ちょこっと贅沢サロン

40代女性の日々である
衣・食・心の小さな贅沢を綴っています。
かなり志向が偏ってはいますが・・・

『博多織物』

2017年05月15日 | Life


毎年GWに行われる「博多どんたく」。「地元の “やっさいもっさい” みたいな祭りでしょ〜」と私。「悪いけど、、、一緒にしないで」と旦那。規模が大きくなっただけで、屋台やら変装した人達がゾロゾロと歩く祭りだという認識しかない私。毎年200万人を動員していると言うけど、、、本当だろうか?。



そんな博多周辺を歩きながら、博多伝統工芸館を訪れた。そこで旦那がネクタイを購入していた↑。30代の男性に博多織(柄)は少し地味な気がするけど、、、どうやら気に入った模様。毎日スーツで出勤するけど、職場では作業着なのでノーネクタイな事が多い旦那。本社&出張へ行く時しかネクタイをしていない。暖色のネクタイの方が印象がマイルドに見え、営業職でなくても旦那にとっては重要なポイントらしい。数少ないネクタイの殆どがピンクorイエロー系。柄的に少々地味な気がするけど、九州男にはいいのかもしれない。



母のものと合わせて数本所有している正絹の博多帯。随分前に私も絞りの浴衣に合わせて博多織りの帯を愛用していた。気に入った浴衣なので、バリエーションを増やしたくもう1本くらい博多帯が欲しいなぁ〜と思っていた。今回、思いがけず旦那が浴衣用の博多帯を買ってくれた♪。西村織物のもの。披露宴の引き出物として、私方は銀座くのやさんの縮緬の袱紗を用意したが、旦那方は博多織りの老舗である西村織物の風呂敷を引き出物にしていた。実際に旦那方の風呂敷を見てないんだけど、、、気になっていた西村織物。独身時代は横浜や鎌倉の花火大会によく着物を来て行ってたけど、地元に戻って来てからはさっぱり。毎年恒例になっている行事として、実家のある住宅地内での町内会の夏祭り・隣りの市にある湖畔で行われる花火大会・保育園の夏祭りと、小規模ながら浴衣を着る機会は一夏に3回ある。浴衣を着たい気持ちはあるが、心の余裕がなく帯をしめる気持ちが遠のいている。せっかく旦那が買ってくれたので、今年の夏一回は浴衣でイベントを楽しみたいなぁ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『宮島焼陶斎窯』 | トップ | 『博多水引』 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ネクタイと帯 (ろん)
2017-05-16 14:32:59
すっごい素敵です!
ネクタイは、30代には早いかもしれないけど
本当に好きで購入されたんだなって感じがします。
帯は、それこそ今年からでも使えそう。

二つとも、すごく趣味がいいなあ!って思いました。
いいお買い物をされましたね!
Unknown (maron)
2017-05-19 23:13:46
ろん さん

こんばんは。
毎年福岡に帰省していますが、お正月でなくGW帰省にした事で、博多を満喫できた気がします。

柄が渋いネクタイですが、関東で九州をアピールするというのも良い?かもしれません(笑)。
この帯は、一目惚れでした♪。
手持ちの博多織りはクリーム色にボルドーの織りですが、コレはサーモンピンクの織りで、藍色の絞り浴衣に合いそうです。
今年の夏こそは浴衣で湖畔の花火大会に行きたいです!。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。