最初の一冊~松村比呂美

自著の宣伝のために始めたブログですが、今では、風景や食べ物の写真が主になっています。

「世界を旅する植物館」 ときわミュージアム

2017-05-09 | Weblog
ときわ公園内にある、ときわミュージアムに「世界を旅する植物館」がオープンしました。


8つのゾーンがあり、それぞれにシンボルツリーが植えられています。
アフリカゾーンのバオバブ。日本最大級のものがセネガルから運ばれてきたそうです。
バオバブの木の前で説明する、プラントハンターの西畠清順さん。
世界を旅する植物館は、西畠さん監修です。


オセアニアゾーンのボトルツリー。
ハンカチノキやパラボラッチョ、ブリンチュウなどの8つのシンボルツリーも、西畠さんが世界を旅して集めてきたものだとか。


南アメリカゾーンには、珍しいサボテンがたくさんありました。




サボテンの多さも特徴なのだそうです。


白楽翁。


帽子をかぶったような涼雲。


きれいな花が咲いていたショウジョウマル。


美化角。


小笠原 原産のタコノキは、ガジュマルと同じように気根が下がっています。


パパイヤは、実をつけていました。


中庭や特別展示室でも、様々な植物を見ることができます。


洋蘭の、パフィオペディラム。


涼し気なペトレア。


リンコレリア ディグビアナ。プレートにあるポンドアップルは、木しか写っていません。


ライスフラワー。


パンダ サンサイブルー。


インド~中国、ベトナム地方のレナンセラ イムシューティアナ。


約740種5840株が展示されているそうです。


接ぎ木により世界各国に分譲されている「ニュートンのリンゴの木」が、ここにもありました。


ときわ公園内も少しだけ散策しました。とにかく広いので、歩いたのは、ほんの一部ですが。


モニュメントが多いのも、ときわ公園の特徴のひとつです。


6年3か月ぶりに白鳥の飼育が始まったときわ公園の白鳥湖。
今度行ったら、深坂溜池で見た、6羽のヒナたちにも会えるでしょうか。
放鳥式があって、つがいは、無事に放鳥されたようです。


【追記】
RKB毎日放送の「今日感テレビ 投稿ピクチャーズ」に応募していた白鳥の写真が、今週の一枚に選ばれました。
番組で紹介される4枚に選ばれ、そこからまた、審査員による投票があって、今週の一枚が決まります。


賞品のクオカードや「ももピッ!」グッズが届きました。

オリジナルのクオカードのイラストは、アナウンサーの田畑竜介さん、池尻和佳子さん、そして、投稿ピクチャーズのコーナーを担当している気象予報士の龍山康朗さんの似顔絵ですが、そっくりです(^^)/

  
既刊本等はここにまとめています。
勝手ながら、コメント、トラックバック機能はOFFにしておりますので、
ご意見などは、下記のメールアドレスまでお願いします。
hiromi20050115@yahoo.co.jp
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 瑠璃光寺の五重塔 | トップ | 春のバラフェアと琉球古典音楽 »