神戸まろうど通信

出版社・まろうど社主/詩と俳句を書く/FMわぃわぃのDJ/大阪編集教室講師など多様な顔を持つ大橋愛由等の覚え書き

第121回「Mélange」読書会・合評会〈3月26日(日)〉のさそい

2017年03月12日 08時14分00秒 | めらんじゅ
みなさん、三月になりました。
神戸の早春の味覚として知られている「いかなごのくぎ煮」ですが、今年のいかなごの新子は不漁だそうです。
わたしの叔母は「いかなごのくぎ煮」づくりの名人です。そんな名人が近くにいるとどうしても頼ってしまうのですね。
春にむけてさまざまな文学活動は展開しています。いくつかの活動・企画を紹介します。
第121回「Mélange」読書会・合評会は、3月26日(日)に開催します。
今月も集い、詩を紡ぎ、詩を語りましょう。
そして来月はもう花見の季節なのですね。

----INDEX----------------------------------------------------------------------------------------------------------
◆1.--第121回「Mélange」読書会・合評会〈3月26日(日)〉
◆2.--カフェ・エクリの活動〈3月13日(月)〉
◆3.―〈報告〉(1)2月13日(月)に京都・同志社大学今出川キャンパスで行われた第5回〈在日・韓国人・日本詩人共同 尹東柱詩人追悼会〉のようす
  (2)3月5日(日)に「加古川市民ギャラリー」で行われた「ビジュアル ポエジー 〈エクリ メディウムの軌跡〉展」の最終日の特別イベントについて
◆4.―「北の句会」〈3月26日(日)〉のお知らせ
◆5.--文学短報(新情報追加)=A/――今月のFMわぃわぃ「南の風」の収録は3月6日(月)でした
B/――図書出版まろうど社の花見は4月10日(月)  C/――望月至高著『俳句のアジール』出版を祝う会
D/――兵庫県現代詩協会の20周年記念アンソロジー(20年年譜付き)が上梓される
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


◆1.--第121回「Mélange」読書会・合評会〈3月26日(日)〉

この会を運営しているのは、神戸を拠点とする詩のグループ「Mélange」。事務局は私・大橋愛由等。
詩の会(二部構成)をほぼ毎月開催しています(8月と12月は休会)。
☆第一部〈読書会〉の語り手は、小説家の高木利勝さんです。
テーマは、永末恵子の句集について。その特色を語ってもらいます。永末恵子(1954~2016)は俳壇に名を馳せる俳人ではなかったのですが、屹立した句風を愛するひとがいて、その凛としたさまは評価されています。句歴としては、「白燕」に入会、橋間石に師事されています。
第一部は午後1時から3時まで。参加費無料です。ただ、講師へのカンパをお願いしています。
会場は、神戸・三宮のスペイン料理カルメン078-331-2228です。阪急神戸三宮駅西口から徒歩一分の便利なところにあります。

(高木利勝さんのプロフィール)
「自由な小説家と思っております。」(高木氏)
  第四回 神戸文学賞 授賞者。2016年度 神戸新聞文芸最優秀賞 授賞者
休刊 文学同人誌「漿」主宰
著作/『暗箱の中のなめらかな回転』、『白い迷路から』
「月刊神戸っ子」などの雑誌
(職業)/芦屋大学講師 、保険コンサルタント

――――――――――――――――――――☆

☆第2部・合評会(PM3:10-6:00)
そして合評会です。
作品の締め切りは3月23日(木)です。いつにもまして意欲的な詩稿(句稿)をお待ちしています。
合評会に出席できなくとも、送っていただいた詩稿は、「月刊めらんじゅ121号」に掲載します。それぞれ詩稿をこのメールアドレス(maroad66454@gmail.com)に送ってください。(Wordの添付ファイルで送稿される方が多いのですが、Wordのバージョンによって文字化けが必ずといっていいほど起きます。詩稿の送信は、添付ファイルを付けてもいいのですが、その際には、メール本体に詩稿を貼り付けておいてください。これは必ずお願いします)

――――――――――――――――――――☆

☆「月刊めらんじゅ118号」(2016年11月発行)がネット上で閲覧できます。
https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=sites&srcid=ZGVmYXVsdGRvbWFpbnxtYXJvYWQ2NjQ1NHxneDo0OTJjN2FiOWVmODNjMGQy

☆「月刊めらんじゅ119号」(2017年1月発行)がネット上で閲覧できます。すこし技術がシンポして、見開きで読めるようになりました。改訂版です。
https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=sites&srcid=ZGVmYXVsdGRvbWFpbnxtYXJvYWQ2NjQ1NHxneDoxNTZkNDgyZWI1YTRlYTYx

☆「月刊めらんじゅ120号」(最新号/2017年2月発行)がネット上で閲覧できます。
https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=sites&srcid=ZGVmYXVsdGRvbWFpbnxtYXJvYWQ2NjQ1NHxneDozNzY3OGFmOTA1ZDU0NTUw

それと、仮ですが、「Mélange」月例会の当面の日程を提案しておきます。
予定ですので変更する場合があります。その際には、この月報(「Mélange」メールニュース)をご覧になって確認してください。(以下の情報、更新しています)
☆04月30日(日)/第122回/発表予定者/北岡武司氏
☆05月21日(日)/第123回/発表予定者/未定
☆06月25日(日)/第124回/発表予定者/福田知子氏
☆07月23日(日)/第125回/発表予定者/中嶋康雄氏
◆8月19日(土)/第20回ロルカ詩祭(8月の例会は休みます)
☆09月24日(日)/第126回/発表予定者/未定
☆10月22日(日)/第127回/発表予定者/未定
☆11月26日(日)/第128回/発表予定者/未定
◆(12月の例会は休みます)
//////////////////////////////////////////////////////


◆2.--カフェ・エクリの活動〈3月13日(月)〉

高谷和幸氏主宰の詩の会「カフェ・エクリ」についてです。
この会は、(兵庫県)播磨地域で表現活動することを全面に押し出した詩を中心とした文学集団です。
月に一回の詩の会(「Mélange」と同じく読書会パーツと詩・川柳の合評会の二部制)を中心に、
シンポジウム開催や、年に一回程度の小紀行をしています。

》》》》》》3月13日(月)/播磨のたつの市で行います。
*たつのは播磨の中でも、とりわけ文化が発達した場所です。
 
3月13日(月)//たつの市「ガレリア」午後2時から
JR姫新線「本竜野駅」下車 徒歩15分  
(高谷和幸氏より案内文)「第一部の読書会担当は浜田多代子さん。民話など地方に伝わるお話を研究されています。
そして、その題材から新しく脚本を書き演劇に挑戦されたり多彩な活動を展開されています。
人柄も魅力的な方ですので、ご期待下さい。」
第二部の詩・川柳の合評会は、自作品のコピーを10部程度持参してもってきてください。


「カフェ・エクリ」連絡先
高谷和幸
〒676-0815 高砂市阿弥陀1-11-24
080-5311-6265

》》》》》》今後の「カフェ・エクリ」の開催日時
・4月24日(月)〈開催場所・姫路市アイメッセ/発表者・浜田多代子〉
・5月29日(月)〈開催場所・たつの市ガレリア/発表者・千田草介〉
・6月19日(月)〈開催場所・姫路市アイメッセ/発表者・北岡武司〉
・ 7月10日(月)〈開催場所・赤穂市「煉瓦屋」/情野千里〉
・8月は休会。
・9月18日(月・祝)〈開催場所・姫路市アイメッセ/発表者・中村雅子〉
・10月30日(月)〈開催場所・たつの市ガレリア/発表者・千田草介〉
・11月20日(月)〈開催場所・たつの市ガレリア/発表者・原田哲郎〉
・12月11日(月)〈開催場所・赤穂市「煉瓦屋」/高谷和幸〉
・2018年1月は休会。
・2月12日(月・祝)〈開催場所・姫路市アイメッセ/発表者・得平秀昌〉
・3月5日(月)〈開催場所・たつの市ガレリア/発表者・大橋愛由等〉

◆3.―報告
☆(1)2月13日(月)に京都・同志社大学今出川キャンパスで行われた第5回〈在日韓国人・日本詩人共同 尹東柱詩人追悼会〉についてです。
その様子を一部動画で見ることができます。
http://twitcasting.tv/gunshaku/movie/347108679
http://twitcasting.tv/gunshaku/movie/347113195
http://twitcasting.tv/gunshaku/movie/347113913

今夏、尹東柱を描いた映画が日本で上映されることが内々に決まったそうです。おそらく神戸でいえば、元町映画館か神戸シネ・リーブルあたりで観ることができそうです。
詳細がわかりましたら、このメールニュースでお知らせいたします。

☆(2)3月5日(日)に「加古川市民ギャラリー」で行われた「ビジュアル ポエジー 〈エクリ メディウムの軌跡〉展」の最終日に、特別イベントが行われました。
 〈A〉シンポジウム(司会と語り)大橋愛由等〈詩人〉、(パネラー)原田哲郎〈美術家〉、福田知子(詩人)、高谷和幸(詩人)
〈B〉川柳舞踏パフォーマンス・情野千里 〈C〉朗読・大橋愛由等、月村香、千田草介、北岡武司、大西隆志ほか 〈D〉お話し・吉田ふみゑ
 〈A〉シンポジウムの様子を動画でご覧になってください。2016年3月21日に〈『画家の詩、詩人の絵』~絵は詩のごとく詩は絵のごとく姫路シンポジウム〉が姫路市立美術館で行われた。その成果をふまえて、一年後の今、同じ播磨の加古川でいまいちど姫路シンポジウムで語られた〈絵画と詩〉について、会場に展示された作品群にも刺激されながら、パネラーのひとたちと語り合ったのです。
http://twitcasting.tv/gunshaku/movie/352778155
http://twitcasting.tv/gunshaku/movie/352782609
http://twitcasting.tv/gunshaku/movie/352789203
http://twitcasting.tv/gunshaku/movie/352795201

そのシンポジウムで会場の参加者に配った大橋愛由等が作成した資料です。
https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=sites&srcid=ZGVmYXVsdGRvbWFpbnxtYXJvYWQ2NjQ1NHxneDo0YmY5ZGU4N2QzZjY2YzY4

◆4.―「北の句会」〈3月26日(日)〉のお知らせ


①今回の投句は、全体で2句 です。(人数が増え、投句数が増えたので、事務上と句会運営上、いろいろ不便生じました。またいいやり方がないかについては話し合いましょう。)

    題詠(オタマジャクシ、蝌蚪) 1句
    自由詠1句

〈句会の会場〉
3月26日(日)午後1時~
 大阪市都島区民センター 第一会議室
 京阪本線「京橋」      下車 徒歩10分
 JR環状線「京橋」「桜ノ宮」 下車 徒歩10分
  東西線「大阪城北詰」  下車 徒歩10分
地下鉄谷町線「都島」    下車 徒歩15分


◆5.--文学短報
A/――今月のFMわぃわぃ「南の風」の収録は3月6日(月)でした
   神戸と奄美を結ぶ情報番組の「南の風」。放送は、FMわぃわぃのホームページから随時聞く事ができます。
   放送時間は1時間。 
   今月の放送は、1月の〈奄美ふゆ紀行〉の成果についてのかたり。二回目です。
   〈2月の放送は次のサイトで聴くことができます〉http://tcc117.jp/fmyy/page/2/
  
B/――図書出版まろうど社の花見は4月10日(月) の開催予定
大橋愛由等主催の夜桜会です。この寒さがあるから桜は美麗に開花すると聞きます。雨が降らない事を祈っています。
   
C/――望月至高著『俳句のアジール』出版を祝う会
☆厳しい寒さが続きます。みなさまいかがおすごしでしょうか。このたびわれらが望月至高氏が第二句集『俳句のアジール』を上梓されました。第一句集『辺縁へ』(図書出版まろうど社)とまた違うあらたな句境が展開されています。そこで出版を言祝ぎつつ望月氏を励ます意味をこめて以下のような祝う会を企画しました。ぜひみなさんと共に時を過ごしたいと存じます。

☆日時/2017年3月20日(祝・月)午後1時から
☆場所/スペイン料理カルメン(阪急三宮駅西口歩いて2分の場所。創業60年を迎えた神戸の老舗レストラン☎078-331-2228)
☆費用/5000円(食事+飲みもの付き)

D/――わたしが常任理事を務めています兵庫県現代詩協会の20周年記念アンソロジーが上梓されました。第13集となります。
今回のアンソロジーには巻末に、協会が発足してから20年間の、「協会の活動」と「会員の詩集、評論・エッセイ集」などを掲載した年譜が掲載されています。
兵庫県における阪神・淡路大震災から以降の現代詩の動向についての基礎資料のひとつになると思われます。
年譜作成については私・大橋愛由等が編集担当しましたが、多くの会員のみなさんに協力していだいたことに深く感謝しています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「月刊めらんじゅ」120号です | トップ | 第122回「Mélange」読書会・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

めらんじゅ」カテゴリの最新記事