳でしたぁ。

実家のお母さんに言われて、初めて間違いに気付いた私。。
 
許せ、あーちゃん。
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あーちゃんの床屋さん | トップ | おや?弱い者には優しいあー... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
私も今年は、去年と同じ年齢を使っています。 (nonta188)
2017-05-18 23:04:01
えっ!.....じゅっ・・・十歳だったんですか。
大きな声では言えませんが、履歴書とかずーーーと、一歳間違えて書いてました私目。

やんちゃそうなクオーターホースですね。
400米迄ならあーちゃんより速いんだぞって感じですかね。(対照的におとなしい女の子も)

ホウキボシ...みんな元気で有ります様に。
ボレアスも乗馬デビューしたみたいですよ!。
(爪が悪いので苦戦中ですが、桜花賞馬も爪でオークスは苦戦しそうです。)

あーちゃん何か、見違えて大人しく優しそうな馬に見えますが、成長の証でしょうか?。
改めて。 (まめたろう)
2017-05-19 10:38:15
麻乃さんのblogを読みはじめた頃から、
スゴいことだな~と思っていましたが、
改めてあーちゃんには奇跡のようなことが
起きてるんだな~と思いました

馬運車の方の、「幸せな運搬ならいくらでもしたい。」心に響きますね☆お馬さんに携わっているたくさんの方が皆、できれば幸せでいてもらいたいと願っているんですね☆

あーちゃんのお友達も皆かわいいですね穏やかなお顔で、クラブの方達に愛されてるんだな~とわかります☆

あーちゃんもあーちゃんのお友達もずっと元気でいてくれますように☆

あーちゃん、10歳だったんですね~(笑)
1歳は大事よ~と思ってたかもしれませんね。
でもきっと、実家に帰れて、お父さんお母さんに愛されて幸せなので、あーちゃんは許してくれると思います
有難うございます (麻乃)
2017-05-19 19:25:41
<nonta188さん>

私も小、中、高とずっと戸籍と違う漢字を
間違えて使ってたんですけど、
それで通ってましたね。
割と通っちゃうもんなんですかね

クォターホースの2頭は同じ馬主さん
なんですけど、
クォーターホースってウェスタンに良く
使うそうです。
生まれ時から乗馬用に育てられているので
お手入れの時とかは、まるでお人形の様に動かなくて
楽々お手入れが出来るんで驚きました。

元競争馬の子たちはやはり個性に
バラつきがあって、
それはそれで面白いです。

あーちゃん、何か美人になったでしょう?
じっとしてると美人なんですけどね~。
有難うございます (麻乃)
2017-05-19 19:42:23
<まめたろうさん>

そうなんだと思います。
馬に係わっているほとんどの方が
出来れば幸せな馬生を送らせてあげたいと
思っておられるんじゃないでしょうか。

最後の場所に運ばなければならない馬運車の方こそ、
辛い仕事が多いのかもしれませんね。
幸せな所に運ぶほうがいいに決まってますもんね。

でも実際、どこかで現実と折り合って
行かなければならないのも事実なんだと
思います。

私も流石に2頭は無理なので、少しでも今、できる事を考えてやって行きたいと思います。

あーちゃん、歳まちがえるなら若い方に
間違えてよ!!と思ったかもしれませんねー。

コメントを投稿

麻乃」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。